« 「BENT ベント」佐々木蔵之介コメントmovie | トップページ | 「超高速!参勤交代 リターンズ」 »

2016年7月19日 (火)

劇団鹿殺し 「名なしの侍」

07.17(日)19:00~ サンシャイン劇場にて観劇。

玉城さんが見たくて。鳥ちゃんも出てはるしチケット取ろう!と思ったけどちょうど公演期間がBENTと被っていて、さすがにちょっと後ろめたいから諦めようかと思ってたんだよ。

でも観に行ってよかったよ~~~~!
鹿殺しさんのこと全然知らなくて、事前につべで視聴した動画も正直いまいちピンと来なくて(ごめん)それ以上の情報収集をせず(まあいつもしないけど)ピンとしないまま観に行ったんだよ。
観たのこれなんだけど↓

「チューさせて」でうわ~ってなった(笑) でもこれ劇中でも使われてて生で見たらすごいよかった。 耳に残るよね。武家の出武家の出🎶

とても手作り感のある舞台で、よそゆきじゃない感じが嬉しかった。
笑いのネタがさ、それ使うんだwwwみたいなのばっかなの。
内輪かよ!みたいな。
生演奏がド迫力で、特にドラムの衝撃がすごくて心臓の弱い人とかちょっと命の危険があるかもしれない…いやマジで。

ナオが初めて人を刀で刺したとき、哀しさがブワッ!ときてほんとにやるせない気持ちになった。
玉ちゃん演じる伝助がね、やっぱり光ってたとおもうのよ!!
おっとりした農民モードから、親の仇討ちモード、居場所を失って自棄モード、やっぱり生きたいモードへの変貌が身に迫る演技で惹きつけられ、ずっと目が離せなかった。
ひとの弱さ、はかなさ、いとおしさにあふれていた。

ダンスも殺陣もキレがあって見ごたえバッチリだった!
最初の方の大勢で踊るとこは、鍬を目で追ってたよ(^m^)農民モードの伝助は弱っちくてかわいいんだ~♡
鳥ちゃんのソロパートもあるよ!(アフタートークでは楽しいって言ってたけどちょっと緊張がうかがえて、これまたなんともよかった)

そんでチョビさんの歌唱力にびっくりした。

ストーリーは途中からなんやよくわからなくなってしまったんだけどな、それは私がアホだからだったんでな。
今川家へ送られるはずの竹千代が織田側に連れてこられたのは、史実でも今川の家臣・戸田が裏切ったためだそうだが、そこに下剤入りのカルピスやナオやトラゾウを絡ませるおもしろさがあったんだよね。
竹千代が後の徳川家康だと知っているのと知らないのとではあのラストシーンの感慨がだいぶ違うでしょうね。
まあ後で知ったよね。
台本買えばよかったって今回も思ってるよね。

旗揚げから15年の喜びや充実感というのか、エネルギッシュで幸せなパワーを分けてもらったみたいな感じがした。
おもしろかった!
ありがとう~~~~!

期間限定だそうだから消えちゃうと思うけど、見てほしいから貼っとくね↓

|

« 「BENT ベント」佐々木蔵之介コメントmovie | トップページ | 「超高速!参勤交代 リターンズ」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「BENT ベント」佐々木蔵之介コメントmovie | トップページ | 「超高速!参勤交代 リターンズ」 »