« AUTRIBE 「I'm Ready」 | トップページ | 生きてますが »

2014年4月30日 (水)

「シャカリキ!」

2008年の映画「シャカリキ!」を観ました。
92年~95年まで週刊少年チャンピオンに連載された同名の漫画が原作。
漫画は読んだことないんですが、自転車ロードレースに青春をかける高校生のお話です。

いきなり余談でアレですけども、わたしは漫画「弱虫ペダル」にはまってしまいまして、描いたりなんだりするのに参考にすべく、動機の半分以上は資料的価値を求めてのレンタルでございました。
プロのライダーさんは、もう身体が出来上がっているというか、筋肉がついたガッチリ体型の方が多く(そうでない方もいますけど)、未成年の、というかハイティーンの、高校生のアマチュアらしい、線の細い男子モデルさんが欲しかったんです。

そうしたら、小柳友くんが出演していてびっくりでした。
主人公と同じ高校の部活仲間でした!
もう、友くんのレーパン姿が拝めるなんて!感動でちょっと震えました。
しかもチョー脚長くて、すっごいスタイル抜群。ヨダレもんでした。
恵まれた体躯もあって、ロードレーサーを駆る勇姿もサマになってまして、一層とってもかっこよかったです!
しかし、役どころは、まあ、ちょっと冴えない感じでして、どうしてこの人ってこういう役が多いのかしら…。
ミス・パイロットでもそうでしたけど、いいヤツだけどちょっと抜けてるっぽい典型的傍役でした。
率直に申し上げて不満です!ガフー!

それとですね、同じく部活仲間のエース役が中村優一くんでした。
いやぁ~、中村優一君のレーパン姿まで拝めてしまって、もうこれどんだけオレ得ムービーなんでしょうか。(←うるさいよ)

内容のほうはというと、主人公の輝という男子にまったく魅力を感じなかったのと(ごめーん)、自転車ロードレースという競技の説明的役割は果たしているものの、レースそのものの熱さが伝わってこず、残念でした。

部活動以外で輝くんと部員たちとのやりとりがいっこも描かれていないので、仲間という感じがまるっきり希薄なんだよなー。

ここからは脱線なんですが。
わたしはロードレースがチームプレイだということをまったく知らず、個人競技だと思っていたので驚きました。
チームメンバーそれぞれに役割があり、アシストはエースを運ぶのが使命で、エースは脚を温存し、発射されたらゴールを獲りにいく。
この献身と自己犠牲の精神と、エースの背負う重圧を思ったとき、とても奥深く魅力的なスポーツだと思いました。
そこらへんがですね、サラッと触れてはいるものの、アッサリしていて物足りなくって、もっとガッと来いよ!て感じでした(笑)
暑苦しくてすんません。
たぶん「弱ペダ」の読みすぎだなwww

Shakariki1
↑友くんだけ(笑)
サイズでかくてすんません。急いで描いたので雑ですが、久々にPainterで描きました。
アンドゥ万歳!

|

« AUTRIBE 「I'm Ready」 | トップページ | 生きてますが »

映画・TV」カテゴリの記事

Illustration」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AUTRIBE 「I'm Ready」 | トップページ | 生きてますが »