« テレ~サ | トップページ | 「MOVIESTAR」7月号 »

2005年6月 4日 (土)

「リトル・ストライカー」と「ソードフィッシュ」

「リトル・ストライカー」
ロバート・カーライル出演のサッカーもの、としか知らなかったのだけど、カーライルは監督だった。なんとなく「ドリーム・ゴール」に似ているところもあるけど、サッカーする主人公は少年だった。しかし、ジミーという名前だった。だが、苗字はミュアではなかった。それにしても、ジミーが高校生でびっくりした。童顔でママ、ママ言うし、リトル・ストライカーなんていう題名から小中学生と思っていた。ストーリーは特に心に残るものはなかった。

「ソードフィッシュ」
アクション娯楽作なんでしょうけど、私は楽しめなかった。人質の扱いとかお色気シーンがただ単に悪趣味に感じられて嫌だった。別に親子関係の丁寧な描写があるわけでもないのに、「子どもを守るため」とか「子どもが人質」とかいうのを「葵の御紋」みたいに使うのって、もういい加減うんざり。別エンディングがあると聞いても「あ、そうですか」という感じだ。
ただ1人ドン・チードルだけはかっこよかった。

|

« テレ~サ | トップページ | 「MOVIESTAR」7月号 »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503101/17301334

この記事へのトラックバック一覧です: 「リトル・ストライカー」と「ソードフィッシュ」:

« テレ~サ | トップページ | 「MOVIESTAR」7月号 »