« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

出してくれ。

あのぅ~、ケヴィン・ベーコンの出演作、ずいぶん溜まってきてますけど。

すでに北米盤はDVD出てますけど、日本ではDVD発売しないんでしょうか。劇場公開とか贅沢は言わないので!

そこそこキャスト豪華なんですけど~。

The Air I Breathe

Death Sentence

Rails & Ties

Saving Angelo も待ってます。

なんでもいーからどれか観たいです。

ちなみに撮影中の最新作My One and Onlyではレニー・ゼルウィガーと共演だそうな。

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

28Days

TV録画で鑑賞。

主演のサンドラ・ブロックの魅力が光っていました。

きっと、依存症を克服し、その状態を保ち続けるというのは、この映画以上に大変なことだろうと思う。それでも私は、人が自分で何かに気づき、善くありたいと変わろうとする姿には心打たれる。

ハイになってる時のグエンは最低で、特に姉の結婚式でしたことは本気で許しがたい。想像するに、あの姉さんはこれまでも散々迷惑かけられてるんだよ、きっと。

でもね、いい子なんだよ、グエン。性根が腐ってるのとは違うんだよ。いつも明るく気丈に振舞っちゃう、分が悪くなるとジョークで強がったりするとこに、弱さを見せられない性格が垣間見えて、アルコールや薬に依存した経緯を勝手に思ってしまった。

そして、グエンの姉(エリザベス・パーキンス!)の寛容さ、愛情深さに感動した。なかなかできることじゃありません。「最低の子でも母親は必要だわ。わたしはそれをしなかった」というセリフで泣いてしまった。(母親は姉妹が子供のころに亡くなっているのだ)

ヴィゴ・モーテンセンが拝みたくて録画した映画だけど、もはやヴィゴ・モーテンセンはどうでもよろしくなっていた。

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

Get Smart

このまえ映画館で見た予告編のなかで、なんだか無性に気になる作品がありまして。

Get Smart」なんですが。

主演のスティーヴ・カレルが、もう、普通に立っているだけでジワジワ可笑しいんですけど~。オースティン・パワーズみたいに過剰な下ネタのお下劣映画じゃないといいんだけど、どうなんだろう。ちょっとおもしろそうだから、都合がついたら観に行きたいです。

やー…ちかごろ不愉快に思うことが続いてですね。

私に必要なのは笑いだ。うん。

でも秋なんだ公開。

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

Downy

お洗濯の柔軟仕上げ剤Downy、買ってみました。

お隣のベランダから干してある洗濯物のいい香りが届くんですよ~。お宅にお邪魔しても、おうちの中がほんわりといい匂いするし。

私が買ったのはクールブリーズ(青キャップ)。原液はいかにも洋モノ~!という香りで、そりゃもうきっついんですが、香りの強さは使う量で加減できるらしい。高いからもったいないし、ちょうどいいや・笑。コストコなんかで買えばもっと安く手に入るんだろうけどなぁ。

今までレノアの森林浴の香りを使っていたんですが、クローゼットを開けた時に香り立つくらいにするには結構な量をつかわなくちゃいけなくて、わりと長持ちしないんです。そう考えたらケチケチDowny使ってるほうが経済的?だったりして。

先輩ユーザーによると、長く使ってるうちに鼻が慣れてしまって、あまり香りが実感できなくなるらしい。実際に、私はかなり強く香りを感じているのに、本人は「えー、そう?」という反応。ええーと、娘さんが背負っているランドセルまでがDowny臭なんですが・苦笑。

強すぎる芳香は大迷惑だから、そこらへんは気をつけて使おう~。たまに違う匂いのを使ったりするといいらしい。

でも、これ、肌によくないとか、そんなことはないのかしら…。

少し様子を見ながら使ってみようと思います。

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

サイト縮小しました。

自己紹介ページをメールアドレス記載にとどめ、リンクページを閉じました。

リンクは繋がらなくなってしまったサイトが多いため、整理したかったんです。今日は無理だけど、後日また時間をみつけてブックマークという形でページ作成する予定でいます。予定ですが。

| | コメント (0)

最高の人生の見つけ方

観てきました。

つまらなくはなかったけれど、特に心に残るものでもなかったなぁ。

感情移入できなかったのは、ニコルソンの富豪ぶりが物凄すぎたからだけかしら…。自分の余命を知ったなら、やりたい放題するのもいいけど、それだけじゃ虚しい気もするし、やっぱり最後には向き合うべきものがあるだろうよ、と思う。そして主人公2人もそうしたんだから、もっと共感してもよさそうなものだけど。

死を目前にして、打ち解けられる友人を得られたのは幸せでしたね。そして家族がいることに感謝できてよかったね、と思いました。

難しいのかもしれないけど、ニコルソンもフリーマンも、末期のがん患者にはまったく見えませんでした。あと、コピ・ルアクを知っていたため、オチの面白さが激減してしまったのが残念でした。これはしょうがないけど。

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

観たい。

近々、友だちと映画を観に行くことになり、嬉々として観たい作品をネットで物色。

いちばん観たいのは「イースタン・プロミス」。

だが、近所では上映しないのだった。ええ、そんな予感はしたけども。

もっとも近くて横浜。

横浜かぁ~。横浜ね~。今の私には遠いんだよ横浜~。

それでも諦めきれず(他にコレという作品もなく)、上映時間をチェックしてみる…そして諦めがついてしまった。初回が16:20なんてさ~、どう考えても無理だワこりゃ。

あーあ、ヴィゴ・モーテンセンとナオミ・ワッツ、観たかったなぁ~。

さて、何を観ようかな。すごく選択肢が少ないんだけど・笑。

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

はじめまして。

ご近所のママさんが3人目のお子さんを出産、今日ちょびっとだけお顔を見せてもらいました。生後5日目というホヤホヤの新生児ちゃん。女の子ちゃんです。

うわー!ちっちゃいなぁ!!

出生体重が3100グラムだというから、特別に小さい赤ちゃんというわけではなく、赤ちゃんって小さいなぁ!と。

おっぱいたらふく飲んでスヤスヤ寝てました。うう。なんという幼気さ、なんという清らかさ。

「赤ちゃんってミルク80ccとか飲むのに20分くらいかかってたよね~」

「て言うか、20分かからなきゃ乳首が合ってないんだよね~」

「夜中とか途中でこっちが寝そうになるよね~」

「あはは」

なんていう話が他のママさんたちから出て、

えっ そうだったっけ!? そう言えばそうだったかも!そうだそうだそうだった!

なんて、すでに遠い昔のことのように記憶がおぼろげな自分にビックリ。あまりにもいろいろ大変すぎてあんまり覚えていないんですよね…悲しいことに。授乳中に眠くて意識が飛ぶのは覚えてるんですが・苦笑。

いやしかし赤ちゃんはかわいかった。

それにしても3人目ってすごい。

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

金城 武

Kaneshiro_2 びっくり顔。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »