« 「王の帰還」SEE | トップページ | イライジャは »

2005年2月 8日 (火)

「王の帰還」SEE その2

今日はキャストのコメンタリ観ましたよ。やっぱりキャストから観ちゃう私。
あのね、もうね、

バーナード・ヒルおもしろすぎです。

おっかしくっておっかしくって、エラが痛いよ。幽霊兵士がトイレ掃除ってのでバカみたいに笑ってしまった。あれ、青カビみたいだと思ってたから余計に可笑しくて。シレッと面白いこと言うのがたまらん。
サー・イアンとかウェナムとか、すっごい冷静にツッコミ入れてるのも楽しかった。みんな「?」って思うことってさほど変わらないんだなぁって、なんだか嬉しかった。
ドムとビリーは相変わらず楽しくて息ピッタリなんだけど、「この馬どれくらいいると思う?」「少なくても11」ってところがツボに入っちゃって困ったヨ。
「君の話を切っちゃうの、ごめん。言いたくてたまらなくなっちゃうんだ」っていうアスティンに、イライジャが「ぼくたち似たような思考回路でスピードも同じくらいなんだよ」っていうとこが心に残った。イライジャの思いやりと(深い!)、アスティンの自己分析が妙にグッときた。
槍に剣をぶつけていくのがバーナードのアイデアだなんてビックリしたし、エンドロールにスケッチを使うのがサー・イアンの提案というのも驚いた。ビリーの歌が自作だなんて知らなかった。(これは私だけかな)本当にみんなで作り上げた作品なんだなぁって、もう、しみじみしてしまった。うっ、ヤバイ…

あ、そうそう。アルウェンが死にかけているのって、もしかして、ピピンから取り上げるときにアラゴルンがパランティアに触れたから、なのでしょうか。それで心を読まれて、サウロンに弱点を突かれている、ということなのでしょうか。うーん…未だによく理解できてません。

次は何を観ようかな。

|

« 「王の帰還」SEE | トップページ | イライジャは »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503101/17301248

この記事へのトラックバック一覧です: 「王の帰還」SEE その2:

« 「王の帰還」SEE | トップページ | イライジャは »