« FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM | トップページ | フィギュアスケート 世界選手権 2014 »

2014年3月31日 (月)

スーパー歌舞伎Ⅱ 「空ヲ刻ム者-若き仏師の物語-」

23日に観てきました。

たいしたこと書いてないけど、以下に感想。
ネタバレがダメな人はスルーが吉。
絵とかもあるので注意。

スーパー歌舞伎、初めてでしたけど楽しかったです。
わたしこういう派手なの好きなんだな~と再確認しました。えへへ。
きらびやかな衣装と、華麗な舞に酔いしれました。
台詞回しも違和感がなかったし、ストーリーも難解ではなかったからホッ、でした。
あんまり身構えずに楽しんだらいいのではないかな。

十和って、なんとなく猿之助さんと重なるような。
人に恵まれて、持ち前の才能が開花して。
もがきながらもいつも自分の気持ちに正直で逃げることを知らない、そんな十和の素直さ正直さが好ましい。
仏像は芸術的価値のある宗教彫刻だと思っていたけど、拝む人が作ってゆくというのは、なるほどただの美術品のわけがないなぁ、奥深いナァと思いました。
だからすなわち仏師というものも、所謂アーティストとは違うんだな。

伊吹の「今も仏を恨んでいますか?仏を恨まないでください」というセリフにグッときて泣いてしまったよ。ちょっと失念しちゃったけど、他にもいいセリフがあって、前川さんの選ぶ言葉は素敵だなぁ、と思ったことを覚えています。記憶力ダメダメですんません。

そして浅野さん演じる鳴子ばあさんがほんとに可笑しくて、いっぱい笑わせてもらいました。もう最後は本物の老婆にしか見えなかった(笑)

大事を成そうと逸るあまり、自分に嘘をついて道を誤った一馬もまた、悲しくも愛しいキャラでした。

Superkabuki2
↑郷里にいたころ
おだんご髷にかぶせた布をサイドで結んで、かわいい。

都でお役人になって、村で検分する様子はハンチョウかと思った。
お腰のものは太刀でして、弓なりに反っているのがかっこいい。
そんで、抜刀するときがまたチョーかっこいい。
もっかいやって!と言いたいくいらいだった。

歌舞伎チームのみなさんの安定感がさすがとしか言いようがなく、客演のお三方もそれぞれの持ち味を出しつつ、よいブレンドに感じました。
時間もあっという間で長さが苦にならず、お席でお弁当という初体験もできて、満足です。

1年に1回か2回、こういう一日をくれる蔵さんに感謝します。
大阪もがんばってください。

|

« FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM | トップページ | フィギュアスケート 世界選手権 2014 »

佐々木蔵之介」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

抜刀するとき柄をぐっと下に向けて引くんだ。
かっこええ。
今、本屋さんでハケーン。
「演劇界」というお高い雑誌の表紙が十和で、
セカンド特集です!

投稿: 凡子 | 2014年4月 5日 (土) 20時30分

あ、その本知ってる。
明日ちょうど本屋に行く予定があるのでチェックしてくるぞ!

一馬は2回くらい刀を抜いてくれたっけな。
ちょっと日本刀と違って新鮮でした。

投稿: Leek | 2014年4月 7日 (月) 20時33分

行ってきたYO!
7日はカテコの盛り上がりがライブ並みでした♪

もー伊吹には泣けて泣けて、
休憩時間ハタと気付いたらオペラグラスのカバーが
落涙で濡れてた!

その本松竹座の売店にあったかも?
限定聚楽第完売入荷待ちで買えんかったー!
平日なら労せず買えるやろと踏んでたのに~。

投稿: カリコ | 2014年4月 8日 (火) 00時05分

わたしが観に行ったとき福士くんすごい声が枯れてて。

聚楽第完売してたんだ~。
おっかぶせてある布がいろいろあってね。
おかげさまで気に入ったの買えたんだ♪
まだ飲んでないよ。
勿体なくてねー。

投稿: Leek | 2014年4月 9日 (水) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM | トップページ | フィギュアスケート 世界選手権 2014 »