« そういえば、 | トップページ | 土井先生で練習 »

2013年3月20日 (水)

ハンチョウ6 第9話&最終話

おもしろかった!

もー、なによ、先が読めるじゃないのさ、と思っていたのだけど、観ている最中は引き込まれたよ~。

9話でさ、強奪シーンの再現がモノクロで、犯人のジャンパーだけ乱暴に赤く塗ったように表現されていたので、「本当は赤いジャンパーの男なんていなかったんだフフフ」とか思っていた。(←あんた全然読めてないじゃん)

で、あとは、ナビ番組などで押上の町をフィーチャーしていたので、これで‘町ぐるみで悪事’とかいう展開は地元の人たちにとってどうなんだろうか、と心配になってしまった。

水沢先生がさ、安積たちにあんなに辛辣に当たっていたのもよくわかった。
心の植木鉢代は請求しません。
「おれたちは間違っていたんだ」という言葉が印象的であった。

しかし、ハンチョウはシリーズ1から6まで一貫して拳銃を持った犯人への対処が不適切なような気がしてしょうがないんだけど、たぶん気にしたら負け。

最後が楽しめて良かった。
けれど、もし「7」があるならもう渋谷に帰ろう?
もう、ない?

4月から今野敏先生原作の「確証」がスタートするんですね。
「あ、久米島課長を撃った人!」と思ったらバナナマンの設楽さんであった(笑)

|

« そういえば、 | トップページ | 土井先生で練習 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

面白かったですね!
なんかええ感じに力が抜けてて、5までみたいに「終わっちゃう~weepさみし~」って気持ちにならず、「続いても、これで終わりでもえっか?またねーpaper」な感じでした。
少なくとも7に尾崎は出なさそうですね(2年間海外赴任)。

今野敏先生原作の「確証」スタートしたら、年間連続今野作品…!オレは歓迎するけどっ。
もし2年後くらいにハンチョウ7スタートとかになったら…蔵さんは47歳で41歳に見える役作り…や、若作りに力入れないとですな。catface

投稿: カリコ | 2013年3月20日 (水) 20時24分

そうそう、なんか、こっちもあっちもサラッと終わったね(笑)

最近、神南署が懐かしく思えて。
あの明るくて広い部屋に帰りたいよ。須田さんに会いたい。
もう、なんだったら原作の通りにお台場でもいいかもよ。さすがにもう「踊る~」は気にしなくてもいいと思うんだけど。

そうか、原作安積の年齢をとっくに過ぎているでしたっけ。
原作のほうがよっぽど大人だからわかんなかっ…ゴホゴホdash

投稿: Leek | 2013年3月21日 (木) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そういえば、 | トップページ | 土井先生で練習 »