« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

仮面ライダーウィザード

「仮面ライダーウィザード」9月2日放送開始!
29日に
制作発表があった模様です。

平成ライダー14代目の仮面ライダーは指輪で変身して魔法を使うらしい。
コスチュームもローブ風な感じ。
今回もコミカル路線かな?

| | コメント (2)

あれこれ

●スタジオパークのゲストが玉木宏さんだった!録画した。男前だった。カッターナイフで切ったみたいに口角が上に上がってるのね。美しいわ。
中国の映画に出演なさったそうで、撮影シーンが紹介されましたが、あちらのメイクがものすごくて、玉木さんだと気づかないくらいだった。驚愕。別人。くっきり二重まぶた。中国人役ですって。チョウ・ユンファと共演ですって!
わたし、大河ドラマは再放送を観ているので遅れているのですが、なんですか、もう、1ヶ月も前に玉木さんは撮影を終えてらっしゃると。しかもあさっての放送で、もうアレですか?そうなんですか?すいません、わたしまだ為義ショックからすらも立ち直れておりませぬが、もう?
ああ、心の準備が…!

続きを読む "あれこれ"

| | コメント (2)

2012年6月29日 (金)

結城寛

Kuitan_2
あなた、結城寛って名前だったのね。

続きを読む "結城寛"

| | コメント (10)

ハンチョウ5 最終話

ついに最終話。

続きを読む "ハンチョウ5 最終話"

| | コメント (14)

2012年6月26日 (火)

川口総太郎

Kawaguchi_2  

続きを読む "川口総太郎"

| | コメント (23)

2012年6月24日 (日)

小池竜也

Koike
小池くん!
「純情クリスタル」以外のオススメ漫画教えて!
それを横でただ「うん、うん、ふーん」と聞いていたいです。

| | コメント (14)

結城沙緒里

Yuki
綺麗な女性で気分転換。

| | コメント (2)

尾崎誠

Ozaki_3
わたしは今日、エラの張った顔を似せるのが特別に難しいことに気がついた。
思い起こせば、ジョニー・デップも似せられなかったし、片桐はいりさんも挑戦したけれど、とてもアップロードできるような仕上がりにはならず、160キロのストレートでごみ箱に投げ込んだのだった。あれはつらかった…ごめんね、みっちゃん。
たぶん、エラの座標と角度が0.5ミリでもずれると似なくて、躍起になって修正を繰り返すうちに‘似てね絵スパイラル’に陥るのだ。
特徴があるだけに「こんなはずない」感に襲われる…なんて恐ろしいんだ。わたしはこの状態を‘ファインディング・エラ・ポジション・シンドローム’と命名することにする。長いので‘エラポジ症候群’である。
この症状への対処法は、もっともらしいことを言って、ただの失敗作を何かの症例のひとつであるかのように見せることである。

| | コメント (2)

2012年6月23日 (土)

真山塔子

Thoko
警視庁捜査一課長 真山塔子です。
階級は警視正、安積より3階級も上です。

| | コメント (2)

2012年6月22日 (金)

ガチャガチャ 歴史ミュージアム

だいぶ過日になりますが。
我が家がよく行くGEOにガチャガチャが数台あるのですが、その中に魅力的な一台をみつけました。
埴輪とか、土偶や土器のシリーズで、その中に‘三角縁神獣鏡’があったのです。ちょうど、埴輪のイラストを描いていた時でもあったので、埴輪ならどれでもいいし、神獣鏡が出たらラッキー♪ ブログにでも載せてやれ、と思って、1回やってみることに。

そしたら出たのはヴィーナス土偶でした。
ちょっぴり残念。

夫と息子は「もういっかいやれば?」と言ってくれましたが、普段「ガチャガチャは一回だけ!」と言っている本人がそれでは、まったくもって示しがつかん!と思って、また来週ね、と。

で、翌週行ったらそのガチャガチャがなくなっていました。
そうしたら、息子がものすごく不憫がってくれて(笑)
ママかわいそうだから、と言って、これを描いてくれました。

Draw9_2

すごいね!
絵でコンプリートしてる。

じつはその後、amazonで全種セットが購入できることを夫が調べてくれましたが、もう、ぜんぜん欲しいと思いませんでした。

| | コメント (2)

2012年6月20日 (水)

城戸章弘

Kido_2
こんにちは、警視庁捜査一課の城戸章弘です。
誰ですか、水木一郎とか言ってるのは。
僕は真山課長の知恵袋的存在という触れ込みでしたが、
実は単なる腰ぎんちゃくみたいだった、というのは気のせいでしょうか。
いえ、最終話では、僕の知恵袋からいろんな知恵が飛び出しまくるに違いありません。

| | コメント (6)

2012年6月19日 (火)

ハンチョウ5 第11話

えーと、3話連続の真ん中、特に言うことはありません。

続きを読む "ハンチョウ5 第11話"

| | コメント (2)

再会

Kaikou_2

| | コメント (6)

2012年6月16日 (土)

佐々木酒造 2012年 春・夏 プロモーション販売

行ってきました。

さて、プロモ販売はB1Fにあります「カルディー珈琲ファーム 神奈川 橋本店さんです。
おねえさんが試飲販売をしていて、わたしの前に若い男性の先客が。さりげなく横に張り付いて動向をさぐる。(捜査の基本)
「オレこれがいちばん好きだなー」と仰ったのが、‘古都 純米吟醸’(たぶん)で、値段を見て「ああ、オレいちばん安いのが好きなんだー(笑)」と。
そしたらおねえさんが「複雑なお味を好まれるんですね」とにっこり。
なにその絶妙な言い回し!すごい職業テク!と感心しつつわたしもいただく。
と、ここで大変悲しいお知らせですが、わたくしお酒は大好き!なんですが、日本酒はあんまり飲めないんです…。

なので、日本酒の詳しいことがからっきしわかりませんで、本当にただ単に飲んで好みかどうか、なんですが、‘聚楽第 吟醸原酒’が美味しゅうございました。正直ちょっとビックリするくらいでした。古都はわたしにはちと甘く感じました。
おねえさんは「すっきりと洗練されたお味がお好きなんですねー」とにっこり。
「あ、えーと、ではこれいただきます」
「これ、俳優の佐々木蔵之介さんのご実家のお酒なんですよー」
えっ。あっ、そーなんですか。へぇー、ご実家のねー(←このために1時間以上かけて行った人)えーと、古都も買います(ドキドキ)」
すみません、なんか、ファンだからその為にわざわざ来たって言いそびれてしまって。
そしてアボカド味のスナック菓子も買って帰りました。

お酒はお客さんが来たときにでも一緒に飲もうかなぁ、と思っていますが、早く飲んだほうがいいのかな・・・?わたし、人に出せる手料理って焼き餃子くらいしかないのですが、餃子と古都は…合わないですよね、どう考えても…。

秋の「こんばんは、父さん」が来てくれる劇場「杜のホールはしもと」も同じビルにあるので、下見がてら。ホールは8F&9Fのフロアーでした。
もう、わたしは相模原に来てくれることがとっても嬉しくて嬉しくて。横浜じゃなくて相模原!湘南じゃないぜ内陸!相撲じゃないよ、相模だよ!ばんざい!
また11月に絶対に絶対に来るからね~!

| | コメント (12)

七瀬桃子

Momoko_2
↑リンゴ拾ってるとこ。
しかしどうやっても似ない。特徴あるのに。

原さんは、以前NHKの語学番組でお見かけしましたが、ものすごくおとなしいというか、シャイというか、控えめなかたという印象でした。終始、静かでにこにこしてました。
いきなりドイツに行ってドイツ人にドイツ語で物を売る企画だったからかしら(笑)

| | コメント (5)

2012年6月15日 (金)

桃子&公平

Momokokohe
ドラマ「ギラギラ」より、七瀬夫妻。
↑は失職後、まだホスト前。
この先どうしたらいいのかわかんないけど、とりあえずイチャつく。
いつでもホストになれるように髪は長めでアレンジ自在。

続きを読む "桃子&公平"

| | コメント (3)

2012年6月13日 (水)

果てなき希望(いのち)

息子はクウガのテーマですけど、わたしはまだ龍騎です。バトルシーンで挿入される曲が、めちゃめちゃテンション上がります。絶賛お気に入り中です。

続きを読む "果てなき希望(いのち)"

| | コメント (4)

ハンチョウ5 第10話

わたしのハートを盗んだのは容疑者K。(←はいはい)

続きを読む "ハンチョウ5 第10話"

| | コメント (2)

2012年6月12日 (火)

よしなしごと

起きて家にいる間じゅう、息子が「仮面ライダークウガ」のオープニングテーマを歌っているのをなんとかしていただきたいのだが、やめろとも言えないのでここで叫ぶ。
もう許してくれ。

のーふぃえー のーぺーん あいの~まえに~たつかぎり~
のーふぃえー のーぺーん おそれる~ものはなにもない~
かんぜんどくそう~ おれが~こえ~てやるぅ~
ちょうへんし~ん かめ~んら~いだ~ くうが~~~~

や、No Fear No Pain だと思うよ、ノー フィアー、ノー ペイン でしょうよ。
まったく、こっちが「ふぃえ~!」だよ。


2階の外壁に蜂がマイホーム建設してまして、ええ、無断で。
外国のシャワーヘッドみたいな、六角形の小部屋がいっぱいあるやつです。
ああ、これぞハニカム構造だねぇ。
‘蟻・ダンゴムシなどの不快害虫用’の殺虫剤なら家にあるのだけど、さすがに効かないよねぇ、やっぱり。反撃されたら恐ろしいし。
なので、ダイエーに蜂用殺虫剤を買いに行ったのだけど、
売ってなかった!

しょうがないので、食料品を買って帰った。会計時、わたしの後ろに並んだ女性が、カゴにいっぱいの梅干を買っている…。15センチ四方くらいのパックのやつを、ざっと20個×2カゴである。梅干的にはいったい何粒になると思ってるんですか。それとジップロック。
…気になる。
「あの~すみません、そんなに梅干いっぱいどうするんですか?」
って訊きたい!
けど、さすがに訊けなかったです。
その女性、黒の組織みたいな格好をしているんです。トレンチコートに帽子まで被って…ジンの兄貴かよ、っていう。
若いんです。
綺麗です。
でも梅干40パック。
気になる!
ふぃえ~。

| | コメント (2)

2012年6月11日 (月)

Monday's child

ハンチョウ5、いよいよ大詰めですね。「木曜日の子供」の謎とともに、特捜メンバー召集の理由が明かされるのが楽しみです。
↓はwikiからコピってきましたマザーグースの原文歌詞です。

Monday's child is fair of face
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for a living,
But the child who is born on the Sabbath Day
Is bonny and blithe and good and gay.

谷川俊太郎さんの訳詩(草思社版)は↓の通りです。
source:谷川俊太郎のマザー・グース訳詩

  うつくしいのは げつようびのこども
  ひんのいいのは かようびのこども
  べそをかくのは すいようびのこども
  たびにでるのは もくようびのこども
  ほれっぽいのは きんようびのこども
  くろうするのは どようびのこども
    かわいく あかるく きだてのいいのは
  おやすみのひに うまれたこども

佐々木蔵之介さんは1968年2月4日、日曜日生まれでした!なんか嬉しい…。
ちなみにわたしは土曜日生まれ…訳によって「働き者」というのもあるし、「苦労する」というものもあります。わたしが原文から感じるのは「一生働きづめの苦労性」というイメージです。ははは。
シンプルさゆえの奥深さのせいか、訳者さんによってニュアンスの差はありますね。あらためて翻訳の難しさを感じます。
しかし、どの訳を見ても日曜日は文句なし!良い捉え方しかなさそうです。‘可愛くて、明るくて、気立てがいい’、愛され体質ですね。
日曜日(安息日)を特別視するのは宗教上の謂れがあるのでしょうかね。
そう言えば、うちの息子も日曜日生まれでした。日曜日の子供は出産費用が割り増しになる、です(笑)いえいえ、生まれてくれたら何曜日だっていいに決まってます。

さて、あなたは何曜日生まれ?

| | コメント (3)

2012年6月 9日 (土)

再び園部有希

Yuki2

「それからあいつは変わったわ……」

続きを読む "再び園部有希 "

| | コメント (3)

園部有希

「お客さまの懐具合もわからないで なにがナンバーワンよ!」

Yuki_2

「ナンバーワンが聞いてあきれるよ!」

続きを読む "園部有希"

| | コメント (5)

2012年6月 8日 (金)

並木航平

わー、すみません。
ここに航平さんのイラストをUPしたのですが、
なんかヘンなので修正のため一度下げまーす。

Namiki
と、思って手直ししてみたけど、たいして変わりばえしなかった、というのはよくある話でーす。

| | コメント (2)

2012年6月 6日 (水)

ハンチョウ5 第9話

食べ物ってのは甘かったりしょっぱかったりするから美味しいんです。
今回もなかなか見応えがありました。

続きを読む "ハンチョウ5 第9話"

| | コメント (2)

2012年6月 5日 (火)

好きパーツ

村岡昌志でご説明申し上げたい。
Partsofface
しかし、ここまで描いたり書いたりしたら時間がなくなってしまいました。
いくらなんでも遊びすぎらしい。
いずれ〈続きを読む〉でお話したいような気もしますが、別にもういいですか。いいですね。

嗚呼、コメントお返事できなくてすみません。
お他所のブログや掲示板にもコメントしたいときもありますが、こんなことばっかりやってしまって、ダメなやつです。

| | コメント (4)

何かがおもしろかったらしい。

Laughinglaughing
こうやって笑うときありますよなー。
かーわええなー。

続きを読む "何かがおもしろかったらしい。"

| | コメント (24)

2012年6月 4日 (月)

城戸真司

Suga_2
龍騎です。
もう、イケメンなんて言葉じゃ全然たりないくらい整っているです。
まるで漫画のよう。

続きを読む "城戸真司"

| | コメント (2)

ドラマ 「塔馬教授の天才推理① 隠岐島の黄金伝説殺人事件」

どうしてどうしてトーマが白いバラの花束で、チョーサクは蛾のブローチなの!

続きを読む "ドラマ 「塔馬教授の天才推理① 隠岐島の黄金伝説殺人事件」"

| | コメント (2)

2012年6月 3日 (日)

笑っていいとも!テレフォンショッキング

すばっ すばっ すばっ
すばらしいサ~ンデ~におはようございます。
まんまと日焼けしてヤケ気味のLeekです。

さて、森田一義アワーですが、ちょうどテレフォンの前に用事が済んでポカッと手が空いたので、ちょっくらリアルタイム視聴するべぇ、と思いTVの前に鎮座し、いざ蔵さん登場!で電話がルルル~と。
友だちが「今っ、いまっ、いいとも!蔵ちゃん出てる!」と。
「あー、今まさに観てるとこ」
「あっそう、じゃあね!」
間髪いれずにケータイがブーと。
友だちが「いいとも観てるっ?蔵之介さんが出てるんだけど」
「あー、さっき○○さんも教えてくれたんだけど、観てるよ」
「そ~なんだ(笑)だよね。邪魔してごめんね」
「いいの。録ってるから」
「そうか。だよね。じゃあね」

トークよりリアル友だちの輪がおもしろかった。
その「一大事よ!」な感じがラヴリーだったし嬉しかったです。
というか、みんな「いいとも!」観てるんだね…

肝心のトークですが…
なんですか、まあ当たり前っちゃ当たり前ですが、トークも慣れてくるものなんですね。蔵之介さんの緊張しすぎのフワフワ感が思ったほどではなかったのがひとつ。
と、タモリさんとビミョーに噛み合わない(笑)。まあ、それはそれで面白かったですけど。
船舶免許の話したろ♪って思っていたのでしょうに…いまひとつ喰い付きが悪くてかわいそうな蔵さん。きっと、もうタモさんの中では遠いメモリーなんだよ。
隠岐も「3日行った」「ロケで行った」つってんのに、上の空タモさん。
ここだ!とばかりに嬉々として他局の話をする佐々木蔵之介。
しかし観客の喰い付きすら悪い。
増田さん、増田さんよぉ、わたしは蔵ファンだから登場しなくていいんです。だが、悔しいが、あなたはあなたの仕事をしていったなぁ、と思いました。しかもやすやすと。
そして、意味不明な蔵さんのドアップにびっくりドギマギしました。なんなのだあれは。

いちばん良かったのは、ももクロZの女の子に「お会いしたことあります」と言われたときの蔵之介さんのお顔、でした。
トーク?吹っ飛んだぜ。
もう、これが見られただけで幸せ。
眼福lovely

| | コメント (3)

2012年6月 1日 (金)

いいとも!

今日、佐々木さんがいいともご出演だそうで、楽しみですね。
そしていよいよ、トーマ教授の放送ですものね。

じつは明日は息子の運動会でして、今日は買い物やら仕込やらでテレビをゆっくり落ち着いて観ていられそうもないので、いつものごとく録画して楽しみたいと思っています。
果たしてわたしが「ゆっくり落ち着いて」蔵之介さんのトーク(しかも生放送だぜ)を観られたことがあったのか…という疑問はさておき、晴れて録画を見終えた暁には、また語らせていただきたく。ご一緒いただけましたら幸いでございます。

web拍手、ありがとうございます!
記事へのコメントもありがとうございます!
また後ほどお返事させてくださいませ。

さて、
蔵之介さんは過去に2回ご出演になったことがあるそうですが、ファンになって日の浅いわたしは観たことがありません。
え?あなたも?
大丈夫!
過去のテレフォンゲストのやりとりが参照できるサイト様がありましたのでご紹介させてください。みなさんご存知かもですが…や、きっとわたしのような人もいるはず。
管理人様に敬意を表してTopページも。
森田一義アワー 笑っていいとも!資料室
長年にわたる情熱、膨大な文字起こし、驚異的です。
ありがとうございます。

2004年4月29日(木)

2006年4月14日(金)

読んでいただけたら済むことなので、多くは申しませんが…わたしはもう、大爆笑でした。(震えが~!)
これマジですか!?
…兄さん…。

そして、昨日の布袋さんのぶん もUPされていましたので(!)、緊張なさっている佐々木さんの様子が伺えます。わたしは見逃してしまったので嬉しいです。ホントにありがとうございます(感涙)
今日は落ち着いて!番宣がんばってください!

| | コメント (5)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »