« 草原で逢いましょう。 | トップページ | 村雨秋彦 »

2011年8月25日 (木)

Blue&Violet

「幽霊たち」より。

Blueviolet_3


演劇キックさんの観劇レビューの写真を模写させていただきました。
あ~、できることならもう一回観たいです。

|

« 草原で逢いましょう。 | トップページ | 村雨秋彦 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
昨日も伺いましたのに、コメントせんと帰ってしまったんだったかなぁ。もうそろそろ、脳が危ういです。

たったひとりで、幽霊たちは再演もできる!と言っているのですが、一般受けはあまりしないものかもしれませんね。蔵さんに似合っていたかどーかというのも、正直ワタシにはよーわかりません。おもろい作品ではありました。それを作ってる白井さんがいちばん面白かったのかもしれませんね。また申以外の舞台でどなたかに使っていただきたいなぁ。真ん中のとなりくらいの役も見てみたいなんて、贅沢過ぎでしょうか。

おかげで舞台のことを思い出させてもらいました♪

投稿: あきら | 2011年9月 3日 (土) 07時08分

あきらさん、こんにちは!
わたしも脳が危うい自覚はありますよ!たぶん違う意味で。
コメントくださって嬉しいです。

一般受けはしないかもしれませんねぇ「幽霊たち」。そう言えば、上演中、わたしの隣席のお姉さんはグッスリ寝てましたっけ…zzz もったいない!

わたし、蔵之介さんてブルー役が合ってると真剣に思ってました。今でもビジュアルは合ってると思ってます。
でも、確かに蔵ブルーは‘おおらか’で、あまり(というか全然)他人のことに執着しそうにない気がしなくもない・笑。

ちょっと考えたのですけど、わたしはこの舞台のこと、
1、観に行く了解を家人にとりつけ
2、チケットを手配し
3、原作を読み
4、電車に揺られて渋谷に行き
5、慣れぬ靴が痛くてヘン歩きで帰宅した
その全てがイベントの一部で、いとおしくて抱きしめたい、この上なく個人的に大好きなんだと思います~。

また寒い季節になったころに、蔵さんの舞台が観られたらいいなぁ。わたしは男女交際でいったら、付き合ってまだ3ヶ月目くらいのガツガツしてる盛りなんで、申でもよいです・笑。

あきらさんのお気持ちは、ホームだけじゃなく、アウェイでもナイスプレーしてくれ!というサポーター的な心理からでしょうか?

投稿: Leek | 2011年9月 3日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草原で逢いましょう。 | トップページ | 村雨秋彦 »