« 謹賀新年 | トップページ | デカ黒川鈴木 »

2012年1月 4日 (水)

退路を断つ

ノルディックウォーキング(→wiki)を始めようかと。
暮れに、市民セミナーのウォーキング講座を受講したのですが、その時の先生がノルディックも教えていると知り、参加。そしたらすごく好感触だったので、思い切ってmy ポール購入しちゃいました。
普通のウォークよりも運動量は多いのだそうだけど、嘘みたいに軽快に歩けるのが楽しい。車輪もついてないのに、どうしてわたしこんなに進めるの~?というくらいスピード感もあり、かつ、どこまでも歩いてゆけそうな爽快感。辛くないの!(←重要)これで上腕三頭筋(俗に言う振袖)に効くというのだから言うことナシです。
初めてにしては上手、とか褒められて、すぐにその気になるわたし。

そもそもウォーキング講座を受けたのも、1年経っても効果がサッパリ得られない自分の歩きに疑問を抱きまくったからなのですが…なんというか、トドのつまりはもっと真剣にサッサと気合入れて歩けってことらしい…。ま、要するにあとは消費カロリーを摂取カロリーが上回ってるってことに尽きるんだ、うん。
ああ、わたしはもう、金曜と土曜と日曜日以外はお酒を飲むのやめます!
えーと…たぶんやめます。
……やめるように努力します。(←なに退路を断つって)

年末年始を挟んだせいで、注文したポールがなかなか届かずジリジリしています。

引き続き太極拳もがんばりまーす。陳式も24式も剣舞も全っ然覚えられないのだけど、気長にやります。

|

« 謹賀新年 | トップページ | デカ黒川鈴木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Leekさん、こんばんは~
ノルディックウォーキング!尊敬します。

蔵之介さんのお気に入りの作品ですが、
初めて生で舞台を観た「ヴァンプ・ショウ」と「間宮兄弟」でしょうか。
間宮兄弟は男兄弟間では実現しにくいメルヘンですが(笑)

「鹿男」や「Mの悲劇」も捨てがたく、「20世紀少年」は嗜好品・太陽の塔似のトモダチの塔も登場するので大好物です。
あの作品から何色にでも染まれる役者から、更に一歩進んで「誰がしゃべってるの?」って声の出し方練習しまくったやろ!と思える和賀の「亀田は今も相変わらずですか」は見事で、何度も聴き直しました。
音○には出来ない芸当です!

私も作品が多過ぎて、全然追いつけてないし、チェックも甘いのですが「録っておいたよ」とか「出るらしいね」とか、蔵之介さんのお陰で友人に思い出して貰えたりするので、感謝しております。
Leekさんのお好みは?

投稿: カリコ | 2012年1月 5日 (木) 00時22分

カリコさん

わたしも「鹿男」「Mの悲劇」好きです~。
あとは「ハンドク!!!」もお気に入りです。高野先生v
「風林火山」も良かったなぁ。
でもまだ未見作品いっぱいなので、いまのところ、に過ぎませんが。

「亀田~」わかりませんでしたねぇ。リピート鑑賞で、それと知って聞くと「あーあー」と判りますけど、ホントお見事でした。

とりあえず、劇場鑑賞を逃した「岳」をレンタルしてこなくちゃです。(←ダメじゃん)

投稿: Leek | 2012年1月 5日 (木) 21時55分

高野先生!
私も好きです~「びわ」はいまだに思い出し笑い出来ますよ。

風林火山は「へぇぞおぉぉぉ!」って人懐っこい殿様振りが良かったですね。
「オードリー」の幸様役の時、真田様風の扮装で「コーラ飲むか?」と子役さんに笑い掛ける場面を思い出しました。

しかし去年辺りから鍛え直されているのか、見るたび体が大きくなられて、衣装大丈夫?とか思って見てます。
タイガーマスク人形の体にお内裏さんの首をすげ替えたみたい。
上半身より足を鍛えて下さいと願っとります。長生き出来るから。

投稿: カリコ | 2012年1月 7日 (土) 21時20分

えっ、なになに「びわ」ってなんでしたっけ?
ごめんなさい、わたしも思い出し笑いしたいので教えてやってくださいまし。
わたしはフェラーリ運転してるとこが拝めて嬉しかったです。あと、今回は便器あるかな~(ドキドキ)、とか。

わたしねー、「オードリー」観ていないんですわー。これDVDなってませんでしょー。これと「悪意」は難易度高いですわー。

確かに鍛えてそうですよね。「離婚弁護士」のころなんて線が細くて細くて、ねぇ。
「秘密」第1話の無駄脱ぎ、もとい、風呂上りタオル巻きなんてサービスシーンもドンと来い、ですな。そんな需要があるかは別として。役者として備えてるんでしょうか。それともただ単にやりすぎる性格なんでしょうか。

投稿: Leek | 2012年1月 8日 (日) 10時49分

あはは、「びわ」はですね、
夜勤中、長瀬に注射の練習代にされて穴だらけになってるところに弟分のニノが遊びに来るんです。
高野君チャンスとばかりに「お飲み物買って来ましょう!何がいいですかっ?」と手を上げるんですが、ニノが「んー。じゃ、びわ♪」「び・わ?!びわって…びわ…」と戸惑ってる間に引きずり戻される!
便器もホントどきどきでしたねー(苦)
フェラーリには「ぼんぼんめ!」と笑いました。

「オードリー」頃ハマったか否かが、過去の作品を追う限界を左右していますよね。
それ以前の作品はVHSでしか残っていないから。
その頃に追えたブレイク前の蔵之介さんは、
秘密の無駄脱ぎ以上に筋肉隆々で(フルヌードにもなってらっしゃいました)「この人体と顔が合ってない…」とビックリしたものです。

体を鍛える元々の動機は多分、当時の洋服の供給事情と密接な関係があろうかと。男性の平均身長は170cm前後なので、ご家族は着られる洋服を探すのに苦労されたと思いますよ。
当時、丈を合わせるにはデブ専門店かスポーツ用品店に行くしかなかったはずです。しかも品数少なくて選べなかった。
数年前までスゴかった蔵之介さんのファッションセンスと切っても切り離せない因縁もここに!(笑)
せめて、佐々木青年は楽に太って服に体を合わせるより、筋肉で補う道を選んだのではないでしょうか?
結果その方が動き易いし、怪我しにくいしなんで、鍛え直す気になられたんじゃないかな~と見てます。

投稿: カリコ | 2012年1月 9日 (月) 00時55分

カリコさん、こんにちは~。

「びわ」ありがとうございます。そういえばそうでしたか。浅香唯ちゃんドリームといい、久々に観たくなってきました。こんど確認してみますねっ。
バカいちくんには随分といじめていただきましたねぇ。それにしても「5LDK」ではもっと懐かしんでくれたらよかったのにィ、なんて思ったり思わなかったり。

なんですか、蔵之介さんのファッションセンスって長身のせいでスゴかったんですか。というか、以前は今より更にスゴかったなんて…!
興味深い一説をありがとうございます。…深い、深すぎる…。
やっぱりスーツか和服がよくお似合いだと思います、わたし。

投稿: Leek | 2012年1月11日 (水) 14時34分

Leekさん、こんばんわ~
浅香唯~バカいち~!そうそう、そうでしたね。
「5LDK」では同じこと考えてました。

すみません、一般の方には深い話でしたね?
私自身が身長で服に不自由した結果アパレルに進んだものですから、ファッション史に多少通じてて、つい長々と(苦)
スーツも和装も、オーダーメイド出来るから一番素敵に見える着こなしが出来るんですよ♪

実は私の住まう地域では「恋愛ニート」の応援のつもりか?今日から未見だった「金曜日の恋人たちへ」の再放送が始まりました。
13年前の蔵之介さん、めちゃめちゃ分厚いです!1分程しか出てないけど。

投稿: カリコ | 2012年1月11日 (水) 22時03分

和服もスーツもオーダーメイドって激しく納得。綺麗な着こなしにはサイズ選びが最も重要だってティム・ガンも言ってたもんなぁ。

「金曜日の恋人たちへ」の再放送、羨ましいです!黒谷友香さんも出演していたんですね。
そして「恋愛ニート」じつはとっても楽しみにしていたりします。CMを見て期待が膨らんでまーす。

投稿: Leek | 2012年1月13日 (金) 10時03分

ああ、さすがLeekさん!ティム・ガン!!私が伝え切れず四苦八苦してることを、そんなにも的確な短文で!
ティム・ガンは「アグリー・ベティ」にも本人役で出てましたねー♪

「金曜日の恋人たちへ」の黒谷友香さん、ロングヘアーでとっても可愛らしいのに、既に性格が「水野」。黒谷さんの方がセリフ多いです。
このドラマ陰鬱で見ててしんどいです(汗)蔵之介さんが藤原紀香さんに「あいつ絶対マザコンだよ~!キモーイ」とか言われちゃってるのを見て、気持ちが持ち直すほど。

「恋愛ニート」仲間由紀恵さんも大好きなので、本当に楽しみにしてます。CMで蔵之介さん、既に田中さんになついちゃってませんか?(笑)

投稿: カリコ | 2012年1月14日 (土) 23時49分

NHKで放送していたファッションチェック、けっこう好きだったんです。彼のアドバイスは辛口でシニカルだけど愛があると思います。
ティム・ガンたら、ちょくちょくドラマ出演してたりしますよね。この方、レギンスはお嫌いみたいですよ?笑。

「金曜日の恋人たちへ」って陰鬱なんですか!それは意外です~。

田中さんには例のキレのあるツッコミで蔵之介さんをいじっていただきたいものです・笑。

投稿: Leek | 2012年1月15日 (日) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年 | トップページ | デカ黒川鈴木 »