« 「ゴッド・アーミー/悪の天使」 | トップページ | 「暗闇にひと突き」 ローレンス・ブロック »

2005年2月19日 (土)

もうひとつ気になっているヴィゴ映画。

いえ、ヴィゴ・モーテンセンの出演作で未見なのはたっくさんございます。というか、ホンの数本しか観ていません。ここで言う「気になる」というのは、過去(ヴィゴ認識前限定)に観たのにヴィゴのモの字もまったく覚えていない映画のことなのです。思い出せないのがじれったい以前に、「え、出てたの…」という。
で、それっていうのは「ルビー・カイロ」。
これねー、確か現・夫である男と初めて一緒に観に行った映画なんですよね。(そう、劇場で観たのだ)
定かじゃないが、角川が製作かなんかを手がけたとかで、えらく宣伝が行き届いていたんですよね。当時ファミリーレストランのCASAもタイアップしていたのを覚えています。(そんなしょーもないこと)
で、私が「観たい」と言って観に行ったんです、きっと。
ところが、真面目な話、ほんとに面白くなくて。
こきおろして盛り上がるほどにはまだ互いに親しくもなく、また、こきおろして盛り上がれるような潔いつまらなさではなく、どうにも、こう、微妙な出来そのままに微妙な空気でデートを演出してくれた作品だったのを覚えています。そんな酸っぱい思い出と、劇中の野球カードがどうこう、という部分だけは記憶しています。
主演はアンディ・マクドウェルでして、リーアム・ニーソンも出演しています。
縁があったならもう一度観て、そのつまらなさは本物だったのか否か確認してみたいです。

|

« 「ゴッド・アーミー/悪の天使」 | トップページ | 「暗闇にひと突き」 ローレンス・ブロック »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503101/17301264

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつ気になっているヴィゴ映画。:

« 「ゴッド・アーミー/悪の天使」 | トップページ | 「暗闇にひと突き」 ローレンス・ブロック »