« あー。 | トップページ | Hugo Weaving »

2005年2月16日 (水)

「シャッター・アイランド」 デニス・ルヘイン

…二日で読んでしまった。ノン・シリーズものです。
本書は最終章が袋とじ仕様になっているくらいでして、その話題集めくささはさて置き、やはり読む前に結末を知るのはどうかな、と思います。ま、私は何事もネタは事前に知らないで楽しむ方が好きですけども。そして以下は思いきりネタバレしてますので要注意。
本書はルへインらしくない、という声もあるみたいですが、私はそうは思わなかったな。古典的ともいえるミステリ色が色濃いという点では、確かにちょっとこれまでの作品とは趣を異にする作品かとも思うけれど。だって暗号だよ?!アナグラムだよ?!
私はルへイン作品を読みながらしばしば感じることがある。作者に対して「あんたに何がわかるのさ」という、男子中学生のような反抗心みたいなものを覚えて、ちょっと素直になれないことがある。ほとんど3年B組の腐ったみかんである。
それなのに、手に取ると毎回一気に読んでしまう。そしてまた次を読んでしまって今に至る。
まことに恥ずかしながら、この人が書く、男女の愛情に関する描写がいい。時に重たく感じるほど濃密で切ない、その愛させ方がいいと思う。私がルへインらしいと感じ、好きな部分なのだと思う。決着の付け方が「どよ~ん」としていて後味が悪いことも多いけど(ほとんどそんなだ)、登場する男たちはだいたい好きだ。(女はいまいちだ。たぶんそれは嫉妬だ)
この本なぞまさにそこだ。テディがドロレスに寄せる想いが溢れんばかりに(鬱陶しいくらいに)綴られているからねぇ。
プロットに関しては、誰でも読み進むうちに「おや?」と思うのじゃないかな。私が本格的に訝りだしたのはだいぶ後のほう(袋とじ部すぐの妄想)。私が踏んだオチってのは、まぁ、こうだ。「レディスとドロレスは不倫関係にあって、それを知ったテディが逆上し妻を惨殺」といった感じ。セックス描写があったからね・笑。単純!

ぜんぜん違ったね!

でも、錯乱しているのはテディだと思った。それも薬のせいじゃなくてれっきとしたアッシュクリフの患者。これは合ってましたね。(山勘だけどね!)
…しかし、チャック=シーハンとは!そりゃないぜ、ボス。というか、治療の成果を実証するためとは言え、ご丁寧にあれほど大掛かりな芝居を打つかね!読み終えてから真っ先に最初のページを繰ったさ!いやぁ、一本とられたな、というよりも、あ、そう。といった感じだ。

別にそんな凝りかたしなくても…と思いつつ、また次を読んでしまうのだろうか。もうやめようか。

|

« あー。 | トップページ | Hugo Weaving »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503101/17301259

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャッター・アイランド」 デニス・ルヘイン:

« あー。 | トップページ | Hugo Weaving »