« 白山、勝山旅行記 その1 | トップページ | 白山、勝山旅行記 その3 »

2011年8月31日 (水)

白山、勝山旅行記 その2

いざ、目的地の白山恐竜パーク白峰へ。

6
ティラノサウルスの頭部模型。↑
他にもいろいろあったのですが、写真がどれもピンボケ…。
産卵中(!)のトリケラトプスなんていうレアな模型もあったのですけど。

ここ、以前に行った群馬県の神流町恐竜センターとなんとなく雰囲気が似てる気がして激しくデジャヴ。山間で川沿いの立地も似てる。↓

10

こんなところにあります。

建物の周囲が公園のようになっていて、恐竜のオブジェが点在しているのが楽しい。

7
これはメガロサウルスです…↑…メガロサウルスって書いてありました。ちょっと最新のメガロサウルス像ではないかもですが、ご愛嬌。

8

こちらはユーオプロケファルスくん↑かわいい。

9

えーと、↑これはなんだったかな…とにかく角竜です。(見ればわかる)
滑り台になっちゃってます・笑。

恐竜パークであって、博物館に非ず。ということで、若干ゆる~い感じがしました。館内では映像作品が3本上映されていて、どれも鑑賞してきました。

11

館内にヒサクニヒコ氏の直筆イラストが飾ってありました~。

パークで遊んでいたら急に雨が降り出し、しばしお土産など見ながら様子を見るも雨脚は強まるばかり。
眠いのもあって、早めに宿へ向かいました。

一泊目の宿は温泉が素晴らしく、とろみのあるお湯は化粧水に浸かっているようでした。お肌すべすべ。食前、食後、翌朝、と3回入りました~。

食事の支度をしてくれる女性と少しお話をしたのですが、彼女の話す言葉が関西風のイントネーションで意外でした。石川といっても福井にほど近く、福井の西隣は京都だし、南は滋賀あるし、不思議じゃないですかしらね。まあ、ネイティブスピーカーが聞いたら全然「関西風」とは違う可能性高いですよね…。ちょっとイメージしていなかったので驚いた、という話です。
愛知県も名古屋弁と三河弁でぜんぜん違ったりするので、石川も金沢とかはまた違う抑揚だったりして。

食事の席を見渡せば、うちの他にも恐竜小僧を連れた家族が数組。ちょうどテーブルが隣り合ったご家族は奈良から、とおっしゃってました。

疲れちゃって、早々に就寝zzzz

その3につづく。

|

« 白山、勝山旅行記 その1 | トップページ | 白山、勝山旅行記 その3 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白山、勝山旅行記 その1 | トップページ | 白山、勝山旅行記 その3 »