« 2005年6月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月17日 (月)

きかんしゃトーマス 魔法の線路

息子がトーマス好きなので、中古VHS(日本語吹き替え版)を購入して鑑賞。と言っても、家事をしながらの「ながら観」なのですが。

ご近所さんに貰った絵本のお下がりの中に「きかんしゃトーマス 魔法の線路 (えいが超ひゃっか) 」というのがあるのですが、うちの子は飽きずに何度も何度も読み(読まされ)、キャラクターの名前を覚え、数字も1から7まではこの本で覚えたくらいのハマリようなのです。(車体番号なの・笑)

でも、私も息子もトーマスの映像作品を一度も観たことがなかったのです~。

で、初めて動いているトーマスを拝みましたが…

ゴードンがガラ悪くてビックリしました。

ディーゼル10は乱暴者キャラなので言葉遣いが悪くても驚かないんですが、ゴードンにはちょっと…いやかなりショックだった。こどもはすぐ真似しちゃうんだけどな~…(ぼそ)。ゴードンて、なんとなく高慢キャラだとは思ってたけど、もっと品のある機関車だと思ってました。日本語吹き替え、アレでいいのかな~。うちの子はまだ内容まではよくわからないようで(当たり前)、途中で違う遊びとか始めてしまいました。

あと、ディーゼル10のピンチーが思い通りに動かないことに笑いました。意思を持ってるのか、あのピンチー…。

ピーター・フォンダとアレック・ボールドウィンが出演してました。(そしてなんだかボールドウィンの演技がイタかった)実写で人間が登場すると思ってなかったのでたまげた。しかも、ミスター・コンダクター(ボールドウィン)て小さいのね!!小さいのか!トーマスって小さいんだ!ソドー島って普通の人間界とは違うんだ!なんか、どういう世界観なのかまるで知らなかったので意外でした。これって、劇場版に限った設定なのかな?映画で初めて「じつはこういう世界だったんだよ」ってことにしたのかしら。夢が壊れたと言っては大袈裟だけど、ちょっとガッカリしたかもだ。

ゆっくり鑑賞してみないとなんとも言えませんが、なんか映画としては大味な感じでした。別に映画にしなくても良かったんじゃないかとか言ったらミもフタも無いんですが。そしてどうせなら字幕で観てみたいものです。

劇場版 きかんしゃトーマス 魔法の線路 DVD

| | コメント (2)

2007年12月14日 (金)

悪・即・斬 2

昨日、また夫の実家にオレオレ詐欺の電話があり。2回目です。

確認の電話を義母がケータイから私にかけてきたのですが、今回は声が夫と似ていたそうで…かなり慌ててしまっている様子が感じられました。どうやら、嫁に内緒の借金(340万円て金額がなんかリアル…)を今日中に返さねばと言ったらしく、親心につけ込んだ手口が憎たらしい限りです。しかも、本人を騙り「オレだけど、○○って人から電話あった?ない?あ、そう」なんて電話を事前にかけるという周到さ、腹立たしい限りです。事なきを得て良かったけれど、義父母は息子にきつく叱られたようで、なんとも気の毒でした…。

母の日にケータイをプレゼントしておいて良かった~。

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

ブログ

また作っちゃいました。

| | コメント (2)

« 2005年6月 | トップページ | 2008年1月 »