« 阪口和久 「小説・落第忍者乱太郎ドクタケ忍者隊最強の軍師」 | トップページ | 友さんは »

2013年7月 3日 (水)

百聞は…

このまえ、太極拳の先生が、鑑賞した映画「グランド・マスター」についていっぱい語ってくれた。
時代背景から人物像、ストーリー、購入したパンフレット記載の情報まで。
で、中国武術の先生らしい視点で感想を述べ、ツッコミをいっぱい披露してくれた。
ストレッチの間じゅう(笑)

先生いわく、恋愛も復讐も中途半端だし、アクション見たいのにアップばかりだし、とか。
会話するのに片や普通語(いわゆる北京語)、片や広東語だなんて、普通はあり得ないけど、チャン・イーモウ(土下座sweat01)ウォン・カーウァイ監督のこだわりなんだろうか、とか。
トニー・レオンは武術を2年かけて学び、2回骨折した、とか。

封切から1週間もするとレイトショーのみの上映になってしまって、セコく1,000円で観ようなどと思っていたら、アッという間に行けそうもなくなってしまったので、別にいいんですが。

忍たま映画は見逃さないようにせねばな。
うかうかしていると短縮授業になったり給食がなくなったりするので、もう、来週の月曜日には絶対に行きたい。
もう宣言しておくdash(鼻息)
ところで、予習にはコミックスの4巻を読んでおけばいいのだろうか。

|

« 阪口和久 「小説・落第忍者乱太郎ドクタケ忍者隊最強の軍師」 | トップページ | 友さんは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グランドマスターは映像はきれいでしたが、自分的にも残念な1本でした(;ω;)
アクションを期待して観に行ったのに、先生がおっしゃるように引いた絵がまったく無くて、格闘シーンが全然つまらなかったです。
あれならニチアサのアクションの方がかっこいいですよ〜
お話も史実に忠実でも無いんでしょうに、本当に中途半端でした…。

コマーシャル観てトンデモ系を期待してたんですけどね(笑)

投稿: ちさ | 2013年7月 5日 (金) 10時50分

すみません、わたし監督がチャン・イーモウだと勘違いしまくっていました(滝汗)
先生の5指に入る映画に「初恋の来た道」があるそうで、その話の流れで脳内がイーモウ化したと思われます。
あれはチャン・ツィイー繋がりだったんだな。


ちささんも残念でしたか。
トニー・レオンがブルース・リーのお師匠の役なんですってねー。
実在の人物(?)と虚構の兼ね合いも中途半端っぷりを助長したかもしれませんねぇ。
先生は「闘うシーンですっごい雨を降らせてたんだけど、トニー・レオンの顔が全然濡れないの~」とかツッコミ入れてました。
「そのシーンのせいで肺炎になって入院したらしいよ~」とか。

なんか、もう、そこまで聞かされちゃうと、さすがに観る気がどっかいっちゃいました(笑)

投稿: Leek | 2013年7月 5日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪口和久 「小説・落第忍者乱太郎ドクタケ忍者隊最強の軍師」 | トップページ | 友さんは »