« 好きパーツ | トップページ | 並木航平 »

2012年6月 6日 (水)

ハンチョウ5 第9話

食べ物ってのは甘かったりしょっぱかったりするから美味しいんです。
今回もなかなか見応えがありました。

ええ、まぁ、はっきり言いますと、

5!9!5!9!

大 号 泣、でございます。

そんなことはさて置き(置くんだ)、第9話を観てビックリしたのは、
あの政治家は「政治家だから助かった」とハナっから決め付けていたことです。
柊啓がただのおじいちゃんでも政治家でも、神坂先生は同じように尽力したでしょう。しかし、結果として、同じ状況で助かったのが普通のおじいちゃんだったなら、あんな風に医師を恨んだりはしなかったと思うのです。

そこが穴です。

つまり、この時点で遺族もわたしも同じ側に立っています。

だけどそれは違うのだと、犯人である遺族たちと一緒に気づく。

頭では普通に「命の重さに違いは無い」なんて道理じゃん、と思って観ているわけです。でも、考えてみたら、それはすなわち政治家の命も等しく大切である、ということで、どうやらそのことに初めて気がついたような感じなのです。
柊議員はほんの少ししか登場しないでしょ。なのに、たったあれだけで「権力で命拾いキャラ」と見なしている自分が猛烈にコワイ。
テレビドラマに登場する政治家に抱くダーティなイメージが、単なる思い込みでしかないことに気づかされ、キョトンとした次第です。こういうのを偏見っていうんですね。
おそろしい!
なんていうか、もう、ドラマの見過ぎでしょうか、観かたがヘンになってます。
俺は汚れている!

最後、涙にむせぶ取調室で、小澤さんの髪に白髪を認め。ほんの数本ですが、真ん中わけからシューと混じる白髪に妙に、こう、色気を感じました。
すみません、シメが変態発言で。

来週も楽し…えっ!
塔子と剛志、お酒飲んでます!?

|

« 好きパーツ | トップページ | 並木航平 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

来週はついに念願の、塔子と一夜限りの…とと、1話限りのオフィス・ラヴでしょうか?catface

私も同じ事思いましたです。政治家さんへの偏見、お医者さんへの偏見。「あいつら悪い事して儲けてんちゃうか?」という偏見。
そんでもって、誰かを深く愛するということは、その人だけ特別扱いするって事でもあるんですよね。
その受け容れがたい喪失を、誰かのせいにせずには居られないほどに。それは故人の望まない結果を招いたけれど…
愛も色んな味がしますね。

投稿: カリコ | 2012年6月 7日 (木) 00時11分

わー、楽しみ楽しみheart02
ラヴ…は無いような気もしますが…どうでしょう~。

わー、カリコさんも同じく思ってらっしゃいましたか。
成功率50%と言われていた手術が、うまくいかなかったからといって「約束したじゃないか」と責めるのは、あんまり無い、ですものね。

あの録音をもしも聞いていたら、お母さんは頑張れたかもしれません。

ドラマも残り少なくなってきて、ますます目が離せませんね。eye

投稿: Leek | 2012年6月 7日 (木) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好きパーツ | トップページ | 並木航平 »