« 挫折 | トップページ | 「ヒッチャー」 »

2008年3月 7日 (金)

田村裕「ホームレス中学生」

今日、お隣の奥さんが貸してくれたので読んでみた。3時間しないで読み終えた。

貸してくれた奥さんは「ほんとに本人が書いたのかしら」なんて言っていたけれど、そんなに訝るほど流麗な文章じゃなく、そこそこ「本人が書いた」っぽく思えるほどには拙く、かつ笑いをとりたい芸人風だった。

これが真実だとするならば、安易な方へと流されずに、のちに感動的自叙伝にできるほど清い思い出となる青春を送れた著者がただただ眩しい。

そして、息子からここまで慕われた母が羨ましい。

わざわざ青春を振り返って直視したり、家族のことを語ったりできない私には、素直に感情移入できなかった。そんな我が身を思うのがひたすら苦痛だった。

|

« 挫折 | トップページ | 「ヒッチャー」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挫折 | トップページ | 「ヒッチャー」 »