« つれづれ。 | トップページ | 松本清張 「砂の器」 »

2011年10月 1日 (土)

久保明

Akira1、ベージュのロングコートがよくお似合い。
2、部屋は小奇麗に片付いている。
3、浴槽だっていつもピカピカ。

廃工場で、一斗缶のシンナー(?)みたいな液体を頭からザー!とかぶった時、紛れもなくわたしの中で何かがどうにかなったのである。うまく言えんのだが。
明は思い入れのある役です。いい役だったし、演技も最高にしびれた。

|

« つれづれ。 | トップページ | 松本清張 「砂の器」 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれ。 | トップページ | 松本清張 「砂の器」 »