« 山下定包 | トップページ | ミッチ・アルボム 「天国の五人」 »

2011年7月31日 (日)

山下定包の続き。

…続いてたらしいよ…。
昨日、記事にする時間が無かったもので。

えぇと、本筋と全然関係ないんですけど、ちょっと語ってもいいですか。

個人的なことでアレですが、「里見八犬伝」が放送された頃、わたしは出産後まもなくて、昼も夜もないような状態だったのです。
もう、テレビなんてまっっったく観てませんでした。
(余談だが、その後わたしのテレビ落ち時代は「ガリシア」「ギラギラ」ぐらいまで続く…)
なのに!なのにですよ?この「里見八犬伝」は観たんですよね~、なぜか。自分でも不思議なんですが。お正月だったからかな?

で、でもですね、蔵之介さんが出演していたなんてまっっったく覚えてませんでした。だからもう、DVDレンタルしてきてですね、「さぁ~、いったいどのへんに出てくるんだ~?」と手もみ&舌なめずりしながらいざ鑑賞!してみてびっくり。

冒頭から登場。「ブッ」(←鼻血)
そしてバッサリ。アンタはもう悠長に飲んでるからだよ~。

Sadakane2_2

↑あ、これはもう斬られてしまってます…。
このあと口の端から血がツツーっと(見事に)流れるのですよね。ネタでそんなのも描いてみたけれど、ちょっと描いただけで、なんだか切ないような不謹慎なような気がしてボツです。

オーディオコメンタリで脚本家の女性が「ああ、もったいない…!」とおっしゃるのですが、激しく同意。ものすごく激しく同意。

‘いかにも~’な感じの悪役なのは、キャラクターを説明する場面もなしに登場してすぐに斬られてしまうせいですね、きっと。いえ、たぶん。
毒のある華って感じの美しさがありました。うっとり。

えぇと、あとはですね…
菅野美穂さんの演技は見ごたえありましたねぇ。滝沢くんのアクションも流石!お見事でした。あとは…板尾創路 間違えた 内村光良 もとい、田辺誠一のヘナチョコぶりがナイスなのと、京本正樹のメイクが濃すぎてびっくりってことくらいでしょうか。

あ、まだ前編しか観ていないのでした。わたしは後編も観るべきかしら…(ぼそ)

|

« 山下定包 | トップページ | ミッチ・アルボム 「天国の五人」 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

まだバナーを直していない不届きものです。ごめん!
そして、このお役のこともなーんかもうハッキリしませんわぁぁ。だって、あっけないやら、もう昔だわで。
デフォルメされたオメメが何だか幼気な感じもしますが、嗚呼こんなだったわねぇ。。

投稿: あきら | 2011年8月 4日 (木) 08時50分

あきらさん、こんばんは~。
バナーの件ではお手間をとらせてすみませんでした。あう。

や、ほんとにあっけなかったです、定包さま。
あ、もしかしてあきらさんをブルーにさせちゃいましたでしょうか…ごめんなさい~。
「抜刀した?あれ?いま抜刀した?」とか思う間に…。
ま、玉梓の悪女ぶりを伝えるのがメインなんでしょうけどね、ほんとにもったいないことです。トホホ。

投稿: Leek | 2011年8月 6日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山下定包 | トップページ | ミッチ・アルボム 「天国の五人」 »