« ルビー&カンタン (2003 フランス) | トップページ | ウェルカム トゥ コリンウッド (2002 アメリカ) »

2008年12月 7日 (日)

マイアミ・バイス (2006 アメリカ)

ドラマは観たことないのだけど、不思議とドラマの雰囲気を壊してないような気がした。たぶん、それは昔のドラマっぽいからだと思う。本当のところはわからないが。

昔のドラマっぽいというのは、主人公はどこまでも冷静でかっこよくモテモテで、人間的な弱さや狡さは無しってところ。や、本人たち大真面目よ。

そこが徹底してて、ここまでいくとなんか新鮮~!なんか珍しい~!(←マクナブ読みすぎ)

ニコもソニーも頭脳明晰。で、度胸があって男らしい(!)。

そんで恋も真剣。命がけの仕事しつつ女もおろそかにしない。

ソニー、あんたマジかよ?マジなのかよ?とか思いながら観てた。(でた!)

でもマジだった…。

麻薬組織の潜入捜査&ニコそっちのけで、イザベラ足洗えよ!もう世界の果てまで2人で逃げちゃえよ!(←ちがう)と思って観てた。

ふと我に返り、これ、ニック・ストーンが観たら怒るだろうなーなんて思った。

つまり、イエロいるのにディスコでそんなイチャイチャ踊ったらダメだろ、ということだった。

|

« ルビー&カンタン (2003 フランス) | トップページ | ウェルカム トゥ コリンウッド (2002 アメリカ) »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルビー&カンタン (2003 フランス) | トップページ | ウェルカム トゥ コリンウッド (2002 アメリカ) »