« サムライマガジン 2013 11月号 | トップページ | SiM 「WHO'S NEXT」 »

2013年10月17日 (木)

DVD 「"人生×君=" TOUR LIVE&FILM」

Amazonに注文していたのですが、間違ってご近所のお宅に配達されていてブーでした。
しっかりしてJP!マジで頼む。

すっかり遅くなっちゃったけど、LIVEもFILMも、ようやく全部観ました~。

LIVEは横浜2日目。
じぶんROCKの歌詞を間違えていたなんて知らなかったからビックリだった。Takaは悔しそうだったけど、微笑ましくていいですわ。武道館のときといい、この曲には何かあるんだきっと。
「たかひろやったv」みたいなTomoyaの笑顔が良かったですhappy01
The Biginningでも一ヶ所「ん?」と思ったのだけど勘違いだっただろうか。


FILMは残響リファレンスのときのように笑える仕様ではなかったけど、見応えあった。
四六時中カメラを向けられているのは気が休まらないと思うけど、どんな感じだろうね。

ToruとTomoyaが演奏をトチったことを楽屋で悔しがっていたけど、そのときのToruがすごく表情豊かで珍しく感じた。普段あまり感情を表に出さない印象なので、こんな顔もするんだ~、と。
普段うかがい知れない部分を不意に目にしちゃってちょっくらドキッとしてんじゃねぇのこれうっかりギャップ萌えなんじゃ?
懸命に「そんなことないってー」とフォローするRyotaがRyotaだった。

わたしは横浜3日目に参戦したのだけど、連日なのにTakaの声がすごく伸びやかで感動したのよー。雑誌のインタビューで喉を気遣ってセーブしていると言っていたので、その冷静さとか、余裕をもって臨んでいるところがすごいなぁと思っていたのだけど。
でも、大阪でやっちゃったんだね。
ムコダインは風邪をひいたときにも処方されますね。痰を切る薬だって言われた気がするけど、炎症とかにも効くんでしょうか。
福岡は心身ともに辛かったでしょうね。名古屋までは間があったので回復できたのかな。

それにしても、お誕生日を祝ってもらったシンジサン、果報者ですね(笑)

「Nobody's Home」でグッとつまって歌えなくなる映像は、横浜3日目かしら?どうかしら?
この日は「親が来てた」そうで、特別な想いがあったでしょうね。
わたしも ♪僕の見せたい景色を見せるから♪ のところで感極まってしまって、ブワッとなりました。

「as same as...」という曲は、英詞部分の日本語訳を知ってからいっそう好きになりました。なんとなく、ぼんやりとわかったつもりで聴いていたけど、ちゃんと訳されたものを見て、歌詞がとても胸に迫ってきたので。
わたしには息子がいて、親でもあるんだけど、その昔々、自分が思春期だった頃の思いも、まだ忘れずに覚えてるんだよ。
だから、互いの愛情のやりとりや、うまくいかないもどかしさみたいなものが両方の立場で共感できて、せつなくなってしまう。
ラストにふさわしい感動的な曲だと思います。

最後にお客さんが次々と映るところで、小学生らしき息子さんと参戦の女性がいて、いいな~、と。アリーナならではですね。
わたしもいつか息子とワンオク行きたいです。

ワンオクはやっぱり楽曲がどれも素晴らしい。

|

« サムライマガジン 2013 11月号 | トップページ | SiM 「WHO'S NEXT」 »

one ok rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サムライマガジン 2013 11月号 | トップページ | SiM 「WHO'S NEXT」 »