« 狭間一番 | トップページ | ドラマ「僕の歩く道」 »

2012年5月19日 (土)

与那嶺司

Yonamine
これ全然短時間で描けなかった…しかも似てないスパイラルから抜け出せず。
バンバン描くとか言って調子に乗って、濃い顔だからってナメてました…敗北。
どうか髪型で察してください。ヨナミンです。
この人、ギャグ戦闘員だったんでしょうか。めちゃ可笑しかったですよね。

|

« 狭間一番 | トップページ | ドラマ「僕の歩く道」 »

Illustration」カテゴリの記事

コメント

頬の立てじわがヨナミンです♪

北村一輝さんは濃いけど、彫りが深いんじゃないんですよねー。
描くの難しそう。
「面白い事言うたんぞ!」って力まずにツボを外さないから、すごく笑いのセンスがいいと思います、この方。

投稿: カリコ | 2012年5月19日 (土) 19時42分

似ておます!
近頃ATARUで大層面白いヨナさんを見ています。
ところでLeekさんはケビン・ベーコンがお好きですか?
ちょっと昔ケビン・ベーコンの輪、みたいなのが
流行ったのはご存知でしたか?
http://oracleofbacon.org/
これThe Oracle of Bacon、
Kevin Bacon to の後に任意の俳優さんの名前を入れて検索すると必ず何人かでつながるという。
たとえばkuranosuke sasakiを入れると
ケビンと3人でつながります。
前に抜け穴の会議室で
「友達の友達の…とやっていくと世界中の人とつながる」というようなセリフがあったと思いますが、そんな感じ。
なんでケビンなのかわからんのですけど
面白がって色んな人とつないで遊んでました。昔。

投稿: 凡子 | 2012年5月19日 (土) 21時51分

優しい~、おふたりとも優しい~(by福士誠治)

北村さんはプロ意識のカタマリ!みたいな印象が強いです。絶対にテレれたりしませんし。

凡子さん
はい、ケヴィン・ベーコン好きなんです。最近は蔵之介蔵之介言ってますが…
懐かしい!いわゆるKevin Bacon Gameですね。アメリカの大学生が考え出したんですよね。Six Degrees of Kevin Baconなんて本まで出ましたけど、今となっては6人なんて不可能でしょうね。4人以上繋げるのは至難の業だと思います。

ケヴィン本人は「とても誇りに思っているよ。オスカーは無いけど、僕にはゲームがあるからね」と仰っていましたconfident

「抜け穴」にそんなセリフがあったんですか。世の中広いようで狭い、と思うときもありますね、確かに。特にネットの海は広いようで狭いです。

投稿: Leek | 2012年5月20日 (日) 06時32分

あっ、ワタシも今、蔵蔵言ってるけどその昔
海外オンリーでした。
邦画なんてほとんど見なかった。
トラボルタ、オーウェン・ウィルソン、
ブレンダン・フレイザー、ポール・ベタニー、
ウィリアム・フィクナー、ジェームズ・マカヴォイ、バリー・ペッパー、
他にもクセのある…あんな人こんな人。
いまだになんで蔵さんなのかわかりません。
蔵之介マジック!

投稿: 凡子 | 2012年5月20日 (日) 19時47分

私もATARUのヨナさん見てますhappy01

私ですら知ってますよ~”ケヴィン・ベーコンの輪”。
必ずケヴィンに繋がっちゃうって、すごいですよね?
4人以上繋げるのは至難の業って、なんか分かります。
3人からすでに驚異的ですもん。

世の中広いようで狭いって、結構リアルであります。
出張先でお土産を買ったら、帰り着いた新大阪のホームでその相手とバッタリとか。
そういうのも3人以上繋がると神憑ってきて「何が起こってるん?」とえらい盛り上がります。

投稿: カリコ | 2012年5月20日 (日) 20時02分

ぼぼぼぼ凡子さん!
好き俳優のシュミが良すぎます!
ウィリアム・フィクナーはわたしもイイと思います~。
わたしは友だち(←ジョニデファン)に蔵ファンだとカミングアウトした時「あ~ケヴィンと通じるものあるね」と言われました。全国の蔵様ファンのヒンシュクを買いそうですが、ホントに言われたんだもん…(鼻の穴か?)
自分では爬虫類・鳥類にカテゴライズされる人々だと思っています。
トラ、オーウェン、ブレンダンは濃いですよね。さては両方イケるクチですなっ?

カリコさん
たぶん、ケヴィンに限らず、なんでしょうけどね。別にゲーリー・オールドマンでも、ジョージ・クルーニーでも同じことなんだろうとは思います。が、あえてケヴィンを選んでくれたのは、ファンとしても嬉しいです。

投稿: Leek | 2012年5月20日 (日) 20時59分

あっ、言われてみれば蔵さんとケヴィン
見る人によっては似てるかも。
そおですね、爬鳥類ですね。
蔵さんにもフットルース踊って欲しいです。
ついこの間Xmen・ファーストジェネレーション見ました。悪人でした。
悪人も善人も味わい深くできるところも似てます。
ウィリアム・フィクナーはプリズン・ブレイクでハマり、過去作品を全て網羅しました。
基本脇役の人なので作品数が多く大変でした。
そんなところ、蔵さんに似てます。
あ、この人も爬鳥類だ。
そんな好みかというと
トラボタルとかブレンとか、もろ哺乳類です。
自分がよくわかりません。

投稿: 凡子 | 2012年5月23日 (水) 01時08分

凡子さん
爬鳥類!
爬鳥類かぁ~!なんてステキな響きなんだろう。無性に心沸き立つわ…!up
ポール・ベタニーとバリーペッパーも通じる雰囲気が若干ありますよね。色素薄い系?
ほんと、トラ、ブレン、それからオーウェンも哺乳類ですね!
フィクトナー過去作制覇、すごいです~。でも俳優にハマるとそうなんですよね~・笑。

投稿: Leek | 2012年5月23日 (水) 05時38分

Leekさん>

昔、過去作品を見たおす期間を「一人ハネムーン」と称した友人がおりました。
大変だけどまさに絶頂期。
ベタ兄はロック・ユーでハマりました。
そこから過去作品を網羅しましたが「ギャングスター・No1」は「パルプ・フィクション」えげれす版という感じで衝撃でした。
キャリア的に過去作品が少なくハネムーンは短かったです。
「ダ・ヴィンチ・コード」でアルビノをやったくらいなので色素ミニマムですね。
このあたりでブロンド好きという評価が定着しました。

ワタシも昔ロードショーとスクリーン
立ち読みしてどっち買うか店員にハタキかけられるまで迷いました。
そのうち輪ゴムがクロスにかけられ中身をチェックできなくなりましたっけ。

投稿: 凡子 | 2012年5月23日 (水) 11時59分

凡子さん
「一人ハネムーン」かぁ。言いえて妙ですな~!
そうしてどんなジャンルの映画も、どんなヨゴレ役もへっちゃらになってゆくのだ。(←ケヴィンファン)
更には、リージョンコードの壁を越え、英語字幕があれば神に感謝し、ヤマ勘でストーリーを追うのだ。(元ショーン・ビーンファン)
ああ、俳優ってニクイ(遠い目)


投稿: Leek | 2012年5月24日 (木) 06時09分

>更には、リージョンコードの壁を越え

!やりましたやりました。
もう、米国英国はてはフィンランドamazon。
英語字幕はありがたいです。
なくても翻訳ならず、雰囲気訳。
略して雰訳。
フィクナーにはまったころは
「インベイジョン」というSFドラマが見たくて
ベタ兄にはまったころは
未公開のイギリスものが見たくて
ブレンにはまったころは
ゲイをやったアメリカドラマが見たくて
ダックス・シェパードにはまったころは
コストコみたいなスーパーマーケットが舞台のコメディが見たくて
数え上げたらキリがありません。
こんなに見たのになんで英語ペラペラにならないんだろう。

投稿: 凡子 | 2012年5月27日 (日) 11時03分

フィンランドamazon!
それはすごい。スウェーデン語ですね~。
わたしはオランダamazon…のオランダ語の壁を超えられなかった負け犬です。(親切な御仁が助けてくれた)
英語字幕ね、無いともうお手上げですね。ホラーならまだいいけど、法廷物とか最悪。

ほんと、なんで英語できないんだろう…聞いてるだけで喋んないからだよな、きっと(笑)

投稿: Leek | 2012年5月28日 (月) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狭間一番 | トップページ | ドラマ「僕の歩く道」 »