« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

僕とスターの99日 第1話&第2話

ドラマチックサンデー!

第1話。別につまらなくないけど、疲れる、このドラマ疲れる。
まさかドタバタしてればコメディだと思ってないよね、と心配になる。
わたし西島秀俊さんの作品、これがはじめてなんですけど大丈夫?
これが西島さんだとインプットされるけど大丈夫?
部屋に自分の写真いっぱい飾ってる高鍋が素敵。
蔵之介さんもワークアウトとかしてるのかしら、などと思いながら見る。
してるんだろうな。ファイヤー。

2話目にして、ひたすら高鍋のみを注視するという疲れ知らず、かつ高度な視聴方法を会得する。
そして高鍋の封印された少年時代を知る。
努力の人、高鍋にますます好感を抱く。
ただのアホじゃなくてホッとする。
暗い過去を持った翳りのあるアホだぞ。
ファイヤー。

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

Patrick Stumpの「Soul Punk」を聴いた。

聴いた!すごかった!
まだ通しで2回しか聴いていないが、素晴らしさに恐れおののいている。わたしなぞが音楽のナニをドウ言うのよ!って、自虐じゃなしに正味にそう思うけど、それでも言わずにいられない。パトリック・スタンプって才能豊かな音楽家だなーって。

優れたヴォーカリストとしてだけでなく、ソングライティングの才能、さらには全楽器演奏というプレイヤーとしての才能、すごすぎる。

ブラックミュージックへの敬意と愛情が散りばめられたアルバムです。まったくFOBではないようで、FOBの核のようなものが確かにある。これを聴いた後でFOBを聴くと、バンドにおける彼の存在の大きさが耳に迫ってくる。それがわたしですら感じられる。この人、ぜんぜんブレていないのだ。

わたしは「This City」が好きです。パトリックもよく聴く曲だというのが嬉しかったです。

日本国内盤を熱烈推奨いたします。では再びリンクでアデュー!
cdパトリック・スタンプ 「ソウル・パンク」

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

Patrick Stump 「Soul Punk」

Fall Out Boy(←無期限活動休止中)のパトリック・スタンプの初ソロ・アルバム「ソウル・パンク」が10.19にリリースされていました。うっかりしてた。さっきカートに放り込んできました。

Soulpunk

そ…それにしても…パ、パトリック?
何がどうしたんだ!? そ、そんなに痩せて~!
なんだかオサレーな感じになってしまって~。
まるで別人28号じゃないか。
びっくりしたよ。

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

息子よ

今日は息子が通う幼稚園の運動会でした。
朝4時起きで弁当を作り、炎天下とも思える中で一日いたら疲れた…10月に日焼って嗚呼。
組立て体操とクラス対抗リレーで不覚にも熱い目頭2:50。
よくがんばりました。

さて、ここんとこイラストのアップロードがないなぁ、とお思いのあなた、鋭い。イムラドリスにある折れたる剣なみに鋭い。
じつはPCを新しくしましたところ、タブレットドライバの不具合なんだか、わたしはよくわかりませんけれど、もう少し調整が必要なようで。夫がCDを売ったお金で自作してくれたのですけどむにゃむにゃ。

そこで息子画伯の作品をご覧いただきたく。

P1000179_2
秘密戦隊ゴレンジャー。
黄レンジャーまさかのセンターポジション。

P1000177_2
ジャッカー電撃隊。
赤レンジャーがセンター取られた怨念で、黒いオーラをまとって出現。
ちなみに歳がばれてしまうけど、わたしこれリアルタイムでした。

P1000181_3
バトルフィーバーJ。
バトルジャパンのあまりの可愛さに腹筋がフニャフニャに。
ミスアメリカ残念。画伯は力尽きた模様。



いろいろ田辺誠一氏に負けてないかと。
わたしもお絵かきがしたくなりました。

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

太極拳同好会

市民サークルの太極拳を体験してきました。じつは以前からやってみたかったのです、太極拳。
先生に「どうして太極拳やってみようと思ったの?動機は?」と訊かれて、ちょっと返事に詰まりつつ「…か、かっこいいからです」 という軟弱かつ正直なわたし。

じつは乙女だったころ、ユン・ピョウが好きだったのだ。
「チャンピオン・鷹」は映画館で観た…。

そらカンフーと太極拳は違いますけどね、中国武術に憧れているのです。ドニー・イェンは偉大だと思ってます。カンフーは無理でも、太極拳なら努力すれば手が届くかもしれないと思って。(立位体前屈が丁寧なお辞儀な人が)

最初はストレッチと気孔、そして24式の太極拳。小休止のあと、陳式をやるのですが、これがですね、剣を使うのだ!

剣ですよ、剣!

柄のところに綺麗な房なんかついたりしてるやつよ、中華な感じいっぱいの!わたしにも持たせてくれて、めちゃくちゃテンション上がりまくり。
ま~、先生のかっこいいことかっこいいこと。あっという間の2時間でした。

陳式って太極拳の源流らしく、武術の要素が多いみたいです。跳躍も入ってたし。かっこいい!こんな、思いっきりカタチから入る奴でアレですけど、ちょっとやってみようかな~と思っています。

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

Nick Stoneシリーズ備忘メモ

01 Remote Control
02 Crisis Four
03 Firewall
04 Last Light
05 Liberation Day

06 Dark Winter
07 Deep Black
08 Aggressor
09 Recoil
10 Crossfire
11 Brute Force
12 Exit Wound
13 Zero Hour
14 Dead Centre

…気が遠くなってきたのでAndy McNabのオフィシャルでも貼っておく。
わたしぁ新刊のトレイラーってのを初めて観たよ…。

…ニック…。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

実写版「るろうに剣心」

ぞくぞくと配役が発表に。
http://www.cinematoday.jp/page/N0035819

鵜堂刃衛が吉川晃司、武田観柳が香川照之。
んで、んで、斉藤一が江口洋介ですってー。
高荷恵が蒼井優なんだー。

ふーん、ふーん。
豪華になってきましたね~。

ちなみに、わたくし原作キャラでは斉藤一が好きでした。

| | コメント (2)

2011年10月 3日 (月)

松本清張 「砂の器」

上下巻とも読了。

何を隠そう、松本清張を読むのは今回が初めてでして。
先にドラマを観ていたせいも大いにあるとは思うのですが、思っていたよりもずっと読みやすくて引き込まれた。

続きを読む "松本清張 「砂の器」"

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

久保明

Akira1、ベージュのロングコートがよくお似合い。
2、部屋は小奇麗に片付いている。
3、浴槽だっていつもピカピカ。

廃工場で、一斗缶のシンナー(?)みたいな液体を頭からザー!とかぶった時、紛れもなくわたしの中で何かがどうにかなったのである。うまく言えんのだが。
明は思い入れのある役です。いい役だったし、演技も最高にしびれた。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »