« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

グッバイ2013

電動のカビキラーなんて買う人いるんか?と密かに訝しんでいたところ、友だちが「買ったheart」と自慢してきた。そうか。

年末らしく人並みにバタバタし、真面目に家のことやったりして、一丁前に忙しい大人みたいな感じです。本当はいろいろ書きたいこととか描きたいことがあったのだけど、無理だった…。

7万hitしたらリクエストでも乞おうかと思っていたが、思っただけで終わったらしいよ。
今年はこくばん.inで描くようになって、それが刺激的で楽しかったです。
蔵さんの舞台も観に行けたし、念願のワンオクLiveにも参戦できたし!
おかげさまでよい一年でした。

見てくださったあなたに感謝をcute
かまってくれたあなたには投げキッスをkissmark
みなさま良いお年をお迎えくださいませ。

-----------------------------------------------------

と、さきほど知った悲しい知らせ
とてもショックです。
ご冥福をお祈りします。
Alongvacation

| | コメント (5)

2013年12月23日 (月)

ジングルベール♪

2013christmas
フー、間に合った~~~dash

わたしが勝手にバニーにさせたわけじゃありませんからね!
似合ってるから描いてしまっただけですからね!
けしからんですね~heart

わたしの人生いったいどこに運んでくれちゃうのかしらっ。

bellでは、みなさん楽しいクリスマスをお過ごしくださいねxmas

| | コメント (4)

2013年12月22日 (日)

藤原さん

Fujiwara2
満足。

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

Tomoya #4

Tomoya4
アヴリルにカワイイ言われた事件。

| | コメント (0)

2013年12月17日 (火)

安積班のみなさん


1回描いてみたかったんだよね~、チーム神南。
水野、ごめんね。やっぱり美人は苦手だ…。

話せば長くなるけれど、先日、小柳友くんの画像を検索していたら、なぜか蔵さんが表紙の雑誌がヒットする。
「はて?わたしこの雑誌持ってるぞ」と思ったら、友くんも載っているらしく。
買っても目当ての記事以外は読まないんですよね~。
今まで全然気づいてませんでした(というか、当時は友くんを認識してなかったな・笑)
で、本棚から引っ張り出してきて、「へぇ~」なんつって読み返してみたのですが(友くんはウルトラマンゼロの記事でした)この雑誌の裏表紙がハンチョウ3のDVD広告だったので、それを見て描きました。

桜井は1人だけ何故かすごい表情があって(笑)、難しくて負けた。
水野もぜんぜん掴めなくて、これは最後までダメだった…。
水野と桜井は適当にwebで描きやすそうなアングルの画像を物色しました。

雑誌は2011年1月発売の「STAGE act.」 vol.1。
ちなみに、蔵さんの子どもの頃のヒーローは「バロムワン」だそうです。
なにそれ知らない。

| | コメント (4)

2013年12月14日 (土)

分倍河原に住んでる警部補

わたし、このドラマに蔵之介さんゲスト出演して欲しかったです。
もう叶いませんでしょうけど。

| | コメント (4)

2013年12月11日 (水)

猫侍 第11話

ほぼ惰性でここまできたけど、観続けてよかったと思いました。
佐吉にやられました。

描いた自分でも絵が怖いので続きに下げます(笑)

続きを読む "猫侍 第11話"

| | コメント (11)

2013年12月10日 (火)

ナオちゃん!

無駄にオシャレな部屋でママチョイスのトレーナーを着てプリンを食べる直哉の画像をウッカリ拾ってしまい、そのダメダメオーラの放ちっぷりがあまりにも凄まじすぎて描かずにいられなかった。

Naoya
そら家でも気負ってたら疲れるもんね。

| | コメント (2)

ぶつぶつ

絵は特に何も文章を書かなくてもいいので気楽でいいです。
描きたいものを描いて載せるのは楽しいです。
このところ、こくばん&スケブがおもしろくて、一枚上げるとすぐに次に取り掛かりたくなり、色々と見て周るのも楽しくて、ついつい入り浸ってしまいます。
でもそれなりに日々思うことはあって、だいたいはしょーもないことなんですが、たまに文字にしようかナァと思ったりします。

マンデラ元大統領の訃報に接し、よみがえった思い出があり。

むかーし昔、気に入った英語の先生がいて、ちょっくらいいとこ見せたい一心で(その教科だけ)試験勉強を頑張ったことがありました。
はたして試験当日、勉強した甲斐あってそこそこの手ごたえがありました。
だがしかし!最後の最後の問題が
「南アフリカ共和国における合法的人種隔離政策をカタカナで答えなさい」というもので、時事問題などまったく我関せずだったわたしはまんまと答えられませんでした。
記憶にカスリもしないんだから何も書きようがない。
もうグウのネもチョキのネも出ません。
なんか猛烈に恥ずかしくてすげー哀しかったけど、気づかされた感いっぱいで、すごく心に残ってます。
今思うと、超アフォアフォ学校だったのに、あの先生諦めてなかったんだな~。

あれから歳月だきゃ~恐ろしいほどに過ぎまくっているけれど、わたしゃ成長してンのかねぇ。

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

NHK土曜時代劇

いま「まっつぐ 鎌倉河岸捕物控」をレンタルして観始めたところです。
2010年放送の作品だそうです。
小柳友くんが出演しています。

Hikoshirou
え。
小柳友くんですよ。
船頭の彦四郎です。
眉毛2割増です。時代劇だもんサービスサービス。
まだ1巻しか観ていませんけど、今のところ作品も彦四郎もパッとしません(笑)
若い3人衆のなかで彦四郎だけ地味で目立たず、着物も貧乏チックだし、髪もボサボサだしで、なんかかわいそうなので、わたしがお花を飛ばしてみたよ。
これからおもしろくなるかしら。
とりあえず続きも観るつもりでいます。

| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

類くん+Scott&Rivers+FOB

↓Scott&RiversのMVの類さんもかわいくてですね。
いや~どうしましょう。
大腿部の隙間とかもうほんとどうしよう~。
ちょっと調べたら(調べたんだw)今後、単発でドラマ1本と映画2本と舞台1本が決まってる…すごいな。本格的に俳優業なさるんですね。

↓でもですね、この曲、ご本人だけバージョンもかわいいんですよ。
曲も好きです~。♪パーフェクト10じゃなくても君らしくいて欲しい~♪

↓そういや、この動画は以前にもFOB目当てで観たことがあったな。
4月の東京ライヴにスコットが。

スコット・マーフィはみんなが知ってる邦楽をたくさんカヴァーしており、スピッツの名曲「楓」など原曲と随分違うんですが、これがまたいいのでびっくりしました。
でもわたしはオリジナルのほうが好きだな!
ていうかパトリックかわええなー。
ライヴで「I Don't Care」聴けたらすごいな~。

| | コメント (0)

2013年12月 2日 (月)

ドラマ「彼岸島」の雅さま。
Miyabi

わたしはこのドラマでしか彼岸島という作品を知らないのですが、栗原類さん演じる雅がよいなぁ、と。
特殊な役柄だし、ただのキャラはまりパターンということも考えられますが、それだけにプレッシャーもあると思う中、類さんの演技が意外にも(!)なかなか堂々としていて存在感あります。

そしてなんていうか、わたしゃ雅より、島の住民のそこらへんのオッサンに血を吸われる方がよっぽどコワイです。そこらへんの普通のオッサンが鋤とか鍬とか持って全力疾走で追いかけてきたらと思うと本気で恐怖です。

ところで、これを描くのに類さんの画像を検索したのですが、さすがモデルさん、魅せ方を心得てらっしゃるというか、素敵な写真がいっぱいでした。
ええ、まあ、そうね、ちょっと好きなタイプです。(ぼそ)

| | コメント (2)

息子画伯的作品 #8

前回から間があいたので、だいぶ溜まって大量になってしまった。
もっとマメにやらにゃいかんなぁ。
いつも通り親バカなアレなんで、ええ。

続きを読む "息子画伯的作品 #8"

| | コメント (2)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »