« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

IHと超撥水コートと私。

炊飯ジャーを新調しました。これまで使っていたものが、お釜のコーティングが剥げ剥げ状態&予約ボタンの操作があやしくなってきたのだ。なんたって13年ちかく使っているから、もうそろそろいいでしょう~ということで、象印のIHを購入。

お手入れがしやすそうなの(庫内がフラット&内蓋すっきり形状)と、ケーキが焼けるってとこが決め手です、はい。

なんでも、豪熱沸騰で極め炊きだそうですから、さぞかし美味しいごはんが炊けるんだろうな、とドキドキ。わ~い無洗米モードだ~、とわくわく。

で、夕飯のお米を炊くにあたり、いざ取説を読んでも~ビックリ。あ~仰天。

「お米を研いだらすぐ炊いてください」って!

ざ、ざるに上げて10分、水に浸して60分…とかしなくていいの!?

しかも、「炊けたらすぐかき混ぜてください」って!

蒸らすこと15分、とかしなくていいの!?

がーん。

がーん!

いつ?いつから?いつからそういう世の中になってたの?…完全に置いてきぼりだった。完全に置いてきぼりな事実さえ知らなかった。いま知った。今日知った~。

私の逆算人生なんだったんだろう。

・・・・・・・・・・・。

…で、さっそく炊いてみた。

美味しかったです。ええ。

はー。あと、メガネも新調しちゃいました。あまりにもレンズが傷だらけでショーケンもびっくりだったから。店員さんに「おかしいですねー。2年ですよねー。どうしてこんなになっちゃったんですか?」と言われてしまった。それはむしろ私が知りたいです。結論は私がガサツだから、ということらしい…。

傷に強いというワンランク上のレンズにしてみた。

新しいメガネはいい感じです。まったく度数が変わっていないのに、これまでがあまりにもキズキズだったため、感動的にクリアーな視界です。そして鏡で素顔の自分を見て絶句。しみとかこじわとかけあなとかひげとかいろいろ。

がーん。

夜目遠目笠のうち傷レンズ。でもひげはやばいだろさすがに。

もうお金ありません。

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

IKEA

IKEA港北で2度目のお買い物。最大の目的であるPCデスク用のワークチェア2脚を購入。その他には、UNNIの派手派手クッション(笑)とか、フレームとか、キッチン雑貨とか、つい色々と買ってしまった。

寝室用に壁掛け時計も買ったのだけど、電池を入れてみたらカチコチ音がちと気になる…ううむ。夫も私も近眼なので(そして当然ながら寝るときは裸眼だ)、はっきりくっきりしたやつを探していたところ、出あったこれなら良んじゃね?(しかも安いっ!)ってことで衝動買い。我々にとってアナログの壁掛け時計は、文字盤の数字の明瞭さよりも針の太さが重要なのだっ。

でも、音のことまで頭が回らなんだー。リビングとかなら気にならないかもしれないが、寝室には不向きだ…ちょっと失敗。時計は動いている状態を確認して買うべしと学ぶ。

秒針がないのにコチコチいうのね…。

しかし、子連れの抱っこ地獄での買い物は厳しかった。(基本的にIKEAは子連れに優しいストアだが、本人が眠くて「抱っこー」だったのだ)

そして、レジ向こうのお菓子売り場で買ったディル味のチップスはビミョーだった・笑。

今度はららぽーとに行ってみたいなぁ。ムーミンのオーロラカフェがあるのだ~。

む。

ムーミンといえば、いま銀座三越でやってるプレミアムイベント行きたかったなぁ。悲しいことに明日で終わりです…。

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

「キングピン ストライクへの道」

中古DVDを購入。久しぶりに観たけど、やっぱり大好きだった~。

ウディ・ハレルソンも相当いい。そしてビル・マーレイが格別にいい!いちいち憎たらしくて気持ち悪くて最高。なんたってリノ・オープン(衣装チェンジすること数回←笑)で髪型がどんどん崩れていくのがもうたまらん!ほんとにたまらん。

すごくわたし好みの作品で、お気に入り。これに尽きる。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

「ヒッチャー」

買った。観た。

同じ値段だったらこっちを買えばよかった。

冒頭のモロCGのウサギに出鼻で打ちのめされ、出てきた瞬間に顛末がわかるトンボにため息が出た。

でもでも、そんなことも今となっては別にどうでもよろしかった。

ジョン・ライダー役の俳優がちょっと前に熱烈に大好きだったのだけど、それがなんか悲しかった。ファンになって色々と知ったせいか、それとは全く無関係なのか、殺人鬼の怖さが感じられなかった。というか、終盤まで快楽殺人とか思わなかった。いや、それ以前に、途中まで「なんでガソリンスタンドまで乗せて貰ったトレーラーの運転手は殺さなかったのかしら」とか真剣に考えてた。

オリジナルを観たことはないのだけど、なんか、今になって触れてはいけない作品だったのではないか、という気がしてならない。

♪そっと~ そこに~ そのま~まで~ かすかに~輝くべ~きもの~

みたいな。

あ~、なんで買ったんだろうな、わたし。

| | コメント (4)

2008年3月 7日 (金)

田村裕「ホームレス中学生」

今日、お隣の奥さんが貸してくれたので読んでみた。3時間しないで読み終えた。

貸してくれた奥さんは「ほんとに本人が書いたのかしら」なんて言っていたけれど、そんなに訝るほど流麗な文章じゃなく、そこそこ「本人が書いた」っぽく思えるほどには拙く、かつ笑いをとりたい芸人風だった。

これが真実だとするならば、安易な方へと流されずに、のちに感動的自叙伝にできるほど清い思い出となる青春を送れた著者がただただ眩しい。

そして、息子からここまで慕われた母が羨ましい。

わざわざ青春を振り返って直視したり、家族のことを語ったりできない私には、素直に感情移入できなかった。そんな我が身を思うのがひたすら苦痛だった。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

挫折

ず~っと読みかけで放置していたジェイムズ・エルロイの「ブラック・ダリア」、すみません、もうやめていいですか。

ちょうど女性の惨殺死体が発見され、捜査が始まろうかというところまで読んだのだけど、どうにも読む気がしなくなってしまったので。たぶん、ようやく本題というか、ここからおもしろくなるのかもしれませんが…。正直、ここまでのストーリーはあんまり思うところはなかった…ような気がする。

肌に合わず苦しくても一応は最後まで読む(そんでブースカ文句を言う)、というのがポリシーなんですけどね(笑)、読書の時間も以前とは比べものにならないほど貴重になり、読みたい本を読もうじゃぁないか!と。

で、気を取り直して次はですね、P.D.ジェイムスの「トゥモロー・ワールド」いってみたいと思います。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »