« 幸隆さま | トップページ | こくばん.inで蔵之介さん »

2013年3月29日 (金)

舞台!

わーわー!
早速パルコ劇場のページを見てまいりました!

パルコ劇場7月公演「非常の人 何ぞ非常に」上演決定!!

嬉しいです~crying
朗読劇は東京が平日のみだったので行けないんです…
でも、これは行きます~!

しかもこれ、もしかして髷でしょうか?
髷なんでしょうか?
髷だったらいいな。

小柳友さんと共演なんですね。
ハンチョウ6で結城の元カレ(?)だった方ですよね。
小柳友さんは、ONE OK ROCKの元メンバーなので(ドラムです)、お名前を見ると「おっ」と反応してしまいます。TakaやToruとは高校の同級生だったとか。
俳優の道に進むために脱退したそうですが、選んで進んだ道でのご活躍、なによりです。
プロフィールによると「ぼく駐」にも出演しているらしいが、はて、どんな役だったか…?ダブっているため年上で、運転免許のある同級生かな?

わたしは「おはつ」未見でして(汗)。
どんな舞台になるのか、今からとっても楽しみです!
気が早いけど(笑)、蔵之介さん、心の糧をありがとう~heart

|

« 幸隆さま | トップページ | こくばん.inで蔵之介さん »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

うわちゃ~!
おはつ、見てくれよぅ。
伝説の(あくまでも自分的に)有起哉・総司との対決は必見ですぜ、おくさん。

平賀源内なんでしょうか?
杉田玄白なんでしょうか?
どちらにしても高確率で髷ですね。
立ち回りで落とさないように祈る。
(この人たちに立ち回りは無いか)

朗読劇に平日なので行けない私も
絶対行きまっせ!

投稿: 凡子 | 2013年3月30日 (土) 20時52分

おお~「おはつ」未見でしたか。
確かに有起哉・総司との対決は必見です!←このキャスティングは良かった♪

けど、始まって早々に茶の間が気まずーい雰囲気になるシーンが
おっ始まるので要注意(笑)

私は平賀源内が観たい!
けど杉田玄白にも惚れてみたい!

今年は夏が待ち遠しいなりますねheart02

投稿: カリコ | 2013年3月31日 (日) 10時51分

いつもパルコでお芝居観るたびに、劇場で売ってるDVD買おうかなって思うんですけど…未見のまま今に至ります。
平賀源内と杉田玄白、どっちなんでしょーね?
わたしは詳しくないのでどっちがどうとかわかんないんですがcoldsweats01
なんか、「男同士の友情と崩壊を通して描く男の生き様」っていうので、なんかもう、高まりますなぁ。

投稿: Leek | 2013年3月31日 (日) 21時11分

>始まって早々に茶の間が気まずーい雰囲気になるシーン

はいはい、R指定ですね。
おもわず膝を乗り出しました。

深雪太夫や近藤勇、総司、
みんな面白かったです。
芸達者な人たちばかりで
面白いんだけど・・・長い!
DVD二枚組ですから。
そしておはつに共感できない、という
致命的な落とし穴が。

でもそれなりに見所アリです。
そしてメイキングなどもちゃんと入ってまして(松たか子中心です、あくまでも)
コメンタリーもはいってます。

投稿: 凡子 | 2013年3月31日 (日) 22時46分

…!!!!!!!

衝撃の事実。
私「おはつ」にコメンタリー入ってんのに、今この瞬間まで、
気付いてなかったーーーーーー!!shock

凡子さんありがとう!m(_ _)m

投稿: カリコ | 2013年4月 1日 (月) 22時33分

舞台でR指定並みってスゴイですね。
いつか機会があったら観てみようっと!

カリコはん、気づいて良かったね~happy01

投稿: Leek | 2013年4月 1日 (月) 22時40分

コメンタリー
実は2パターンも入ってまして
よっぽど暇じゃないと全部聞いてられっか状態。
ええっと、松たか子×演出家のコメンタリーの方だったと思いますが
佐々木さんはどうでした?
みたいな話題のとき
稽古からハードな舞台と
どんどん兄さんが痩せてったそうで
松っさん
「頼むからそれ以上痩せないで」
演出の方
「あんたが労咳か!」(ほんとは、おはつが労咳)
というやり取りに笑た。

投稿: 凡子 | 2013年4月 2日 (火) 22時22分

わー、凡子ねーさんありがとう。
そんなにハードだったんだ。
今年の舞台も殺陣…はないか。
学者さんのお話ですもんね。
ああでも、ほんと舞台は体力いるだろうから、健康で元気に頑張って欲しい。

投稿: Leek | 2013年4月 3日 (水) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸隆さま | トップページ | こくばん.inで蔵之介さん »