« 城戸真司 | トップページ | 好きパーツ »

2012年6月 5日 (火)

何かがおもしろかったらしい。

Laughinglaughing
こうやって笑うときありますよなー。
かーわええなー。

だいたいにしてわたしは写真などを見ながらでないと描けませんのでそうしています。
自前の紙媒体とか、DVDのキャプチャ画像を使ったりすることもありますが、webでみつけた画像もよく使わせてもらっています。
そう、無断で。
ほとんどの出典が雑誌や映像作品からと思われる画像ですが、自分で切り取ったものではないものを、しかも勝手に使っているので後ろめたさを感じたりします。
どうもすみません。
怒ってるかた、いますか。
いたら連絡ください。

他の人が描いたものを見て、「ああ、これはあの写真だなー」とか思うんです。別に悪い意味じゃなくて、元の写真とか画像が判るんです。だいたい「そうそう、この表情いいよねー」とか「このときこの衣装着てたよねー」とかそんな風にです。描きたくなるのわかるわー、みたいな。

で、自分のも、当然に判るのであろうよ、と思って。
ファンはよく見てますしね。
ちょっと何が言いたいのか自分でもあやしくなってきましたが、つまり、すみませんってことです。

|

« 城戸真司 | トップページ | 好きパーツ »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

私もwebでみつけた画像もよく使わせてもらっています。壁紙として。
ここでありがとうと言わせてください。
Leekさんのも使わせて頂いてますから(笑)

あー「リーガルハイ」始まるのを待ってたら寝オチしてしまいました。目覚めたら半分終わってました…(涙)
けど、後悔も湧かないほど眠い。

投稿: カリコ | 2012年6月 6日 (水) 00時23分

これはオールスターなんたらのときのカットでしょうか?
パーカー着てるのオールスターしか思い浮かびません。
でもピョン吉?
それとも
私の目が蔵さんがピョン吉着てる訳ないと思い込んで「ハンチョウ」という文字に勝手に脳内変換してましたか。
蔵さんのお父上がこの笑い方されますね。
親子って不思議なとこ似るんですねー。
笑い方が似るって、(笑い声じゃなく)
この親子見て初めて認識しました。

投稿: 凡子 | 2012年6月 6日 (水) 12時19分

せっかく書いたコメントが消えた!crying
気を取り直して再度…

カリコさん
えっ。
わたしのですかっ。何を使ってるんでしょう…恥ずかしいような嬉しいような恥ずかしいような。

凡子さん
えっ。
オールスターの時のですよ。着てませんでした?ピョン吉。
嘘です。勝手にピョン吉にしています。
わたし、このパーカー好きなのです。このくらい厚手だとイイ感じheart01です。ボトムのジーンズも合っていて大好きです。ギューとしたいです。どさくさです。

お父様の笑い方をご存知なんて、すごいです!
親子って仕草が似ますよね。
うちの近所の女の子(幼稚園児)は、パパと歩き方がそっくりで、ふたり並んで歩く後姿が超微笑ましいです。

投稿: Leek | 2012年6月 7日 (木) 08時43分

以前、蔵さんそっちのけで
今は無き紳助さんが
蔵さんの実家に突撃訪問するという番組で
ご家族を見た時かな~と思ったけど、
もしかしたらAスタジオで鶴瓶師匠が
蔵さんそっちのけで実家に
極秘訪問したときかも知れません。
まさに、この笑い方だった。

投稿: 凡子 | 2012年6月 9日 (土) 11時07分

凡子さん
あー、わたしどっちも存じません。
結構、というか、かなり、ご家族とか露出なさってますよね。いろいろ家族経営。

投稿: Leek | 2012年6月 9日 (土) 20時43分

突撃訪問は紳助さんが名倉とかお笑い仲間と
アポ無しでおじゃまする「ホンネの殿堂」とかいう
2年前位のSP番組でした。
「スタッフによるインタビュー」とだけ申し込んであった、
思いっきり「定休日」の札がかかった佐々木酒造に
いきなり有名人がやってきて蔵見学から上がり込んで酒飲んじゃうというトンデモ番組でした。
本人は一切出てこないという。
子供の時にお仕置きで閉じ込めたという麹室を見て、
紳助が「神戸大学行くような息子が悪さなんかしないでしょう?」と言ったら
父上が「しますします」
一緒にいたお笑いのひと(すんません、名前知りません)が、弟君にこそっと
「どんな悪さしたんですか?僕だけに教えて」と言うと、
「学校の帰りゲームセンターに行っただけです」
「ええーーー!」というオチ。
その後、突然行ったのにお酒とお料理が振舞われ、
紳助をして「佐々木さん二重丸!」とお墨付きをいただき、
成績優秀だったお兄さんたちより跡を継いだ
弟君がえらい!と言う話になり
「蔵から逃げた蔵之介ー!」と
いないのにめちゃくちゃ言われる蔵之介。
という番組でした。面白かったです。
Aスタジオは例によって鶴瓶師匠が
ゲストゆかりの人たちを前もって訪ね、
色んな裏話を仕入れてきてゲストをビックリさせますが、
実家で厳格そうなお父様をいかに笑わせるかに
粉骨砕身したらしく、結果お父様が息子と同じ笑い方をしていたと。
この時も師匠が「このうちはしっかりしてはんねん、
お母さんに、こっちおいで言うてるのに
部屋の入口の方に正座して絶対来ない。
弟さんの嫁はんはそのまた後ろ、廊下に座ってはんねんで」と感心しきりでした。
ワタシは絶対こんなおうちのヨメにはなれません。

投稿: 凡子 | 2012年6月 9日 (土) 21時25分

わーわー。わーわー。
凡子さん、ありがとうございます~!
なんですか、「ハンチョウ4」のときのオールスターで、今は無き(!)紳助さんと「お父さんにお世話になりました」的な会話をなさっていたので、過去に面識があるのだろうねぇ、と思っていましたが、番組でそんなことがありましたか。

そんなおうちのヨメ…わたしだって無理さ絶対。
なんだかゲッターズが占った「男はこうだからとか、女はこうだからとか、考え方が古風なところがある」という一節を思い出してしまいました。さもありなん、である。
っつーか、こういった過去データで出してたりして、あの占い(笑)

ああ、それにしても、自分がときめいた笑顔を描いただけなのに、こんなにイイ事が教えてもらえるなんて、果報者ですわたし。

投稿: Leek | 2012年6月10日 (日) 00時03分

私もお父様はデュトロしか存じ上げなかったんですが、
凡子さん、ありがとうございます!
やーこんな面白い番組やってたんですねー?

「学校の帰りゲームセンターに行っただけです」happy02
非行少年(笑)ノートルダムはありえへんし。制服ですぐバレる!

弟さんの嫁はんエライです!けど、男の子複数育てたお母さんもすごくお嫁さんを可愛がってくれはりそう。
男の子ばっかりのおうちは、家族全員が「娘」に餓えてるそうです。

投稿: カリコ | 2012年6月10日 (日) 00時06分

カリコさんニアミスぅgood
そういえば、わたしも娘に飢えてる家に嫁いだおかげでどうにかこうにかナントカやっていけてるのです。
ありがたく幸運なことです。

だから佐々木酒造の次男坊も案ずるでないぞよ~。なんちゃって。

投稿: Leek | 2012年6月10日 (日) 00時24分

わ、またそんな近くに?

おお、やっぱりですか>娘に飢えてる家に嫁ぐのはいい
実証例をありがとうございます♪
逆に女の子ばっかりのおうちは「息子」に餓えてて(笑)、男性を大事にされてると感じます。
兄さん、要チェックやで(笑)

ときめく笑顔を鑑賞できて、こんなにイイ事まで教えてもらえるなんて、果報者ですわたし。heart04

投稿: カリコ | 2012年6月11日 (月) 00時55分

ショッピングなんかは、やっぱり息子では味わえなかった醍醐味があるらしく、たまにお供させていただくと嬉しそうにしてもらえたりしましたねぇ。

ほんと、いろんなお話が伺えて嬉しいです~。
ありがとうございます。

投稿: Leek | 2012年6月11日 (月) 06時15分

うわあい。皆喜んでくれた!
調子に乗ってもっと思い出してみよー!
Aスタジオで披露されたオモロイ話。
劇団時代に演劇雑誌の編集者だった「いまい」さん。
わざわざ大阪に取材に来てくれたり
広報担当だった蔵さんはとてもお世話になった。
で、編集社を辞めて松本市民芸術館に行くことになり送別会を開いた。
いまいさんを驚かすために
内緒でいまいさんのご実家に行き、
カメラを持って取材を敢行。
ご両親やご家族に色んな話を聞いて写真や
成績表を見せてもらい
お風呂に入っていまいさんのベッドで寝て
晩ご飯をゴチになるという
図々しいにも程があるコースを全て
カメラに収め送別会で流すという離れ業をやってのけた。
送別会では本人も大感激というサプライズでしたが…。
鶴瓶師匠曰く「詰めが甘いねん!」
「えっ、バレてた?!」
いまいさんのお父さんが事前に本人に
ばらしちゃってたそうです。
で、番組の最後にゲストが帰ってから
会場の人に鶴瓶さんがお話するんですけど
「サプライズ好きな人は自分がされると
ものすごいビックリするんだけど喜ぶ。」
ここで蔵さんの実家のお風呂に鶴瓶師匠が入っている写真が、ど~ん!
裏でモニターで見ていた蔵さんが
「ええっ!…うちの風呂や…」
ちゃんちゃん。

投稿: 凡子 | 2012年6月11日 (月) 23時23分

わーいわーいヽ(´▽`)/
凡子さん、おかわりありがとうございます!heart04
美味し過ぎるぅ~~~lovely

そりゃーいまいさんのご家族も佐々木蔵之介がうちに来て泊まってったりなんかしたら、舞い上がってしゃべっちゃうわな(笑)
鶴瓶師匠いいなあ~酒風呂の時期やったんかしらbottle
なるほど、サプライズ好きな人は自分がされるのも好き、なのねんflair

投稿: カリコ | 2012年6月12日 (火) 21時45分

凡子さん
以前、蔵さんが「ぼくは長野に縁があるんです。(真田の役もやったし)お世話になった方が松本市民芸術館に云々…」と仰っていたような記憶が蘇り、「いまいさん!」と、脳みそのシナプスに電気が走った次第です。

なんだか、蔵さんがそのような人間好きな人だったのが意外な気もし、そうまで親しくなれたならば、懐まで入ってあったかくしてくれる人なんだと思ったり。
義理堅い人だろうとは思っていたけれど、そんな風に(いまいさんのように)なる資質ってなんだろうとか思ったり。
愛される専門で、誰かを愛したり尽くしたりする姿が想像つかなかったりしたので、新たな一面を垣間見た思いです。
実は、なつこい人なのかしら。
すみません、勝手なイメージで言いたい放題で。

鶴瓶さんて、人の魅力を引き出すのが上手な方ですよね。

とかなんとか、いろいろ思いを馳せるお話でした!ありがとうございます。
ところで、凡子さんは、いつどのようにしてファンになられたのでしょうか。お聞きしてもいいですか?

投稿: Leek | 2012年6月12日 (火) 22時46分

いやはや、お恥ずかしい。
ワタシも到底自慢できるほどのキャリアでは。
まず、ファンを自認する以前は
脇で見かける名も知らぬ芝居の上手い人という認識で脳内にインプットされていたらしいです。
2010年秋、「チャレンジド」が始まる時に
新聞かなんかで紹介されたかでちょっと興味を持ちました。
ああ、あのよく見る人だ、と。
見てみようかな、と。
故にハンチョウ1はチャレンジド以前なので
存在すら知りませんでした。
そして、あんなにベタな物語なのに
中学生日記なのに、ハニワ先生と一緒に
鼻水垂らして毎回泣いておったわ。
チャレンジド全5話が終了したとき
会社の芸能通の女の子(次男と同い年)に
「ささきくらのすけって人知ってる?
何がおすすめ?」と聞いたら、
「ぼく駐とアフタースクールは見たほうがいいですよ、絶対面白いから」と言われ
素直に両方レンタルしてきて
まんまとドツボにハマったわけです。
ですから、まだ3年にも満たない若輩者ですが、
とにかく興味をもったが最後、NETを駆使し
情報を網羅し、借りられるものは全て借り、
貸していないものは買い、
(オークションは大変便利だ)
あらゆる姑息な手を使って収集してきました。
皆様のように子育て真っ最中となると
そうはいかないでしょうが、
(ワタシも出産、育児、仕事で、芸能情報が何年分も空白です)
既に亭主という者もおらず、
ここに至っては誰に気兼ねすることもなく
自身の欲求に邁進できるという恐ろしい環境。
激務とも言える仕事がある程度の歯止めとなっております。
ワタシなんかの拙い文章でお伝えできることは
微々たるものでありましょうが、
もし、あの時のあの番組、伝説のあの舞台、
見たことあるかいと聞かれれば
嬉々として思い出しましょう。
ボケ防止にも役立ちましょう。
Leekさんはもとより、カリコさんも絵を描かれるとか?
実はワタシも「絵描き」と呼べるような代物ではありませんが
昔は手描き、
現在ではillustratorを使って仕事をしております。
純粋に絵心、そしてユーモアの観点が
ワタシをここへ招き寄せてくれたんじゃないかと
思っている今日この頃、楽しくて楽しくて。
ありがとうございます。

投稿: 凡子 | 2012年6月15日 (金) 00時16分

凡子さん
わー、ありがとうございます。
会社の芸能通の女の子、ナイスお薦めですgood
わたし「チャレンジド」の最初のやつ、まだ観ていないんです。ダメすぎですね。もう、ひとりハネムーン全然追いつきませんが、次の鑑賞作品はチャレンジドにしようと思います。
凡子さんのハネムーンはパワフルですね!すごいです。
どうも、こう、わたしは情報収集能力が低いし、不精でバイタリティがそっちにあまり向かないくせにミーハーで知りたがりなので、いろいろ教えてやってくださいまし。
そして、なんと!凡子さんも描かれるのですか!そうですかそうなんですか。illustratorって、もしやベジェ曲線とかグルグルするのですかっ?わたしはpainter一本やりです。しかも昔の廉価版です。

道理でおふたりとも落描きに寛大なんだわと納得しつつ、妙に心うきうき。
今モーレツに恥ずかしい気もしますが、今更どうしようもないので、この恥は飼い慣らしておきます。

このブログは放置してたせいもあって、何ヶ月も何年もひっそりしていましたが、それも気楽でいいやと思っていました。が、こうしてコメントいただけるのがやっぱりとっても嬉しくて。楽しいものだなぁ、いいなぁ、としみじみです。
佐々木さんの最新ニュースや耳より情報などは皆無ですが、おつき合いくださって感謝です。
こちらこそです。ありがとうございます。

投稿: Leek | 2012年6月15日 (金) 12時11分

ぼ、ぼ、凡子さんっcoldsweats02
そーですか、そーやったんですか?!
いやー私まで「絵描き」に混ぜたらあきませんて(笑)
illustrator大昔にインストールするも挫折、
フォトショップしか使いこなせないヘタレです。
素晴らしいご同僚!
私実は「アフタースクール」未見なんです。やっぱまずいですよね…。「HIJIKI]は映画館で見たくせに、変なヤツです。

うん、やっぱり絵心のユーモアに引き寄せられた気がします。佐々木明神が縁結んでくれはりましたねheart02
Leekさん、描いてくれはっておおきにぃ~(←おおきにーは地元のお年寄りにしか使いませんけど、自分的に敬語)

投稿: カリコ | 2012年6月16日 (土) 10時45分

いやいやいや、
昔で言うPOPライターというところから始まって
今ではスーパーさんのチラシを主に作ってます。
illustratorは手描きが廃れてきて、
やむにやまれず会社のデザイナーに基本だけ教わり
後はほぼ独学で今に至ります。
ベジェ曲線ねー、最初何事かと思いましたよ。
何でこんなもんでいちいちツノ生やして描かにゃならんのか、と。
好きなものを描くのならいざしらず、
ほうれん草やらマグロやら…。
フォトショもやむにやまれず使う機能だけを習得。
好きな人を加工するならいざしらず、
大根やらアサリやら天然水やら…。
ああ、アフタースクールは見たほうがいいですねぇ。
ちなみに当時、ぼく駐とアフタースクール見た後、
会社の子に「次のおすすめは?」と聞いたところ
「ハンドク!!!です!その次は離婚弁護士です!」と即答しました。
そこに至ってまだ彼女の口から
「ハンチョウ」という言葉は聞かれず
存在すらしらなかったのでした。


投稿: 凡子 | 2012年6月16日 (土) 21時35分

カリコさん、photoshop使いこなせるなんてすごいです!わたしも大昔にillustratorインストールしました。癇癪起こしてダメでした。
そして、あのー「HIJIKI」って何ですか!?
不精してフツーに検索かけたら「日本ひじき協議会」とか「ひじきレシピ」なんかばかりなので、しかたなくallcinemaで検索したら「該当するデータはありません。」って赤い字で言われたよ。赤い字で。さみしかったよ。
アフタースクール観て下さい。絵、描いちゃいますよ。

凡子さん
ベジェ曲線でほうれん草やらマグロやら描くんですか!拡大し放題の縮小し放題ですね。painterだとそうはいきません。
なんてクリエイティブ、かつ大変なお仕事ですね。
会社の女の子、至極まっとうなチョイスですね。「ハンチョウ」を推さないあたりも。そして「ギラギラ」も無いんですね。

投稿: Leek | 2012年6月17日 (日) 00時18分

アフタースクールを見ずして
HIJIKIを映画館で見たカリコさんに乾杯!
Leekさん、フツーに検索かけないで
Wikipediaしましょう。
蔵さんのWikiなら出てきます。
蔵さんのWikiは既に私のお気に入りに登録済。
そこに出てくる膨大な出演作を
私はひとりハネムーンで
「ここは、行った。ここも行った。」と
潰していったのです。
長い道のりでした。
そして、HIJIKIはあの堤幸彦監督作で
JamFilmsという色んな監督のオムニバス映画のひとつです。
印象的で短いです。
そして、私はオムニバスの中のHIJIKIしか見てません。

投稿: 凡子 | 2012年6月17日 (日) 00時53分

そやかて、オムニバスでも初主演映画やったんですもん…!

Leekさん、「アフタースクール」はネタバレ禁止作品だからダメ!見たいけどダメッ!!
だから安心してというか、満を持して楽しみに取ってあるんです(苦)

凡子さん、兄さんの作品巡りはまさに「バカンス」ですよね。
何処に連れて行かれるか、わかったもんじゃない(笑)

投稿: カリコ | 2012年6月18日 (月) 00時43分

あ~、JamFilmsのやつですか。そうか~、これ、そうそうたる監督&キャストなんですね。探してみようかしら。
wikiもブックマークしておきましたが、これ、見てるだけで気が遠くなりそう…
ハネムーンというか、バカンスというか…ジャーニーって感じ(笑)
カリコさん、「アフタースクール」はいつでも観れますものね!大事にとっておく、というその発想がかわいいですheart

投稿: Leek | 2012年6月18日 (月) 06時15分

絵をみなさんのようにPCを使って書かない手書き程度の自分が出入りしてすみません。(+_+)

>凡子さん
超貴重なお話の数々・・・ありがとうございます。
自分もウィキで正にひとつひとつつぶしているところですので知らないことだらけで感激です。
HIJIKI、わたしもそれしか見てません(笑)
そうか・・・あとはオークションですか・・・がんばります!

>Leekさん
Leekさんの絵の素晴らしさのおかげでみなさんと出会えお話拝見できて有難いです。

>カリコさん
アフタースクール、!恋に落ちる前から大好きな作品でしたよっ。ネタバレ注意ですねっ!

投稿: むーぽ | 2012年6月18日 (月) 12時14分

むーぽさん
わー!むーぽさんも描かれるのですかっ。ぜひぜひ拝見いたしたく!
PCで描くからどうこうってことはないと思うんですよ。わたしの場合、ただ手軽さを利用しているだけで単なる不精。
究めている人はCGならではの味を出せたりするのでありましょう…弘法は絵筆も選ばないものです。ははは。
や~、絵って興味ない人はまっっったく興味ないじゃなですか(笑)ファンにとっては写真の方が見たいに決まってるわけで、つまり本物なのですし。

描く人も描かない人も、見てもらえるのは嬉しいです。何を楽しみに来てくれるのか、いまいち分かってませんけど、でも嬉しいです。
お絵描きは楽しいです。

投稿: Leek | 2012年6月19日 (火) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城戸真司 | トップページ | 好きパーツ »