« 炎の悪鬼・駄ブログ参上。 | トップページ | 告知その他 »

2005年2月 2日 (水)

「オペラ座の怪人」

観てまいりました。
や、なかなかよろしゅうございました。
私は他の媒体で接した経験が無かったので、(概要は有名だけど)初めてストーリーを通しで知りました。こりゃ設定自体「そそる」ものがございますね。ファンが多いのも納得。
んもう、→ファントムが死ななくてよかった!クリスティーヌとのキスシーンで泣いちゃったよ…。墓石にバラの花というラストも良かった。しかし、仮面の下は思ったほど酷いお顔じゃなかったな。あの程度じゃ屈折ぶりに説得力が感じられないけど、あんまりグロテスクにしたら雰囲気が損なわれてしまうだろうか…。
クリスティーヌを演じたエミー・ロッサムの歌声が素晴らしかったです。素直な歌い方と持ち前の美声で、私のような音楽オンチにもストレートに伝わってきたように思います。彼女自身の、手垢のついてない感じが役に合っているのじゃないかな。
音楽もキャッチーなフレーズが多く、わたくし的にはとっつき易くてよろしゅうございました。映画館のショップでサントラを探したけど置いてませんでした。
知らなかったぶん新鮮で楽しめました。そんなわけで、私の中ではこれが「オペラ座の怪人」とインプットされました。

エミー・ロッサムって、どこかで見たことあると思ったら「ミスティック・リバー」でショーン・ペンの娘を演じた女優さんだったのですよね~。オペラ歌手としての経歴があるとは驚きました。そういえば先日来日していましたね。お顔立ちや雰囲気は甘すぎるような印象だけど、まだとってもお若いんですよね。本作撮影当時は16歳とか17歳だったそうなのでまたまたビックリです。
「オペラ座の怪人」オフィシャルサイト←重いよ~。

|

« 炎の悪鬼・駄ブログ参上。 | トップページ | 告知その他 »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503101/17301239

この記事へのトラックバック一覧です: 「オペラ座の怪人」:

« 炎の悪鬼・駄ブログ参上。 | トップページ | 告知その他 »