« ♪梅が丘 豪徳寺 土曜の次は | トップページ | 観劇おまけ »

2012年10月29日 (月)

舞台 「こんばんは、父さん」

み…観てきたよ!

たぶん、いや絶対にきっと必ずみんなにはどうでもいい事から書く!
だって書きたいんだ。

勢いあまってものすごくフライングしたので、ロビーのみ開場してすぐにうろつきだすわたし。
物販の男性が…池内風さんだ!と思う。
たぶん…池内風さん…だよね。
「いつもブログ見てます」と言いたい。いや、言う。言うぞ。声をかけるんだ。とりあえずパンフ買おう。
「ぱ、パンフレット…」
「500円です」
「ど、どうも*@◎☆#」
ただのヘンな客で終了。
だってさー、池内風さんが必要以上に緊張のオーラを放っているのだものよー。スマイル!スマイル!プリーズ!!
や、わたしが意気地ないだけなんです、すみません。
すごく繊細そうな印象を受けました。あのブログを読んだら「あーあー」ってなんか解りますでしょう?
ここまで池内風さんのことしか書いてませんが。

本開場になって席に着く。
思っていたよりもずっと舞台が近くてびっくり。
そして!世田谷パブリックシアターって素敵!とっても素敵!
蜂か何かの巣の中にいるような、包まれるような感じでとっても居心地よい。わたしはパルコ劇場しか行ったことなかったので、とても新鮮で感激しました。

わたしの左隣の女性が、ケータイの電源を切る際にちょっと見えてしまったのだけど、待ち受けが蔵さんでウフフ、と思う。
ウフフ。ウフフ。
この劇場は電波を遮断するシステムらしく、内部は圏外なんですけど、万々が一にも鳴ることのないようにと、電源OFFな彼女に好感。勝手に好感。
しかも、とても上品で、常に膝をぴっちり閉じて、手はハンケチをキュッと握って膝の上、笑いどころが一緒で、泣きどころも一緒だったので、とっても嬉しかったです。勝手に。
ウフフ。
ごめん、気持ち悪くて。

さて、以下はお芝居の内容に激しく触れていますので観劇後に読んでくださいね~happy01

最初はそんなに突っ込んで書く気は無かったのだけど、書いてるうちにどんどん内容が露わになってしまったので、再度申し上げます。
どうか観に行く予定のある方は観劇後にお読みください。
舞台鑑賞の楽しみを損ねるのはまったく本意ではありませんので、念のため反転仕様にします。(→と←の間をドラッグしたまま、文字色を反転させてね)

わたしが想像していたよりもずっとコミカルで、楽しいお芝居でした。
たぶん、よく考えてみたらそれぞれの抱えている問題は深刻なんだけど。こっちが心配になるくらいにかなりな崖っぷちなんだけど。
人生泣き笑い、みたいな味がしみじみと滋味深い反面、笑いの後ろに隠れてはいるが、確実にそこにある現実がコワイところでもあり。

あんたたち親子だよ、というようなダメさ加減に呆れつつ、泣きを入れたり穴を捲くったりと忙しいのが楽しい。
もう、平さんてすごい!圧倒的。
「抜け穴2」を観たときに、大杉漣さんを「すごい!」と思ったのを思い出し。
俳優さんて、こんななんだ!という。普通じゃない。上手くいえないけど。

蔵さんはね、なんだか、楽しそうに見えた。
平さんと溝端さんの間を泳ぎながら、燃焼促進剤を振り撒いて回ってる感じ。
ほんとのところはわかりませんけど、わたしはそんな印象を受けました。
そして、とても大きく見えました。心理的にも、物理的にも(笑)

で、中でもとっても言いたいのは、溝端さんの奮闘ぶりでございます。
やー、とっても良かったです。
そりゃ、お2人と比べたらフワフワしてるし、いっぱいいっぱいな感じですけど、そういう役なんですからこれがまた!いいのよ。
「あんたみたいのが今の日本を作ったんだろ」的なセリフがあるんですが、ドキッとしましたね。(一字一句正確じゃなくてすみません。うろ覚えで)

べつにわたしが今の日本を作ったとは思ってませんけどね、でも、彼らの世代にしてみたら、恨み言のひとつも言いたいであろうよなぁ、と。
当時、わたし製造業で購買事務をしていました。
NC旋盤もあったなぁ。
金属の切子にオイルミストに機械音、ものすごくわかるんです。
取引先の外注さんが、まんま富士夫さんの工場みたいな感じでした。
確かに当時の社長さんたちの羽振りのよさは勢いありました…(遠い目)

鉄馬が勝馬の写真を見せる場面では涙がこらえきれませんでした。
相手が親だからこそ無性に腹が立つ、子どもの気持ちも解るし。
もう、思い出したらまたウルッとくるね、ダメだねこりゃどうも。
「好きなことをさせてやったら良かったなぁ」としみじみ言うの、やめてよ、父さん。
「育て方間違ったかなぁ」それも言っちゃダメ。育て方を後悔されるの、子どもは自分が失敗作みたいでツライんだから。だいたいあんた、どうせ言うほど育ててないんだろうが。

でも、父さんだってわかんなかったんだ。
良かれと思ってたし、自分の人生を生きたんだ、と。
いくつになっても親を責めたい子どもじみた子どもの気持ちも、わかる。あんただって、今や親だっつうのに、ね。
親として今の至らなさを、将来子どもに心から謝ったら、許してもらえるのだろうか。何を覚えていて、どれが心の傷になるのだろうか。どこがいけなくて、どうしたら良かったのか。
いろんな想いがぐるぐるして、わーんとなってるうちに終わっちゃった。
えっ。
もう?
もう終わっちゃうの?
という感じで、もう1回観たい気持ち。これが無理だから辛いんだけど。

わたしにとっては、あの腕時計が贖罪で希望。


上演後、舞台まで寄って行って、小道具を見てきました。カップ酒は二兎社のウサギのラベルが貼ってあってラヴリーでした。
封筒に入っていたこまごまとしたメモは、本当に作業工程のようなものが書かれていて、細かいなぁ!冒頭、窓の桟から派手に落ちる空き缶は、黒く塗られて潰れていて、これまたリアル。
ちなみに、いちばん大きな笑いが起こったのは、絞首ロープにランタン(笑)、の場面でした。みなさんが鑑賞された回はどこでしたか?よかったら教えてくださいね。


さて、じゃあ名残惜しいがトイレに行って帰るか…
と、トイレに行ったらマネージャーの松本さんが!
「アナザースカイ観ました」と言いたい!言え!言うんだ、俺!
…会釈で通過。
ダメじゃん!

物販の席には永井愛さんが!
なんか言え!もう、何も買わないけどなんか言え!自分!
え、買わないのに…?
そ、それは言えないわー。
(永井さん、お肌がツルツルで、ほっぺなんてピカピカ光ってました)

あっ。隣にはまだ池内風さんが。
もう、行っとけ言っとけ。思い出に。なんならパンフもう1冊買え、自分!
…物販テーブルの前を2往復のち、出口へ。
すこぶる怪しい客で終了。

こなれた客になりたい。切実に。

|

« ♪梅が丘 豪徳寺 土曜の次は | トップページ | 観劇おまけ »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

おかえりー!
池内風さんにメロメロですな~(笑)

つか、空白が空白が…気になる!誘惑!激しく。
いやでもきっと、既観の人には感涙の内容が、、、!
ああッ気になる!!

多分私池内さんが緊張してればしてるほどイジリたくなると思うねんけど
(パンフ良心的なお値段ですねぇ~heart02とか絡んでみる←今から脚本立ててる←アホ)、
松本さん永井さんには会釈…出来るかどうかはその日のテンション次第やな(汗)。
いいなー世田谷パブリックシアター。
ああいう空間で観劇したいってマジ思う。

投稿: カリコ | 2012年10月29日 (月) 21時59分

カリコさん
違うのよ~。
なんかね、ああいうブログを書いたり、サイト運営をしている人を「中の人」って言うそうですけど、その「中の人」によって企業や団体のイメージが大きく左右されるので、なかなか重要な役割なんだそうな。
うむ、確かに。
で、ブログのお礼みたいなのをちょっと言いたかったんだけど、ま、言えなかったんだけど!

ああ、おれはダメなやつだ。

おれはダメなやつだ。

しかし、アレですよ。
池内さんはご自分のブログではほとんど別人28号ですよ。あれがほんとの池内さんなんでしょうねぇ…。

松本さんに会釈したのはですね、細い通路をすれ違うときに、知らない人同士がやるような「ちょっくら失礼」みたいな、そんな感じです。

なんていうか、もっとサラッと、やってみたいですわ。
こっちのヘンな緊張オーラが伝わるから、向こうも身構えて、うまくいかないんだわよ。

カリコさん、観劇までまだしばらくありますね。
わたしの感想なんて絶対に読んじゃダメですよ。
ほんとですよ。
記事は消えたりしないし、全然たいしたこと書いてないんだから。

わたしもカリコさんのご感想が待ち遠しいよ~。

投稿: Leek | 2012年10月31日 (水) 06時08分

ヤッホー!
オレも空白睨みながら「がまん!がまんだ!」と
言い聞かせコメント欄まで落ちてきました。
池内さんて20代だったんですね。
どか団カレーのケータリング読んで初めて知りました。
そんなに近寄りがたい何かを纏っているんだ?
名札も何もつけてなくて池内さんってわかるですか?
多分私は声かけちゃう派ですね。
(相手が困らない状況下なら)
昔、某俳優さんのファンだったとき(YくんぢゃないYo)舞台見に行って
平気で楽屋行っておしゃべりしたりしてました。
自分の描いた似顔絵見せて
「似てる似てる~」とか言われ、
あげないでソレにサインもらって帰ってきた。
友人はお酒差し入れてた。
あってないようなセキュリティでした。
今は楽屋までなんて絶対到達できないんでしょうね。
あ、でも以前海外の舞台がこっちにきたとき
ロビーで白井晃さん見かけましたが
周りに業界のひとがいらっさったので
さすがに声かけれませんでした。

いよいよ、オレは今度の日曜&水曜です!
絶対仕事が入らないように、事あるごとに
「くらたんの芝居行くんだ!」って吹聴してます。
日曜に見たら真っ先に空白を反転するzo!
カリコさんが見終わったら盛大におしゃべりしたいよぅ。

投稿: 凡子 | 2012年10月31日 (水) 10時53分

こんばんは~おひさで~す(*^_^*)
ははは・・・・
Leekさんわたしより前に舞台行かれたはず!!!って
ずっとのぞいていたのに・・・・
「蔵之介さんにお花を贈りましょう企画」があるのをチラ見して・・・
はぁ~まだかぁ~って・・・・
ここにずっと気づかずにいた、まぬけなわたしです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

しかも、能天気に池内さんに声かけたのも わたしです
ははは・・・。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

次回はLeekさん見習って、舞台終演後の舞台小道具チェックしてきまぁ~す!

投稿: むーぽ | 2012年10月31日 (水) 23時24分

そっかー私も観劇したら、池内さんアゲよ~!(笑)

>Leekさん

>池内さんはご自分のブログではほとんど別人28号ですよ。あれがほんとの池内さんなんでしょうねぇ…。

人間は多面的な生き物です。「父さん」は、彼のピュアな面を引き出しまくってるですよ。
そうか、自分ブログでは別人か!おばちゃんホッとしました(笑)

>わたしの感想なんて絶対に読んじゃダメですよ。
>ほんとですよ。

逆効果!逆効果ーーーー!

>凡子さん

>あげないでソレにサインもらって帰ってきた。

凡子ねーさん、最高ッ!!heart04
某俳優さんが描いたみたいになっちゃってるけど、イイ!
演劇も以前はそやったんですね?
私は音楽の方で打ち上げに混ざったり、気付いたら友達が物販員の助っ人やらされてたりしてました。
まとめてスタッフやと思われてメジャーな共演者に話し掛けられ笑顔で会釈、「ただのファンなんですsweat01…!」と心で恐縮。

あ~私まだ1ヶ月近く待ち時間ある~うずうず。

投稿: カリコ | 2012年11月 1日 (木) 00時08分

ちびっと気になって、別人28号ブログ、チラ見してきました。
池内風さんに、
「こんばんは、父さん」に関われて幸せやな!良かったなあ~!
て言いたくなったけど、こっれは言われへんsweat01ので、
やっぱブログありがとう、ですねー。
けど、お客さん殺到中やったりでタイミング逃したら、
「父さん」ブログにコメント書くわ、私。confident

挨拶成功したむーぽさん、グッジョブです!
コメントの外でも「見てますよ」って声を聞けるのは、
池内さんの励みになるですよheart02

投稿: カリコ | 2012年11月 1日 (木) 21時38分

凡子さん
どか団さん、ほんとに懇意にしてらっしゃるんだなぁ~!って思いました。や、疑ってたわけじゃありませんけれど。
一度行きたいですね?どこでしたっけ?成城学園前?あ、駒沢か。三茶に近いんですね。
そんなどか団さんのブログ↓
http://ameblo.jp/hakatadokadokadan/

凡子さんの観劇の日もいよいよ迫ってきましたね!
わくわく!

むーぽさん
わーわー、ようこそおいでくださいました。
もう、バタバタしてましてご無沙汰ばっかりですんません。
むーぽさんちにもコメント残したいんですが、どうもタイミングが悪いやつで…
トップ記事、期日まではお花企画にしようかと(笑)そういう設定にしてあるんです。すみません、紛らわしくって。
でも、今はあんまり更新もできないんで、ちょうどいいですだ。ははは。

カリコさん
あ、ご覧になりました?
うん、そう、わたしも似たようなこと思ったです。
最初はちょっとビックリしたけど、演劇などの創作にはああいう視点やニヒルさも必要なんだろうと思います。むしろ不可欠といってもいいかもしれません。

ああ、それにしてもみなさん、楽しそうでいいなぁ。
わたしはなかなか自分から、というのができない…慣れると超馴れ馴れしいんだけど。(それもどうよ)
コミュニケーション不全症候群だわsweat02

投稿: Leek | 2012年11月 2日 (金) 05時51分

ただいまー!
空白読んだYo!
でもここでは言えない。

なので、ロビーの様子を。
マチネで2時開演。
1:25くらいに行ったらもう入れました。
池内さんブログで1時間前からロビーに入れると
書いてあったけど、チケットに1:30開場とあったので、
信用してませんでした。
ごめんよ。
ロビーには入れるんだ。

入って開場までウロウロ。
物販に男性と女性の方が。
「池内さんですか?」
「はいっ」
「毎日ブログ更新お疲れ様です」
「ああーありがとうございますー」
ものすご笑顔で丁寧で

池メンでした。
「12月までやりますから」
「最後までがんばってください、楽しみにしてますから!」と、
お話途中で
「これ、どうぞ」って
女性の方が差し入れ渡してました。
「すごいー、ファンの方がいらっしゃる」
と言ったら
「いや~」と照れてらっしゃいました。
ほんと、感じよくてカッコよかったです。

で、友人が昔、永井さんの「こんにちは、母さん」
初演を見ていて
本買いましたです。
したら、池内さんが
「開場して10分位したら永井が出てきますから
それもってらっしゃればサインしますよ」と。
ほんで後で本当にサインいただきました。
ちゃんと友人の名前も入れてくれて
私もどさくさ紛れに
握手してもらいました。
本当にあったかそうでかわいい方でした。

あ、劇場案内のイケメンさんも発見。
調子に乗ってひざ掛け借りました。
暑がりだけど椅子硬いから
座布団にしたいんだYo
とは言えませんでした。

終了後キャロットタワーのカフェで
チケット半券見せたら5%OFFの
ケーキセット食べちゃいました。
んまかったです。

劇については終わるまで語りませんが、
友人が(アラ60です)
蔵之介さんって動きがしなやかよねー
ともらしておりました。
見ててすごくそれを感じたそうです。
ありがとう、友人。

投稿: 凡子 | 2012年11月 4日 (日) 19時45分

わー、凡子さんお帰りです!
わたしもキャロットタワーのカフェーでお茶すれば良かったな。
サブウェイで独りサンドイッチ食べた後に気がついたです(笑)
池メンとの交流、楽しく拝読しました♪
わたしの時は無表情でしたが、話しかけたら笑顔だったのんだろうな~。
もう、なんかトラウマになったよわたし。

凡子さんは、あともう1回行かれるのでしたかな?

投稿: Leek | 2012年11月 5日 (月) 20時23分

ただいまー。
東京公演最終日、行ってまいりました。
この間は60代の友人と、
今回は20代の友人と。
Leekさんトラウマの池メンに
「また来たよ~。今日はムスメと」
「ありがとうございますー」
馴れ馴れしいおばはんや。

そんなロビーで、平日なのに
日曜のときよりなんだか人が多い気がする。
なんか全体に劇場ごとテンション高い感じでした。

ほんで、なんか溝端くんがたった3日なのに
前より良くなってる。
発展途上の子はいいなぁ。

カーテンコールは3回でした。
ひー、ネタバレできないので
内容について何も言えませんが
良かったんです。
きっとカリコさんが見終わるまでに
どんどん忘れちゃうでしょう。
でも来年テレビで見れるもんね。

終了後ロビーにリュック背負って
細身のパンツルックで若々しい白髪の女性が。
えっと、ハンチョウ1シーズン
桜井君メインの回、オレオレ詐欺事件で
嫁さんを庇ってお金を払ってしまうおばあさんを
演じた方です。
シャル・ウィ・ダンスでダンススクールの
先生やった人ですね。
やっぱ、人ごみの中でも独特のオーラで
人目を引いちゃいますね。
すげー。

はー、楽しみに楽しみにしていたイベントが
終わってしまいました。
ごめん、カリコさんはじめ
みぃ☆さんも、これからなんですよね。
きっと溝端くん、更に良くなってるだろうな。

日刊ブログに書かれているように
泣けて笑える、という表現がぴったりな舞台。
楽しんでねー。

投稿: 凡子 | 2012年11月 7日 (水) 22時11分

ダメ。私が観終わるまで忘れたらアカンよー!>凡子ねーさん

シャル・ウィ・ダンスの先生!好きです~heart04
姿勢が素晴らしく良くて本当にダンスをやってらっしゃる方かなーと思ってました。
いいなーいいなー。

遅れた分きっと、大阪はものっそい良くなってて、
TV放送観た時「私の行った回が最高やったな…フフフ」
とほくそ笑むねん。

投稿: カリコ | 2012年11月 8日 (木) 23時32分

東京千秋楽、とっても良かったそうですね!
うらやましい~。
楽というのは特別なんでしょうね。

わたしなんて、もっと記憶が薄れちゃうですよ。
でも、他の方のお話でまた蘇ったりするのかな。それもまた楽しいです。

たまこ先生、草村礼子さんですね。(お名前調べました)
医龍2でガム王子を飴玉王子に変えた方でもありますね。
そうそう!ハンチョウにも出演なさってましたね。
品のある方ですよね。独特のオーラなんだ~。

いやほんと、これからもっと良くなっていくんでしょうね、舞台。
その日まで風邪などひかぬように(ひいても当日までに治すように!)万全の体調で臨んでくださいましね~!
乾燥と冷えに注意です~!

投稿: Leek | 2012年11月 9日 (金) 08時30分

すみません、長くなっちゃったあとに
再書き込み。
東京楽カテコ3回と書きましたが
あらゆるところで4回と書かれていました。
私、芝居が終わって暗転→客デンついたときの
お辞儀はカテコではないと思ってました。
カーテンコール=アンコールという解釈で。
正解はいまだにわからんです。
誰か教えて欲しいです。

投稿: 凡子 | 2012年11月14日 (水) 12時02分

そうですね、わたしも最初の一回はカウントしないのだと思ってました。
一回目は普通に挨拶かと。
実際のところはどうなんでしょうね?

投稿: Leek | 2012年11月15日 (木) 06時37分

凡子さん♪

コメントに「みぃ☆」の文字が!
わ~、私のことを認識してくださってる!…と勝手にテンションアップ↑

凡子さん、Leekさん♪

カーテンコール (英:curtain call) と は、オペラ、バレエ、演劇、ミュージカ ルなどにおいて、 歌手・バレエダン サー・俳優、指揮者・演出家が舞台上に 現れて観客に挨拶することをいう。通常 はお辞儀や手を振ったりして観客の拍手 や歓声に応えるだけだが、一連の公演の 初日、千秋楽などの節目では代表者が謝 辞を述べる場合もある。

って、Wikipediaには書いてありますが…

1回目を挨拶と取るならば、カウントされる?
それとも拍手が先で、それに応えて役者さんが現れたのが1回目となれば、ノーカウント?

う~ん……

素人役者の旦那が言うに、暗転した時点で終幕しているのだから、その後の挨拶はカーテンコールになるのではないかとのこと。

結局謎。

ちなみに余談ですが、まつもと公演の2日目は暗転した状態で拍手が。
ちょっと珍しくないですか?

長年再演されているものや、明らかに終幕、と分かるパフォーマンスがあれば別なのかと思いますが…

1日目は明転、カーテンコールの曲(?)、拍手、といった普通の流れだったので、あれっっ?と思いました。 

投稿: みぃ☆ | 2012年11月15日 (木) 23時56分

みぃ☆さん

ご挨拶が前後しまして失礼をば!
平日はほとんど鳴りを潜める凡子です。
夜中や週末に現れることが多いです。

みぃ☆さんは「こんばんは」もうご覧になったですね。
子持シシャモのような生足とか
回想シーンとか(これ、公式ブログなどで既出なのでオッケーですよね)。
※話したくてたまらないらしい>自分

カテコは、さる辞書では

>音楽会・演劇・ショーなどで、終幕後に観客が拍手喝采し、
いったん退場した出演者を舞台に呼び戻すこと。

なんてのもあって、
ま、どーでもいっか、面白かったならば
という結論に達する訳であります。
自分が見たときは世田谷パブ、2回とも暗転で拍手でした。

初めてのときは
「これで終わりだよね?拍手していい?
終わりじゃなかったらどうしよう」的な逡巡があるわけですが、
2度目だと自信満々で真っ先に拍手できるです。

以前ミュージカルなどを見に行くと
劇の途中なのにソロごとに拍手が起きる、
というのがどうも馴染めませんでした。
物語に没頭してるのに
現実に戻っちゃう感じがありまして。
そうそう、昔は
登場=拍手てのもありましたね。
今でもあるのかな?
あれも若干冷めます。
役者さんは冥利に尽きるんでしょうかねー。
よくわかんないですが。

すみません、ご挨拶のつもりが
長くなってしまいました。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 凡子 | 2012年11月17日 (土) 17時14分

キメてきたよ!読んだよ!じーん…

後の方やとばっかし思って行ったら、舞台が結構近かったです。
せっかく持ってったんで、ちょこちょこオペラグラス使いましたが。
開演間際に見覚えのある人が目の前に現われてびっくりした。
佐々木酒造の社長さんが斜め前の席やった。

カテコ4回+スタンディングオベーション!もちろん立ったで!
兄さんの視線はコンタクトが涙で浮いてしまってわからんかった!ハハハ

入場時は人が多くてパンフレット買うのがやっとで、池内さんに声を掛けられず。
終了後意を決して「池内さん…ですよね?ブログありがとうございます!」
「あれ見て行った気になって頂けたら…」言いはるんで、
「いや、(地方の劇場に)めっちゃ行きたぁなりますっ!」paper
sweat02つっこんでしもた。
立ち去り際、本買うてないのに永井愛さんから会釈してくれはって、ホスピタリティの高さに感激。
ニ兔社さんはなんて温かいチームなんや、池内さんホンマ幸せ者やで!!shineとポカポカ気分で帰ってきました。

投稿: カリコ | 2012年11月25日 (日) 18時14分

カリコさん

おかえりー!
晃社長が斜め前!
呑酒師バッジ見せましたか?
あ、まだ届いてないか。ちっ、おしかったぜ。
スタンディング、すごいですね。
さすが大阪。
私は面白いシーンでそばにゲラの方がいると
大変盛り上がって嬉しおます。

それにしてもロビーの様子がえらいことになってますね。
やっぱキャパが世田谷の倍くらいあるもんね。
人も多いでしょう。
そんな中で池メンに声掛け、
あんな大人しそうな人に突っ込むカリコさんは
関西人の鑑です。

何より、お芝居みて泣けて
よかったねっ!

投稿: 凡子 | 2012年11月25日 (日) 22時02分

おかえり!
晃社長が斜め前って!
家族も普通にチケット取るんでしょうか…。
とゆーか、兄ちゃんの芝居観に来る弟…兄弟燃え。

大阪盛り上がったみたいですねー!
いいなぁ!
コンタクトって良し悪しですよね、わかります、涙浮き(笑)
エアコンの風が直撃だとパキパキだし。

わたしが行った回は、最前列の女性が1人でスタオベでした。その勇気にスタオベしたくなりました。

池内さん、それはわたしでもツッコミますね。
ええ、心の中で!
リアルに突っ込むカリコさんがラブリーです。

お芝居楽しめてよかったね!happy01

投稿: Leek | 2012年11月26日 (月) 08時54分

>凡子さん

そうなの、まだなの。
もし持ってたら声掛けてシールをおねだり…お酒のイベントちゃうがな!

>Leekさん

男兄弟の感覚では、両親や甥っ子が「行きたい」
言うてくれたら「席取っとくわ」言うやろけど、
兄弟には「絶対来い。けどチケットは自分で取れ」って
ニヤニヤしながら言うかな~って気がします(笑)
なんしか、ええ弟さんです。

今回も笑わしてもうて、泣かしてもうて、
ええもん見してもらいましたわheart01

投稿: カリコ | 2012年11月26日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪梅が丘 豪徳寺 土曜の次は | トップページ | 観劇おまけ »