« 息子画伯的作品 #6 | トップページ | 昨日のふたり »

2013年4月 1日 (月)

FALLOUTBOYとONE OK ROCKのUstream対談

観た観た!
ちょっと、今日はもう時間なくていろいろ書けないんですけど、これだけ言いたい。

パトリックの可愛らしさが尋常じゃなかった。

明日、この下に続きを書けたら書く。

ヨシ!
では、日付が変わってしまったけれど、以下に記憶を辿って感想を。

ものすごい緊張感だったね~。
いやー、観ているこっちが体力消耗したわ。
ものすごく最高に盛り上がった!とは言えないのかもしれないけど、なかなかいい対談だったのではないかと思う。やっぱり初対面で、生放送で、言語も違うんだからあれが普通かも。

FOBのみなさんも、DVDを見る限りではだいぶしょーもない悪戯なんかをしているので、ワンオクに負けず劣らずの悪童精神をお持ちだと思うんだけど(笑)もう近年は大人になられて落ち着いたのかな?
Toruもその辺を知っていて、例の「うんこ」発言したのじゃないかと思ったんだけど(笑)
いや、しかし、Toruはかっこよかった。
海外の大物アーティストを前にして堂々の「うんこ」&「腋毛燃やし」。
男の中の男だと思った。
Ryotaが以前、「Toruは偉い人の前とかでも物怖じしないで交渉できたりして、すごい」と言っていたのを思い出した。

対するFOBの反応が大人の優しさでいっぱいだったのがせつなかった。
それと、やっぱりみんなシャイな部分が出てたっていうのも、多少はあるんじゃないかしら!?
というか、パトリックなんていい人なの!
お肌モチスベなんだけど!博多人形かよ!
ジブリ好きとかかわいすぎなんだけど!どんだけ天使なんだよ!

ハッ!

ゴホン!

ぎこちなさはあったけど、双方のやりとりの内容は誠実で好感を覚えた。
Ryotaが、「行き詰ったとき、他のバンドの楽曲を聴いて参考にする」、みたいな熱烈正直発言をしたときに、「そういうことあります」と返してくれたのはジョーだったかしら?

それと、FOBからの「自分たちよりも若手のバンドに優しくしてください」というアドヴァイス、これは沁みたね!
この言葉が集約しているものは大きいと思う。
発言した彼らも大きいと思う。
ワンオクは大丈夫。その言葉は彼らにものすごく響くし、届くし、共感と敬意を抱くと思う。

TakaがFOBの新しいアルバム聴いたって言ってたね!
もう聴いたんだ!いいな!
で、R&Bが色濃いみたいなことを言っていたので、ああそうか、と。
やっぱり核はそこなのかな。
パトリックがR&Bに対して敬意を持っていて、やりたい音楽の方向が他のメンバーと違ってきたのが活動停止の理由なのかな、と個人的に勝手に思っていたのだけど、活動再開して出したアルバムでもパトリックのやりたい音楽はできているのかな。
「My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)」を聴いたとき、僭越ながら、ああ「らしい」な、と思ったもの。

ちょっと話が前後してしまうけど、Tomoyaがいろいろとお土産を用意していたでしょう?
おもしろいお土産に頬がゆるんだけど、涙腺もゆるみそうだった。
この心遣い、憎いね。
思いやり&おもてなし、真心です。

FOBがToruとRyotaに「ダンスをやっていたときの経験はどう活かされていますか?」みたいな質問をして、経歴を知っていることに驚いていたけど、わたしもビックリした(笑)
事前に資料が渡されていて、それを読んでいたのだろうけど、そしたらそこに目が行くかもな。盲点だったけど、納得した。
Takaが「おれは踊れっていってるんです」と言っていて、それもビックリだった。
あんまり考えたことなかったけど、踊ったら…また新しいワンオクになるかも…。あらためてスゴイなワンオク、引き出しいっぱいある。

Takaの誕生日も目に留めてくれて、「きみの誕生日だからアルバムを出すのさ!」なんてジョークも飛ばすピートであった。(発売日がTakaの誕生日)

欲を言えばセッションして欲しかったね
ワンオクは備えていて、さすが!と思った。ワンオクの「Dance Dance」を聴いてみたかったなあ!演奏の間FOBのみなさんが手持ち無沙汰になるのでNGだったけど(Takaのこの気遣い!くー!)FOBほったらかしでも聴きたかった…けど、そういうわけにもいかないか。

海外のアーティストはさ、契約、契約、契約、で、急に思い立ってセッションなんて無理なんだよ。契約書に書いてないことはやっちゃいけないし、やれないんだよ、きっと。や、単なる憶測だけども。
「今度、ちゃんと頭が働いてるときにね」と、ピート。サラリとかわしよった。
翌日ライヴだそうですし、ね。

なかなかドキドキしたけれど、充実した対談だったのではないでしょうか!
ありがとう!
これからも、どちらのバンドも応援しているよ!

|

« 息子画伯的作品 #6 | トップページ | 昨日のふたり »

one ok rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息子画伯的作品 #6 | トップページ | 昨日のふたり »