« ROCK IN JAPAN FES.2013 「Clock Strikes」 | トップページ | 奈良さやか »

2013年9月 9日 (月)

「大洗にも星はふるなり」

DVDを観ました。
つべに予告編が残ってました。

この映画は2009年の作品だそうだから、時系列的におかしいのはわかっていても、いつ佐藤二朗が「ヨシヒコ~!」と言い出し、ムロツヨシが変な呪文を唱えだすか気が気じゃなかった(笑)
そして、わたしの知る限り、佐藤二朗はいっつもこんな感じだ。

そんでそんで、白石隼也くんが出てました。知りませんでした。
小柳友くん目当てで借りたのですが、お得な感じでした。
その白石くんですが…なんというか、今と比べて演技がつたなくて(すみません偉そうだ)、そして時々なに喋ってるかわかんなかった。
同じ天然ボケ役でも、2011年の「忍たま」実写映画の小松田さん役のときは全然そんな感じしなかったので、短期間でとっても成長なさったのだな~、とか思いました。

小柳友くんは…ハイテンションでノリのいい若者を明るく元気に。
辻村さん的な、‘らしい’感じだったと思います。
彼の演技の持ち味というか、引き出しのひとつなのかな、と思いました。
「ぼく駐」っぽいと観ていて感じたわけではないけれど、観終わってから「ぼく駐」の脚本を手掛けた人の作品だと知って、「ああそうか」と思ったり。
ちなみに「ヨシヒコ」の監督&脚本もこの人(福田雄一氏)だそうです。

演者さんもみな楽しそうで、作ってるみんなも楽しかったのかな~、という雰囲気は伝わってきたけれど、ちょっと、あのストーリーで1時間40分は正直きついものもあった。
観客より作り手が面白がってると、しらけてしまうような感じというか。
もともとは舞台作品だったそうで、なるほど芝居がかった芝居が舞台っぽい(悪意はないです)なぁ、と妙に納得してしまいました。

ていうか、猫田以外の野郎どもは、そんなに江里子が好きだってんなら9月から4ヶ月近くどうしてたのよ!?

と、言いたかった。
たぶんそれに尽きる。

|

« ROCK IN JAPAN FES.2013 「Clock Strikes」 | トップページ | 奈良さやか »

映画・TV」カテゴリの記事

コメント

つっついに!友くん目当てでレンタル開始?happy02

やーでも、パパパパッと並んだ顔ぶれ見て、
ホンマ友くんてキレイな顔しててんなーと実感しました。

投稿: カリコ | 2013年9月10日 (火) 00時19分

アハハ、そうなんです。
シリアスな演技も観てみたいので、他にもレンタルしてみようと思っています。
今思うと、ハンチョウの友くんはよかったなぁ。
特に犯行時の演技は心に残るものがあったなぁ~、と。

キレイな顔なんですかねー?
もはや自分ではよくわかんないんですけど、なんか惹かれるんです…。

投稿: Leek | 2013年9月10日 (火) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ROCK IN JAPAN FES.2013 「Clock Strikes」 | トップページ | 奈良さやか »