« 港のヨーコ | トップページ | まーみーや! »

2012年12月14日 (金)

「ホビット 思いがけない冒険」

観てきた!
ちょっと加筆しました。

上映時間170分―まったく長いと感じなかった。
なんというスリル、なんというスピード感。

もう、冒頭のエレボールの俯瞰映像でいきなり泣きそうなんですけど。
帰ってきたね、またミドルアースに!
感無量。。。

茶のラダガストかっこよかった~!
兎ソリの実力ハンパない。
右頭部に滝のようにこびりついた鳥フンが気になって気になって、しょうがなかった。(←帽子の中に鳥の巣がある)
なんでみんなスルーなんだ~。
もう、また新たな伝説のファンタ爺が生まれたね。(あれキノコでラリッてるの!?)
ありがとうPJ!

指輪組のみなさんが出演していて嬉しかったです。
中でもサルマンが!
クリストファー・リー万歳!
ガン爺にご高説をたれるサルマン。
なのに、テレパシーでガン爺にコンタクトする奥方。
ええ!ちょ、せっかくサルマン喋ってんのに!
モロ上から被せてくるガラ様…。
やっぱ昔から奥方は最強だったんだな…!

鑑賞後、一緒に行った友だちが
「イライジャってホビットしてる時がいちばん小奇麗みたい」
とか言うので笑ってしまった。
どんな普段のイライジャを見てるんだきみは。

じつは、今回は吹き替え3Dで鑑賞したんです。
本当は2D字幕で観たかった…ですが、日時的に選べませんでした。
LOTRも(DVD持ってますが)字幕でしか観たことないので、吹き替えが新鮮!でした。
特に難癖つける気はないのですが、ゴラムの登場シーンでの歌にちょっと、いえ、かなり笑いそうになってしまいました。
あれは、いいの?あれでいいの?
結構シリアスに観なきゃなシーンも、油断すると可笑しくなってしまって、ゴラムの声の演技には驚きました。
アンディ・サーキスの演技がどのようだったか知りたいので、ぜひ字幕でも観たいところですが…。

指輪入手のシーン、最後、ビルボは生殺与奪を手中にしながらゴラムを生かしておいた。
その後の顛末を思うと…じつに感慨深い。

あの、わたしですね、これ完結しないって知らなかったです…(ぼそ)
3部作なんですか?
わたしぁ「いつビヨルン出るんかのぅ~」なんて思いながら観てたよ。
そしたら終わっちゃってビックリ、みたいな。

「あれが離れ山じゃ」つって、山の画がバーン!

遠っ!!!

と、遠いなーおい。 
遥か彼方なんですけど。
まだめちゃめちゃ遠いですけど!
あー、あれ闇の森かなー、なんて。

そうそう、そうだよ、もう、こっからがまたおもしろいのよな!

次作2013年12月って本当ですか。
マジですか。
待てませーん!


取るに足らないと思われていた小さき存在が大事を成す。
当たり前の親切心と慈悲とユーモアが難局を切り抜ける力となる。
大局を動かす小さきもの。
それが「ホビット」の醍醐味である。
と、わたしは思っている。

本当にほんとうに、大きくて明瞭な示唆に富んだ、秀逸なファンタジーである。

ああ~。

|

« 港のヨーコ | トップページ | まーみーや! »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

えー3Dってすごそうやないですか!
大好物大好物(笑)

>大局を動かす小さきもの。

確かに、醍醐味です~heart04
しかし3年越しの3部作…
日本では水戸黄門が前後編になっただけで、
「来週死んでたら、どないしてくれんねん!」って
苦情の電話が殺到するっちゅーのにねえ。

投稿: カリコ | 2012年12月15日 (土) 20時46分

3Dも悪くないですけど、わたしぁ2Dでいいです(笑)
なんか…常に奥行き感を意識しなきゃいけないような感じがして…気が散る…。
(斜め前の席に晃社長がいる観劇ってのも気が散るけど)

いやしかし、VFXすごかった!
WETAばんざい!
ニュージーランドの大自然万歳!

はっ!
そうか、これ完結を観るまで無事でいなきゃだな~。

>「来週死んでたら、どないしてくれんねん!」
これ、日本ではっていうより、関西では、ですわよきっと(笑)

投稿: Leek | 2012年12月15日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 港のヨーコ | トップページ | まーみーや! »