« 超高速な人々 | トップページ | Save Rock and Roll: The Young Blood Chronicles »

2014年3月15日 (土)

DIRTY OLD MEN

ちょっと試しに聴いてみようかな、ぐらいの軽い気持ちで1枚レンタルしてみたら、結構好きで、他のアルバムも聴いています。

immature(2007)

bud(2008)

accelerate(2009)

somewhere(2010)

Time Machine(2010)

GUIDANCE(2011)

doors(2012)

I and I (2013)

じつを言うと、とてもフェミニンというか、おとぎ話チックな感じもしたりして、猛烈に照れるとこもありつつ。(ラヴソングとか苦手なんだよ~)
自分じゃないみたいで、どうにも戸惑いを隠せません…今もって不思議なんですが、なんか好きなんです。聴いてて心地よい。
ヴォーカルもいいし、丁寧に作って大事に歌ってる感じが伝わってくるです。
きっかけが「弱ペダ」OPで、ああいう疾走感のある曲調を期待していたのですけど、「弱虫な炎」はむしろイレギュラーっぽい。(歌詞も原作コミックスからの言葉が使われていたりするし。そのぶん作品との一体感は抜群!)
でも、ぜんぜんガッカリしなかったし、新鮮な魅力を感じたよ。

5月7日にNEWアルバムBlazingがリリースされるらしい。
「弱ペダ」ED、I'm Readyのセルフカヴァーが楽しみです。

|

« 超高速な人々 | トップページ | Save Rock and Roll: The Young Blood Chronicles »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超高速な人々 | トップページ | Save Rock and Roll: The Young Blood Chronicles »