« 真山塔子 | トップページ | 結城沙緒里 »

2012年6月24日 (日)

尾崎誠

Ozaki_3
わたしは今日、エラの張った顔を似せるのが特別に難しいことに気がついた。
思い起こせば、ジョニー・デップも似せられなかったし、片桐はいりさんも挑戦したけれど、とてもアップロードできるような仕上がりにはならず、160キロのストレートでごみ箱に投げ込んだのだった。あれはつらかった…ごめんね、みっちゃん。
たぶん、エラの座標と角度が0.5ミリでもずれると似なくて、躍起になって修正を繰り返すうちに‘似てね絵スパイラル’に陥るのだ。
特徴があるだけに「こんなはずない」感に襲われる…なんて恐ろしいんだ。わたしはこの状態を‘ファインディング・エラ・ポジション・シンドローム’と命名することにする。長いので‘エラポジ症候群’である。
この症状への対処法は、もっともらしいことを言って、ただの失敗作を何かの症例のひとつであるかのように見せることである。

|

« 真山塔子 | トップページ | 結城沙緒里 »

Illustration」カテゴリの記事

コメント

いや、似てますよ!
「ハンチョウ」って呼ぶ前のやさぐれてた尾崎そのもの(笑)

投稿: カリコ | 2012年6月25日 (月) 07時37分

カリコさん
ありがとうありがとう(滂沱)

投稿: Leek | 2012年6月26日 (火) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真山塔子 | トップページ | 結城沙緒里 »