« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

スパイダーマン3

うーん、うーん、あんまりおもしろくなかった…「2」がすごく楽しめたので期待していたのだが、がっかり。トリロジーBOXのDVD買ったのになぁ。

私は復讐心を否定しない…というか、多くの人が、痛い目に遭わされたら「コンチクショー!」ってなるんじゃないかなぁ。逆恨みもね。実際に仕返しするかはまた別だけれど。そして、そういう心情とか葛藤や許しというのは題材としてとてもいいと思うのだけど、これはどうも物足りなさと薄っぺらさと白々しさを感じてしまった。

かなり気恥ずかしいから書かないけど、この映画が言わんとしている事はわかる。ええ、解ってますとも!でも、なんだか、みんな幼い感じがして、何事にもスケールが大きいぶん余計に気持ちが冷めてしまった。見る方がこうなると特にダメだね、こういう作品は。

まぁ、それとは別にしても、

あんな危険な施設に金網いっちょうかよ!

とか、

そんな大事なこともっと早く教えたってよ執事ィ!

とかは思った。

MJはくたびれると急激にオバサンぽくなるので、いつもはつらつとしていて欲しいよ。

あと、タール状のやつ(結局なんだったのアレ・笑)に汚染(?)されて調子ブッこいてる時のピーターがどうにも彦摩呂に見えてしまい、笑いを堪えるのに頬袋が痛かった。頬袋なんてありませんが。

「許しは教会で乞え!」 byピーター・パーカー

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

BOSE

BOSEユーザーの友だちから、そう遠くない電気屋さんにBOSEのコーナーができたと聞いて見に行ってきました。もちろんひやかしで・笑。

店員さんがホームシアターのフロントサラウンドシステム3・2・1シリーズを説明。わざわざ映画「キャスパー」のDVDに入れ替えて、「クリスティーナ・リッチが朝の支度をするシーンをご覧ください」とのこと。息子を抱きながらだったので、少~し嫌な予感がしたが、「怖いシーンじゃありませんから~」と言われ、つかの間の鑑賞。クリスティーナ・リッチかわいい。

でも、案の定、すぐに息子が「こわい~~~!」と泣き出し、おしっこジャー!抱いてる腕に普通でない温もりを感じ、オムツから漏れてることに気づく。で、慌ててトイレにダッシュしてジ・エンド、でした。(オムツの換えは持ってたけど、ズボンまでは用意しておらず…とほほ)

店内のざわめきもあって、あんまりサラウンドは実感できなかったけど、さすがに音は素晴らしかった。映画館みたいな音だった~。

別にDVDプレーヤーはBOSEじゃなくてもいいので、これなんか良いなぁと思ったりするのですが、それでもやっぱりお高いですわ・苦笑。

うちの場合、その前にテレビだろ、ですが。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

TV放映を鑑賞。

意外と普通に楽しめてよかったんだけど、それは期待せずに、そしてお金を払わずに観たせいかしら。

以前に読んだ原作と大きな違いはなかったように思うので、視覚的にあの場面を映像にしたらこんな感じ、という具合にすんなりストーリーが追えた。タムナスさんかわいかった~。

けど、登場人物の心理描写がほとんどなく、ペベンシーきょうだい役の演者が未熟なので上っ面を撫でているような感じはした。特に末っ子のルーシー、容姿はかわいくていいのだけど、いまひとつ表情から感情や緊迫感が伝わって来ずピンとこなかった。

あと、あれで原作未読の人に何故アスランが復活したのかが解るのだろうか?疑問だ。キリスト教がわかる人にはわかるのかな?

ティルダは魔女らしくてステキだったけれど、白くまが引く乗り物に乗ってるとこはちょっと笑ってしまった…。あと、吹き替えの大地真央が声を張り上げたとき、一瞬のび太くんが思い浮かんでしまい、それから後はのび太がチラついて困った。

最後に。以前も言いましたが、これ本当に7作目の「さいごの戦い」まで映画化するんでしょうか。

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

Adirondack Park

ケヴィンとマイケル兄ちゃんが、Adirondack Councilのプロモーションフィルムの撮影をしたらしい。

Adirondack Councilとは、アディロンダック公園の自然環境保護と、人と自然のふれあいを支援する非営利グループのようです。

なんで急にケヴィンの近況なんか載せてるかというと、アディロンダック公園がとても美しかったからです。

最初に抱いていた‘Park’のイメージが吹き飛ぶ広大さにビックリしました・笑。

日本で言う国立公園クラスの規模な印象です。

Capt8c6cc6c2200f45fab5698274f1390b1 ちなみに撮影の合間ショット。

…かわいい。

脚、細いな~。

そう言えば、The Bacon Brothersの楽曲に「Adirondack Blue」というのがあったっけ。

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

THOMAS LAND

昨日、親子3人でトーマスランドに行ってきました。今回で2回目。前回はじめて行ったときは、予想に反し息子がアトラクションに全く興味を示さず、いっこも乗り物に乗らないで帰ってきたんですわ・笑。

ですが、今回はいろいろライドもんに挑戦してきました!おもしろかった!

嗚呼、マンホールや側溝の蓋にひたすらジャンプ!とか、自販機のチェーンにばかりしつこく絡んでいた息子よ…半年でずいぶん成長したんだね。(遠い目)キャラクターの名前もいっぱい覚えたもんね。

心配していた順番待ちもなんとか並んでいられたし、びっくりドッキリ頑張ったね!やっぱり楽しそうにしててくれると苦労も半減、多少のぐずりにも寛容になる余裕ができたりして。いやぁ、前回は「あ~あ、親のエゴ?自己満足!?」と、かなり凹んだので・苦笑。

非日常のヘンなマジックがかかっていたせいか、トーマスのポスター(でかい!)とか買っちゃってさー(しかも2枚も!)、コレどーすんですか、自分。…飾りますよ、ええ。

トーマスランドは未就園児でも乗れるアトラクションがいっぱいだし、雰囲気もいいのだけれど、食べ物がいただけないので、私は持参(コンビニ上等!)をお勧めします。もう、ぶっちゃけハッキリ言っちゃうと、高いばかりで酷いゴミフードです。子どもに食べさせるにはあまりにもあんまりじゃぁないか、と私は思います。

富士急ハイランドは多彩な絶叫系が売りなんでしょうけど、あの、ええじゃないかは頭上をぎゅるるるる~ん!と通過するのを見るたんびに「全然よくないわい・涙!」と思うです…。あんな恐ろしいもん、私ぁ絶対に乗れません。錐揉んでるじゃないか。

むかーし、まだ十代後半だったころにムーンサルトほにゃらら、とかいうのがあって、それに乗ったことあるんですが、本気で死ぬと思いましたもん。今では比べ物にならないほど過激になっているのだろうなぁ、絶叫マシン。

絶叫系の行列は見事にカップルだらけでした。若い女の子たちを見て、「へ~、今はこんなファッションが流行ってるのかぁ~」なんて思いました。わはは。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »