« HDDにいた福原先生 | トップページ | 息子画伯的作品 #7 »

2013年7月19日 (金)

見えない敵と闘う半助。

Hansuke4
ブラシツールが全然使いこなせていなくて、ダメダメなんだけど、そんなことを棚に上げまくって、それでも言うんだけど、シュッと入ってシュッと抜ける線に憧れる。
究極で言うとアナログのつけペンみたいなのに。
問題の本質は他にあって、上手い人は何で描いても上手いのは解っているけれど、そんなことにとらわれてしょーがない。

みんな死ぬほど素描とかするんでしょうか。

…土井先生の、あのモッフモフの髪がどうやってこの頭巾に収まっているのか謎だ。

|

« HDDにいた福原先生 | トップページ | 息子画伯的作品 #7 »

忍たま&落乱」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HDDにいた福原先生 | トップページ | 息子画伯的作品 #7 »