« ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) | トップページ | アンツ・イン・ザ・パンツ! (2000 ドイツ) »

2008年11月30日 (日)

奥さまは魔女 (2005 アメリカ)

ニコールのブリッ子は鳩尾にきた。それはたぶんニコールのせいではないが。

そしてたぶん、TVシリーズのファンは怒り出すだろうなぁ。

個人的には相手役が宇梶剛士ウィル・フェレルでよかったー。ジャックは猛烈にうっとうしい。寒い。性格悪い。いやだ、あんな彼氏・笑。そんな彼の演技指導のシーンに笑った。後で彼の出演作が流れ、まんま演技が見られるとこがまたよろし。

よりによってなんであんな男を好きになるかなーって思うでしょ?でも、ダメダメなところがいいんだって本人が言ってるんだから・笑。もう好きにしていただくしかあるまい。

スティーヴ・カレルの登場も嬉しかったな。

しかーし!魔法の力を借りずに恋を成就させてハッピーエンド、ってことになってるけど、ジャックの奥さん(別居中)に離婚届にサインさせたのは魔法でしょ!?相手がヤな女ならいいのか?ダメだろ~。

|

« ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) | トップページ | アンツ・イン・ザ・パンツ! (2000 ドイツ) »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) | トップページ | アンツ・イン・ザ・パンツ! (2000 ドイツ) »