« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

Matt Bomer

Mattbomer
網膜に焼きつくような二枚目だなぁ、と。
や、わたしの好みではないのですが、ハンサムだと思います。一昔前っぽいハンサムなところが正統派ハンサムって感じがします。(褒めてます)
そういや「CHUCK」にも出てましたっけ。

「ホワイトカラー」おもしろいです。猫夢中で見てます。
わたしはピーターが好きです。愛妻家だもの。(←出た)

| | コメント (0)

宮部みゆき 「幻色江戸ごよみ」

読了しました。

12話の短編からなる時代小説ですが、どれもこれも読み応えばっちりで堪能しました。

鮮烈だったのは第2話「紅の玉」。
高所から落ち、地面に激突することが避けられない。その落下中の長い一瞬のような絶望が胸に迫り、最も印象的な作品でした。

朗読して欲しいと思ったのは…
断然、第10話「神無月」です。作品もハードボイルドで味わい深いし、
登場人物の①岡っ引き、②店の親父、③男、
と、誰がどこを読むのかと考えるだけでも一興です。

それから第3話の「春花秋燈」もおもしろそうだな、と思います。
第4話の「器量のぞみ」も軽快な感じで良さそうです。

しかし、どれも聞いてみたいし、どれを読んでも良いようなので、俄然楽しみになりました。行けるといいのですが。

| | コメント (2)

2012年1月21日 (土)

DVDプレイヤーのHDはいつもいっぱい

さむい!寒いですね!もう北風がヒャダルコ級なんですが。
うちの息子は今お腹にくる風邪ですが。
いったい何がくるんですかお腹に。
はやく元気になってご飯モリモリ食べて欲しいです。

そんな中ブログにエントリーしたのはこのためです↓

「世界海峡イスタンブール ~玉木宏アジア紀行 最果ての海へ!~」

これ観る。ぜったい観る。
大河にもご出演のようなので録画してます。まだ観てませんが。
問題はHDの残量と視聴する時間です。

| | コメント (6)

2012年1月15日 (日)

「ホビット 思いがけない冒険」映画予告編

ショーン・ビーンの女装画像に驚いていたのもつかの間(しかも意外と楽しそう?)、「ホビット 思いがけない冒険」の日本語字幕つきの予告編がありました。
若き日のビルボ・バギンズを演じるマーティン・フリーマン、雰囲気ありますね。
さすがPJが撮っているだけあって、ガン爺もガラ様も、ミドルアースの風景も変わりなく、うう…涙。
公開が今から待ちきれない思いです。

| | コメント (0)

はじめての宮部みゆき

アレックス・シアラーの「スノードーム」がどんどん後回しになって読み進まない…。けっしてつまらなくて読みたくないって訳ではないのに、ダメですね、あれこれ読み散らかすと。

なーんて思いつつも、「鹿男あをによし」を読み始めたばかりなのに、急きょ「幻色江戸ごよみ」を読み出しました。これが終わったら「鹿男」に戻ります。
さっき第一話の「鬼子母火」を読み終えたのですが、すでに大泣き…。

朗読劇のチケット取れるといいなぁ。

| | コメント (4)

2012年1月11日 (水)

J.R.R トールキン「ホビットの冒険」

上下巻とも読了。

続きを読む "J.R.R トールキン「ホビットの冒険」"

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

科博に行った

上野の国立科学博物館に行ってきました。

特別展示は、ノーベル賞110周年記念展とし、アルフレッド・ノーベルのあれこれと、日本人受賞者のいろいろが展示されていました。(なんて大雑把な)
受賞者に授与されるものと同じメダルを触らせてもらえるコーナーがあったので、触ってきました。レプリカですけど、これがとってもズシリと重たくて、何やらうやうやしい気持ちになりました。
写真撮影もOKだったのに、うっかりデジカメを忘れたのが残念すぎ。

ミニ企画展は、今年の干支・辰にちなんだ展示でした。
「龍に九似あり」といわれる動物たちの剥製などが展示されていました。
もちろん龍は想像上の生き物ですが、その姿はところどころ色々な動物に似ているとか。
耳は牛、角が鹿で、掌(たなごころ)は虎…とか、そんな具合です。で、肝心の顔がラクダだそうで、軽い衝撃を受ける・笑。

辰にちなんだ名前をもつ動植物の標本では、トンボが。英語でドラゴンフライといいますね。以前、なぜ日本人はトンボが好きなのか、ほかの虫に比べてトンボを贔屓している、と外国人が言っているのを聞いたことがあるのですが、西洋では不吉なものの象徴だそうで。
リメイク版の映画「ヒッチャー」の冒頭に、車のフロントガラスにトンボが激突して潰れるシーンがあったのをふと思い出して、なんだか妙に納得してしまいました。
いま(というか、まだ、というか)「ホビットの冒険」を読んでいるのですが、まー、ドラゴンの不吉っぷり満載な感じなので、こちらも大いに頷いてしまうのでした。
でも、そういや先日観た「エラゴン 遺志を継ぐ者」に登場したドラゴンは心強い味方でしたっけ。
翼があって火を吐く、いわゆる西洋のドラゴンと東洋の龍はちょっとイメージ違いますね。


何にせよ、今年が飛躍の年となりますように!と強引に結んでおきます。
鯉も滝を登ればなんとやら、です。

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

デカ黒川鈴木

おもしろかったので来週も見ます。

黒川さんが靴紐を結ぶ手に結婚指輪が存在感を放っているなァと思ったら、嫁があんなことになっていた。

エンドロールによると、あの田舎町のロケーションは相模湖周辺らしい。

番組ページ→木曜ミステリーシアター 「デカ黒川鈴木」

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

退路を断つ

ノルディックウォーキング(→wiki)を始めようかと。
暮れに、市民セミナーのウォーキング講座を受講したのですが、その時の先生がノルディックも教えていると知り、参加。そしたらすごく好感触だったので、思い切ってmy ポール購入しちゃいました。
普通のウォークよりも運動量は多いのだそうだけど、嘘みたいに軽快に歩けるのが楽しい。車輪もついてないのに、どうしてわたしこんなに進めるの~?というくらいスピード感もあり、かつ、どこまでも歩いてゆけそうな爽快感。辛くないの!(←重要)これで上腕三頭筋(俗に言う振袖)に効くというのだから言うことナシです。
初めてにしては上手、とか褒められて、すぐにその気になるわたし。

そもそもウォーキング講座を受けたのも、1年経っても効果がサッパリ得られない自分の歩きに疑問を抱きまくったからなのですが…なんというか、トドのつまりはもっと真剣にサッサと気合入れて歩けってことらしい…。ま、要するにあとは消費カロリーを摂取カロリーが上回ってるってことに尽きるんだ、うん。
ああ、わたしはもう、金曜と土曜と日曜日以外はお酒を飲むのやめます!
えーと…たぶんやめます。
……やめるように努力します。(←なに退路を断つって)

年末年始を挟んだせいで、注文したポールがなかなか届かずジリジリしています。

引き続き太極拳もがんばりまーす。陳式も24式も剣舞も全っ然覚えられないのだけど、気長にやります。

| | コメント (10)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

20120101
あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »