« 「恋愛ニート」 第3話 | トップページ | 朗読劇ゲスト »

2012年2月 9日 (木)

万城目 学 「鹿男あをによし」

読了しました!

以下に感想…ドラマの話も交えつつ(動機がドラマからなので)思いつくまま書いたら、とりとめのなさすぎる書き散らしになってしまいました。

原作だと藤原先生は男性なんですね!本文中で豆顔、豆顔と連発されていたから…といっては失礼かもしれませんが、わたしは俳優の中村靖日さんを思い浮かべながら読みました。余談ですが「医龍」は「2」がいちばんおもしろかったなり。
そんな中村靖日さんのブログはこちら

藤原先生がくれるかりんとうを、小川先生は事あるごとにまずいと言うのですが(その割りによく食べる)DVDのコメンタリで玉木宏さんも「あんまりおいしくない」と仰っていたように記憶しています。綾瀬はるかさんはおいしいと言っていた(らしい)ところが、実に興味深く感じました。

Fujiwara

あらためて、あのドラマの配役は絶妙だっと感心しています。重さんはモロに蔵之介さんをイメージしながら読んだので、ハタから見たらさぞかし気味の悪い薄ら笑いが浮かんでいたことでしょう。
原作では、都合があえば重さんが通勤の車に小川先生を乗せてあげるのですが、そんな場面も蔵さん&玉ちゃんで完璧に脳内補完。あのゆったりした口調で喋る姿を想像して密かに心躍らせたり歌わせたり飛んだり跳ねたり。

大和杯で、イトちゃんが京都の大将に勝って、奈良女学館の優勝が決まったとき、ドラマでは蔵さん演じる重さんが両手を挙げてピョコンとジャンプして喜ぶ姿が印象的だったので、そんなシーンを思い描きながら読みました。ああ楽しい。

小川先生の鹿化ですが、原作では最初に耳、そして鼻、とジワジワ進んでゆくのです。いきなり頭部が鹿になるのも嫌だけど、今日、明日とだんだん角が伸びてゆき、徐々に顔が毛で覆われてゆくのも空恐ろしいものがあるかと。

その鹿状態の姿、なんとデジカメには写ってしまうというのがおもしろかったです。鹿だけじゃなく、狐の長岡先生も、鼠のリチャードも、教師の集合写真にバッチリ写ってるところなんてまさに一目瞭然。これ以上に明白な見せ方はないってくらいで、映像向きなのになぁ、なんて思ったところで、ふと疑問が。長岡先生とリチャードは獣化を解いてもらえたんでしょうかね?説明も無く、よくわからなかったなぁ。

神経衰弱って、嫌な言葉だよなぁ。周りから「きみは神経衰弱だから」なんて言われて、反論してみたって「やっぱりきみは神経が細い」とか「気にしすぎ」とか言われちゃったら取り付く島なしだものな。ムキになるほど逆効果。こんなに孤独で虚しいことってないよな。

便通の異常や味覚の変化が「鹿化によるもの」と思い込んでいた小川先生、すべてが終わってみればそれは「神経衰弱」によるものだっと判明。
なぁんだ、おれは神経衰弱だっただけなのか~、と安堵するのが可笑しい。そりゃ神経も衰弱するよな、わっはっは!みたいな。

周りとうまくいかないときだって、媚びたり繕ったりしなくても、前を向いていればそのうちなんとかなるよ、という爽やかなメッセージを感じて清清しい気分になりました。
小川先生そのものは変わっていないようだけど、変わったとするならば、奈良の土地と人が作用したのじゃないかしらん。

話は逸れますが、最近、JR東海のテレビCMが多く流れるのを見て、息子が東大寺に行きたいと言い出し。(四天王像を見たいそうだ)わたしは三重県に行きたかったので、なんとか説得しようと思案していましたが、奈良もいいかなと思い始めています。

|

« 「恋愛ニート」 第3話 | トップページ | 朗読劇ゲスト »

読書」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

すっごい"はるかちゃん"らしさがにじみ出てますね~♪
10代の頃はキツイ感じだったのが、今は透明感のあるホスピタリティーがまぶしいばかりです。

マキメさん、蔵之介ファンの私はついマンジョウメと読みたくなります。

東大寺の大仏殿は世界最大級の木造建築というだけに、呆然とするしかない大きさで、奈良の土地と人はそれに負けないくらい大らかで、嬉しくなっちゃいますよ。
私は山丸ごとが御神体で、登山もさせてもらえる奈良の大神神社(三輪そうめんで有名)がお気に入りです。御神体に触ってもいい神社shine懐が深いです。

投稿: カリコ | 2012年2月 9日 (木) 23時35分

カリコさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

はるかちゃんね、まぶしいですよね。お肌とかモチスベってますよね。SK-II<ピテラ>の働きでしょうか。
ドラマの藤原先生、招待客なのにウェディングドレスで結婚披露宴に行くのはさすがにすごすぎますけどね。
灰皿でお酒を飲もうとしたり、小川先生とは交際してるつもりだったり、フツーならかなり引きますけど、演じるのがはるかちゃんだと衝撃が緩和される気がします・笑。

>マンジョウメ
どちらも「先生」ですしねー。

大神神社、調べてみました。すてきなところですね。若草山に行ってみたいなー、と思っていたのですが、こちらも良さそうです。
夏の奈良って暑いんでしょうかねぇ。まぁ、夏はどこも暑いのでしょうが…。

投稿: Leek | 2012年2月10日 (金) 13時08分

桃井さんを見てもSK-II<ピテラ>効きそうですよね。同じ人間とは思えないお肌です。ウエディングドレスで出席とか、はるかちゃんだから観てられましたけど、「阪急電車」での中谷美紀さんのウエディングドレスで乗車はCMだけでドン退きでした。申し分なくおきれいなんだけど。

そういえば、私は読んでないのでアレですけど、長岡先生とリチャードは獣化を解いてもらえず終いだと思います。○○は本来、敗者の救済法なんじゃないかと。
しかしデジカメには写ってしまうって!今はどこもかしこもデジタル化してるから、獣化のまま一生を終えるとすごーく古い写真を遺影に使うハメになっちゃいますねえ。

奈良市内は暑さより、だだっ広いので陰がなくて日焼けし放題が気になりました。大神さんは涼しいけど、森なので虫除け必須です。お食事は森正(http://morisho.digiweb.jp/)が有名です。←そうめんってこんなに美味しかったっけ?と、メニューほぼ制覇しました

投稿: カリコ | 2012年2月11日 (土) 16時42分

フィルムやポラロイド写真はOkなので、年に1枚は遺影用に撮っておくべし、ですね(やだそんなのー)
ふと考えると疑問が残ったりしますが、深く考えないようにします・笑。とりあえず、著者が書いてて楽しそうだ、というのはとても伝わってきました。

下り坂をね、重さんが駆け下りてくる場面でね、髪がなびくんですって。もう、それを想像したら幸せだった…。

「森正」さん、教えてくださってありがとうございます!ほんと、おいしそうですね。うちの息子はおそうめん大好きなので行ったら喜ぶだろうな~。


投稿: Leek | 2012年2月11日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恋愛ニート」 第3話 | トップページ | 朗読劇ゲスト »