« スウィート・ノベンバー (2001 アメリカ) | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) »

2008年11月30日 (日)

L.A.ストーリー/恋が降る街 (1991 アメリカ)

10本並みのラブコメだけど、私は嫌いじゃなかった。

えぇと、請われもしないのに説明するならば、1991年のスティーヴ・マーティンのラブコメディ、です。(それだけ)ええ、私はそういうの嫌いじゃないんです。

言いたいのは、電光掲示板と意思疎通ができるとは!なんて羨ましい!ということです。

そして、サラ・ジェシカ・パーカーってこんな風だったよなぁ、と。はつらつとしてて、おバカっぽいお色気と気取らない(垢抜けない)魅力があったのにさー。いつからあんな馬っぽくなっちゃったんだろうな。(や、馬は関係ないだろう、馬は)昔は可愛かった…もとい、可愛げがあったのにな。

映画よりそこでしみじみしたという話。

|

« スウィート・ノベンバー (2001 アメリカ) | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スウィート・ノベンバー (2001 アメリカ) | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004 アメリカ) »