« Henry Grubstick | トップページ | 蔵さん塗り絵 »

2012年11月13日 (火)

MUSICA 2012.09 vol.65

中古の音楽雑誌購入。
ワンオクの特集記事がある号だったりするらしいよ。
「ロックはここに受け継がれた!28P大特集!」ダヨ。

いや~、読み応えありました。
ほんとにこれは買ってよかった!よかった!
わたしのような初心者にはうってつけ。

メンバーそれぞれのインタビューなんですけどね、
もう、とても涙なしには読めなかった…

中でも特に!
特にこの人↓が!!!!
Ryota2
りょうた~~~~~、あんたって子は、あんたって子は…
なんて健気なんだー!

わたしは、Ryotaってもともとベース弾けるんだと思ってたよ。
そんな、Toruに言われたから、だなんて…アンタ…
すげー、ものすげー練習したんだろうねぇ…
しかも、「俺ベース向いてない」って言ったらToruに「んじゃレッチリ聴け」といわれて、「うわー、かっこいい」で、また頑張るRyota…
なんちう素直さじゃ!
アレクの代わりに新メンバー入れるくらいなら自分がギターやると言って、習いにまで行くRyota…
「じゃあベースはどうすんの?」って訊いたら、「サポート入れる」だって。
はああ~そうなんか~。
なんといういじらしさ!
マジ泣かせるよ、その健気さ。
きみはワンオクの良心だ。
きみがいなけりゃ始まらない、なくてはならぬ存在だよ。

Takaはねー、なんていったらいいのか…とにかくすごく傷ついてる男の子がいたんだ、ということと、彼の芯の清らかさの不思議を思い、このバンドやって良かったね、というのがわかった。
Takaに言いたい。
わたしはあなたがどんな人かなんて知らずに、ただ楽曲に惹かれてファンになったんだよ、と。

あとはTakaがTomoyaのことを「自分と似てる」と言うのが意外だったな~。
ぜんぜん違うタイプのようだけど。
でも、Tomoyaって、本当の自分は秘めてるんじゃないか、とは思ってたんだ。表面的に受ける印象が嘘ということではなくて、違う一面もきっとあるんだろう、ということです。
Toruのバンド内オーディションの話も興味深かったです。

なんかさ~、そんなメンバーの人物像なんて知らなくてもいいような気がしなくもないんだけど。むしろ知らないほうがいいような気さえするんだけど、つい、つい。

わたしは、この人たち、こんな走り方をしていて続けられるのだろうか、と思っていて。仕事仲間でもあり友だちでもある、彼らの親密さが怖い。
で、そんな壊れやすそうで刹那的な部分にも惹かれるのかなぁ、と思っていた。
隕石みたいに、大気圏にぶつかって激しく燃えてるからから眩しいけど、いずれ黒く冷えて固まるのか、と。
でも、少なくとも彼らは今のところ続けていくつもりらしいし、割と冷静に「落ちることも覚悟してる。それでもまた一緒に頑張っていけるのがバンドだ」と言うし。
もうこうなったら、このバンドがこの先どうなっていくのか見てやろう、という気になった。
わたしは冷めてて臆病だから、やっぱり安心はできないんだけど、ね。

いろいろ気になってyoutubeで動画を観まくってしまったりするのよ。
おかげで、武道館の「じぶんRock」でTakaがすっ転んだのは、歌いだしの部分だったということがわかって猛烈に感動しました。
あんた、仰向けに転んだんか!
わざとああやって歌ってるんだとばっかり思ってました!
あれすっ転んでたんか!
いや~、さすが。
持ってるわ。

ついでにファンアート見るのもやめられません(笑)

|

« Henry Grubstick | トップページ | 蔵さん塗り絵 »

one ok rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

ああ~…私も兄さんに出会うまで、
仕事仲間でもあり友だちでもあるバンドのファンでした。
なんかわかるーわかるよー。

まさしくRyotaみたいな人がバンドの結束を固めてて、
その人がね、絵を描く人やったですよ。
ポスターやジャケットやグッズのデザイン、皆その人の作品で、
「ほんまはこっちがやりたい」のが一目瞭然のクオリティの高さで。
けど仕事仲間でもあり友だちでもあるバンドのメンバーと居るのが楽しくて仕方がなくて、
一緒に居たくてベースを覚えて、ライブのパフォーマンスも全力投球で、バンドの目玉になってました。

初めてライブに行った時、まあインディーズやから、
物販で握手会とかあるですよ。
その時思わず絵描きのベーシストに、
「ジャケットのデザインがめちゃくちゃいいですね!」
と言うてしもたら、満面の笑顔で両手で握手。
見つめ合ってにこにこぶんぶん。
見つめ合ってにこにこぶんぶん…見つめ合ってにこにこぶんぶん…見つめ合ってにこにこぶんぶん………
絵描きは嬉しさのあまり、私の手を離すのを忘れた…
傷付くやろから、ものっすごい言いたくなかったけど、
「ごめん、あの…はっ…離して…?」言うしかなくて、
思いっきり恥をかかせてしまいました…
それきり口を利いた事ありません(苦)

1年後絵描きが「絵をやりたい」と脱退したことで、
全く違うバンドになっちゃいましたが、各人の幸せを願うばかりです。

長々とごめんなさい~~~~sweat01

投稿: カリコ | 2012年11月13日 (火) 21時24分

わかってくれますか。
なんか、余計なお世話だし馬鹿げていると解っているけども、そんなこと思ってしまうのです。
Ryotaのベースすごいんだよ~!ビックリだよ~。

バンドって不思議なカタマリですよね。
そんな四六時中いっしょで、ビジネスパートナーでもあるって、特異な関係。

意外と本人たちはなんとも思っていないのかも(笑)
あとは周囲に恵まれれば。これは願ってやみません。

中学や高校の男の子が屋上で語っていた夢がこんな風に現実になるのが、なんか、なんか、ホントすごいな~って思いました。

絵描きのベーシストさんは、絵をいいって言ってもらったのが最高に嬉しかったんですねぇ。
きっと今でも覚えてると思いますよ。
嬉しかったことは忘れないものですhappy01

投稿: Leek | 2012年11月15日 (木) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Henry Grubstick | トップページ | 蔵さん塗り絵 »